埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • アトピーの乾燥肌で悩んでいませんか?

    2015年2月23日 , ,

    アトピー・不妊 漢方専門ウエマツ薬局の

    スキンケア担当 石田です。

     

    今年は雪のちらつく日が多く、大変寒い日が続いております。

    この時期、お部屋は暖房で乾燥しています。

     

    特にアトピー性皮膚炎の方は

    お肌のカサカサや、赤み、かゆみなどで

    悩んでいらっしゃいませんか?

    この季節はお風呂を利用しましょう。

     

    まず、洗顔料をよく泡だて、泡で肌をつつみこむように

    やさしく洗います。水気を取った後、

    軟膏、オイル、保湿クリームをたっぷりと

    お肌において、約10分間。

    湯船につかり、疲れを取りましょう。

     

     

     

     

    10分後、ぬるま湯でやさしく洗い流して下さい。

    入浴後は、ミスト(※1)、化粧水、軟膏、オイル、保湿クリームを

    たっぷりとお肌になじませてください。

    お肌が潤って、大変楽になります。

    ぜひ、おためし下さいませ。

     

     

     

     

     

    (※1)PWSマリンミスト

    ウエマツ薬局オンラインショップは→こちら

  • アトピーの食事は潤す食べもの

    2015年2月18日 ,

    以前、アグネスチャンさんの薬膳の講演の司会を頼まれ、

    有楽町の国際ホールでしたことがあります。

     

    初めにその依頼が来たときは驚きました。

    「えー!なぜ?全くの司会などしたことがないのに?」

    それでも一生懸命練習して司会に臨みました。

     

    その講演会は不妊症の話を東大の女性の産婦人科の先生がお話しして、

    薬膳の話をアグネスさんがする、という構成でした。

    アグネスさんの話は当時とても新鮮でした。

     

    アグネスさんの家は代々漢方の家系で

    子供の時からお母さんに食べ物のことを

    いろいろ教えてもらったそうです。

     

    食事のときは

    「アグネスは冷え性で乾燥肌だから、これをお食べなさい。

    お兄ちゃんは体質が違うからこっちがいいわよ。」

    という具合で体質によって食べるものが違う、

    ということを教わったそうです。

    これが薬膳の考えの元です。

     

    アトピーの人は殆ど、ひどい乾燥肌です。

    この乾燥肌をなおすと、かゆみが楽になります。

     

     

     

     

    食べ物は潤すもの、

    まずは野菜スープや、けんちん汁、

    白菜などの鍋料理などの汁物を

    毎日取りましょう。

    2015年2月17日
    薬剤師 国際中医師 植松 光子

  • アトピーの乾燥肌によい食べ物

    2015年2月18日 ,

    乾燥肌によい食べ物にはまず豆乳があります。

    豆乳は大豆からできたものですから、

    植物性で体を熱くしたり、

    冷やしたりと言った強い性質はなく、

    牛乳のようにアレルギーを起こすことも多くありません。

    (大豆アレルギーのある人は注意)

     

     

     

     

    オリゴ糖が含まれ自然の甘みがあり、体や肌を潤します。

    イソフラボンが含まれているので更年期障害にもいいでしょう。

    豆乳でも調整豆乳は甘みなどの添加物が

    入っているので無調整のものがおすすめです。

     

    私は毎朝野菜ジュースとともにこの豆乳を暖めて

    婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)を混ぜて飲んでいます。

    温まってとてもおいしく、美肌になるような気がします。

     

     

     

     

     

     

    ※この商品はオンラインショップなどでは取り扱っていません。

    婦宝当帰膠は冷えている方にはよいのですが、

    顔は赤くてほてる人は温めてしまうので避けてください。

     

    また生理中、肌がかさつく人は、血を増やして乾燥を防ぎます。

    婦宝当帰膠がない人は、黒砂糖やキビ砂糖を小さじ1杯くらい加えてもおいしく飲めます。

    食べ物は長い間にその人の体質や体を作ります。

     

    以前アトピーの男性から予約の電話が入り、

    かなり予約が先になってしまったので、

    「それまで自分で何かできることはありませんか」

    と聞かれ、潤す食べ物をお教えしました。

     

    そして2か月後いらした時に、

    半分くらいアトピーがよくなった、と喜んでいらっしゃいました。

    独り暮らしの男性でしたが、

    自分で毎日潤す食べ物で料理を作ったそうです。

    2015年2月18日

    国際中医師 薬剤師 植松 光子

  • アトピーがよくなって素敵な成人式

    2015年2月16日 ,

    アトピーがすっかりよくなって、真っ白な顔になったA子さんが

    成人式のアルバムを大事そうに胸に抱えて、持ってきて下さいました。

     

    メタル色の表紙の立派なアルバム。

    その中に、真っ赤な振袖を着た素敵な笑顔のA子さんが

    いろいろな表情で写っていました。

     

    一緒にいらした、お母さんが

    「こちらに初めて来た時は、成人式があげられかしら、

    と心配してたんですよ。」

    と感慨深くおっしゃいました。

     

    16歳で初めて来店された時は家族5人、

    おばあさんからおばさんまで

    心配してついていらっしゃいました。

     

    でも、漢方薬を一日も欠かさず飲んで

    ピカピカのきれいな肌になったA子さんの写真を見ていると、

    うれしくて、涙がジーンと滲んできました。

     

    一生懸命励ましてきてよかった、という思いと

    中医学を学んでよかった、

    という思いが胸の中をよぎりました。

    2015年2月14日 ウエマツ薬局 植松光子

     

  • 30年ステロイドを使っていた女性二人

    2週間前、30代の女性お二人が

    最近まで30年ステロイドを使っていたが、

    効かなくなった、と来店されました。

     

    効かないので来店1週間前にやめてしまった、

    ということです。

     

    リバウンドが始まりかけ、

    はじめはエキス剤を1週間飲んでもらいましたが、

    顔は真っ赤になって体もますます赤くなってきたので、

    今度は煎じ薬に変えて、1週間。

     

    昨日、お二人が見え、

    「すごく効きました! ほてりがとれました!」

    と喜ばれ、私もほっとしました

     

    赤みはありますが、ほてりがとれ、

    よくなる兆候が見えたのがうれしかったのでしょう。


    ステロイドの怖さは、始めはよく効くのですが、

    だんだん効かなくなることです。

    特に顔は皮膚が薄いので、ステロイドでさらに薄くなり、

    血管が浮き出てきて真っ赤になってむずがゆく、

    治りにくくなります。

     

    そうかといってパっとやめると、リバウンドでさらに真っ赤になり、

    汁が出てきて悲惨です。

    皮膚科医も注意しない医師も多くいるようです。

     

    そうならないよう、早く漢方薬を飲んでほしい、

    と、お二人を見て思いました。

    顔の赤みを治すのは時間がかかりますが、

    きっとよくなりますよ。

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null