薬膳 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

薬膳

  • スピードおかゆの作り方

    2020年2月29日 , , ,

    胃腸の調子が気になる時、風邪気味の時

    お粥は治す力を高めます。

    新型肺炎が流行ってる今、免疫力を高めましょう。

     

    ご飯いっぱいに水3杯を加えて、ミキサーで軽く混ぜます。

    ご飯粒がまだ 残っているくらいで止めてから、

    火にかけトロッとしたら、出しの素を振りかけて出来上がり。

    中医営養学講座が、4月から開きます。楽しいですよ。

    詳しくはこちら→

    中医営養薬膳学講座のご案内

  • 養生茶Laboウラ話その③

    2020年1月14日 , ,

    薬剤師の飯沼です。新しい一年がはじまりましたね。

    写真は、昨年も載せた蝋梅。

    寒さが厳しくなる中、半透明の独特の質感の黄色い花を咲かせ、

    良い香りを漂わせる、季節が巡っているのを感じさせる花です。

     

    昨年は養生茶Laboの資料作成や試作品の考案など、

    ずっと薬膳茶のことを考えながら過ごしていた気がします。

     

    休みの日でもハーブティーなどを見かけると、どんな組み合わせか

    チェックをしてみたり、図書館で薬膳茶やハーブのことを調べてみたり。

    特にハーブティーは薬膳茶と共通する植物を使っていることも多く

    組み合わせも豊富でとっても参考になりました。

     

    講座もあと残すところ2回、毎月の養生茶を楽しみに来店されるという声などを

    励みになんとかここまで取り組むことができました。

    年度末で私の養生茶Laboとお茶の開発は一段落となりますが、

    毎月の養生茶が生活の一部として末永く愛飲されるようになればいいなと思います。

     

    さて今年もまずは2月の国際中医師標準試験など、

    相変わらずチャレンジする年となりそうです。

    では皆様にとって素敵な一年となりますように。

    今年もよろしくお願いいたします。

     

  • 「温める肉、冷やす肉」 

    2019年10月29日 ,

    毎月29日は肉の日、なんて聞いたことがありますが、

    タンパク質が豊富なお肉、しっかり食べていますか?

     

    スーパーでよく見る、牛肉、鶏肉、豚肉の栄養効果

    を現代栄養学と中医栄養学でくらべてみると

     

    牛肉・・良質なたんぱく質と鉄分がいっぱい。

    倦怠感・貧血・食慾増強・体力補強

     

    鶏肉・・ビタミンAとコラーゲンの宝庫

    体力の低下、食欲不振、冷えによるゲップ、しゃっくり、嘔吐

     

    豚肉・・ビタミンB1の多さはダントツ。

    から咳、便秘、体力回復

    栄養や効能はそれぞれですが、他にも

    温性・熱性・寒性・涼性・平性、という五つの食性があります。

     

    体を温めるもの、冷やすもの、というと

    ピンとくるかもしれないですね。

     

    食物性味表によると、

    牛肉は平性 鶏肉は温性 豚肉は平性です。

     

    お肉も体調に合わせて食べたいですね。

    今日はお肉の日、今晩の夕食は何にしましょう?

  • 簡単野菜料理。チンゲンサイと卵の炒め物

    2019年10月24日 , ,

    チンゲンサイ2束は縦に4つに切り芯を除きます。

    ザクザクと切っておきます。

    卵4個をかき混ぜて、塩こしょうする。

     

    サラダオイル大さじ1をフライパンに入れて熱くした中に

    卵をさっと入れて、大きくかき混ぜて半熟で火を止めて

    お皿に取り出しておきます。

     

    フライパンに、サラダオイル大さじ1を入れて

    生姜千切り少量を入れた中に、チンゲンサイを入れます。

     

    オイスターソース小さじ1と塩胡椒をして、

    火が通ったらすぐ止めて、

    取り出しておいた卵を入れてざっくり混ぜ出来上がりです。

     

    朝食も野菜は1皿欲しいものです。

    私がよく作る、チンゲンサイと卵の炒め物です。

     

    青梗菜は血行をよくし、

    イライラを取り不安を取る働きもあるので、

    たくさん摂りたいですね。

    鶏卵は肌を潤し、精神不安や眠れない、夢が多い人にいいです。

    毎日必ず摂りたいタンパク質ですね。

  • クルミで脳を活性化。

    9月30日は「クルミの日」

    長野県東御市などの、くるみ愛好家が制定したそうです。

    「く(9)るみ(3)はまるい(0)」の語呂合せ。

    クルミはビタミンB1、ビタミンEが多く含まれており、

    腰痛、便秘、肌荒れなどに効果的です。

    脳の活動を向上させる効果もあります。

     

    そんなクルミを使ったお汁粉を作ってみませんか、

    緑豆とくるみが入ったレシピです。

     

    利尿作用があり、むくみをとる効果がある、緑豆。

    脳の活動を向上させる、といううれしい効能のくるみ、

    この2つが入ったレシピ、

    実は失敗から生まれたものなのです。

    緑豆を煮たら、皮がはがれ、お客様にお出しするのも、

    スタッフのおやつにするのも、う~ん、いまいち(・・;)

    ということで・・・

     

    ミキサーにかけたら!?

     

    と、かけたところ、おいしいと評判のスイーツになったのです。

    ぜひ、作ってみて下さいね。

    詳しい作り方はこちら ⇒ 緑豆とくるみのお汁粉

    むくみを取り、脳の活動を向上させる効果がある、お汁粉です。

    緑豆はオンラインショップでご購入できます。

    ⇒ 緑豆

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null