埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 飛蚊症に昆布

    2019年9月30日 ,

    昆布の軟堅散結作用が飛蚊症によい、という

    現代医学の研究の話があります。

    がんの治療においても、「軟堅散結法」という方法があり、

    腫瘍の塊を軟化させて消散させる薬物のことを

    中医学では「軟堅散結薬」と言っています。

     

    レーシックの方、糖尿病からくる眼病が増えていることからも、

    眼科の漢方の需要は増え、

    中医薬の役割は重要になっていくのではないでしょうか。

  • クルミで脳を活性化。

    9月30日は「クルミの日」

    長野県東御市などの、くるみ愛好家が制定したそうです。

    「く(9)るみ(3)はまるい(0)」の語呂合せ。

    クルミはビタミンB1、ビタミンEが多く含まれており、

    腰痛、便秘、肌荒れなどに効果的です。

    脳の活動を向上させる効果もあります。

     

    そんなクルミを使ったお汁粉を作ってみませんか、

    緑豆とくるみが入ったレシピです。

     

    利尿作用があり、むくみをとる効果がある、緑豆。

    脳の活動を向上させる、といううれしい効能のくるみ、

    この2つが入ったレシピ、

    実は失敗から生まれたものなのです。

    緑豆を煮たら、皮がはがれ、お客様にお出しするのも、

    スタッフのおやつにするのも、う~ん、いまいち(・・;)

    ということで・・・

     

    ミキサーにかけたら!?

     

    と、かけたところ、おいしいと評判のスイーツになったのです。

    ぜひ、作ってみて下さいね。

    詳しい作り方はこちら ⇒ 緑豆とくるみのお汁粉

    むくみを取り、脳の活動を向上させる効果がある、お汁粉です。

    緑豆はオンラインショップでご購入できます。

    ⇒ 緑豆

     

  • 眼病に対する中医学治療の特徴と優位性

    2019年9月26日 ,

    2019年9月15日に、中国眼科分野の国医大使である廖品正(りょう・ひんせい)先生、

    路雪婧(ろ・せつせい)先生、李翔(り・しょう)先生を招き、東京で

    中医五官病専門講座オープン講座が開催されました。

     

    廖品正先生は、次のように説明しました。

     

    *目が経絡(つぼの筋道:図参照)を通じて、

    内臓とその他の組織、器官と密接な関係がある。

     

    *目の生理、病気を研究する時や、診察時は、目の病気だけととらえず、

    目と臓器経路、気血津液などとの関係を深く分析する必要がある。

    路雪婧先生は、「ドライアイの中医薬治療」について、

    体内の気、水との関係を上げて説明されました。

    また、李翔先生は「緑内障の治療における中医薬の役割」についてお話しされました。

     

    電子製品が日常に欠かせない現代は、目のトラブルが増えつつあります。

    中医学は目の病気を全身の病気と捉え、

    「目は病気の窓口」と考えています。

    整体観念と弁証論治を用いて眼病の方の目だけではなく、心にも光を注いでいます。

     

    整体観念とは、中医学の基本的な考え方で、

    人の体はバラバラではなくて、五臓六腑が関係しあっている。

    さらに人の体と自然界も関係しあっていると言う考え方です。

    弁証とは、症状を聞いたり見たりしてその情報を分析することです。

    論治とは、この情報に従って治療方針を立てることです。

     

    眼病だけでなく、皮膚病なども、全身の状態を観察して、改善させていきます。

    あなたの体質、現状に合った、漢方で不調をなおし、

    健康維持していきませんか。

  • 「ツボ:筋肉のこりからくる頭痛・天柱」

    2019年9月20日 ,

    パソコン、スマホなどを長時間みていたら

    肩や首がこって、頭痛がおこる。

    若い方でも経験があるのではないでしょうか?

     

    頭・首・肩のこり、筋肉のこわばりからくる

    緊張性頭痛は、頭痛の中で最も多いものです。

    また、いわゆる頭の使いすぎによっても

    頭痛は起こります。

     

    どんな種類の頭痛であれ、痛みは脳からのSOS。

    頭痛薬に頼らなければならない程悪化する前に、

    ツボ押しで、治してしまいましょう。

     

    首の後ろにある「天柱(てんちゅう)

    緊張性頭痛の特効ツボです。

     

    緊張性頭痛特有の、締めつけられるような痛みに

    効果的です。

    *後頭部の髪の生え際で、首の中心にある僧帽筋のすぐ外側にある。

    *頭の中心に向かって親指で押し上げる。左右同時に行う。

    天柱のそばにある、風池の記事はこちら

    → ツボ:風邪と脳を活発化のツボ・風池

  • 心配事で眠れない。

    2019年9月17日 ,

    スタッフの堤です。

     

    先日、夕方に、心配事が勃発。

     

    イライラ・・・不信感、

    今後どうなるか不安・・・

    心が荒立ち、頭はかっかと沸騰状態。

    布団に入っても、なかなか寝付けなくなってしまいました。

     

    朝も、早く目が覚めてしまい、

    朝からぐったり、疲れている状態でした。

     

    「不眠の原因」というと、いろいろありますが

    今回は、ストレスです。

    結局、心配事は、誤解だったとわかり、

    ホッとして、次の日には、ぐっすり眠れました。

     

    中医学では、不眠は

    「心・肝・脾」と深い関わりがあると考えられています。

    不眠症の方、あなたの不眠の原因はなんでしょう?

    あなたにあった対処法をきちんと知って、

    心とからだをしっかり整えながら“快眠体質”を目指しませんか?

     

    詳しくはこちら→不眠について

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null