薬膳 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

薬膳

  • 砂肝のニンニク、ネギ炒め

    2019年8月14日

    暑さが続いています。

    みなさん食欲はいかがですか?さっぱりしてタンパク質がたっぷりあって

    安い砂肝はこんな時におすすめです。

    食欲のない夫が完食してくれました。

    《材料》

    砂肝:200g  ゴマ油:大さじ1  ニンニク:一切れ(みじんぎり)

     

    調味料:

    ネギ:1本(みじん切り)  白ゴマ:大さじ1 

    ゴマ油:大さじ1  塩、こしょう

     

    《作り方》

    砂肝を洗って薄切りにする。

    熱湯で約3分煮て、ザルに取り出し、水気を切る。

    フライパンに、ゴマ油大さじ1、ニンニク(みじん切り)を入れて熱する。

    ニンニクの香りがしてきたら、砂肝を入れて炒める。

    ネギ、白ゴマ、ゴマ油、塩、こしょうをかけて調味してできあがり。

     

    付け合せ:キャベツや、もやしのシンプルな炒め物などがよく合います。

  • かおりんの養生茶Laboウラ話②

    2019年8月10日 , ,

    薬剤師の飯沼です。

    相変わらず暑い日が続きますが、暦の上では立秋が過ぎました。

    今年の残暑は厳しそうですね。

     

    今月の中医営養薬膳学講座はお休みですが、今回はまた養生茶Laboのお話をしようと思います。

    このコーナーでは、季節に合わせた養生茶を作成し、

    皆さんに試飲していただいています。

     

    お茶の配合は昨年私が通った、日本中医食養学会の

    中医薬膳茶師講座のテキストなどを参考にして試行錯誤し、

    考えたものです。

    それぞれの季節に合った養生茶を目指しているのですが、

    普段楽しむお茶として飲みやすさ、香りの良さ、色などの見た目などを

    楽しめることも大事なポイントとしています。

     

    また、漢方薬局ならではの、生薬の特徴を生かしたお茶なので、

    それぞれのお茶の材料となる生薬を実際に触れて、

    時にはそのままかじったり、においをかいだりと

    じっくり観察していただけるのも養生茶Laboの特徴です。

     

    毎回受講生の皆様に養生茶の点数をつけていただいているので、

    最終的にどの養生茶が人気だったかもいずれご報告できたらと思います。

     

    さてウエマツ薬局も8/11から5日間夏季休業となります。

    お盆休みにお出かけする方はぜひ楽しい夏の思い出を作ってくださいね。

  • かおりんの養生茶Laboウラ話①

    2019年7月23日 ,

    薬剤師の飯沼です。

    さて当店では現在月に1回、全10回の

    中医営養薬膳学講座という講座を行っており、

    今年度は4月から「かおりんの養生茶Labo」という名前で

    薬膳茶についてのコーナーを私が担当しています。

    この名前はウエマツ薬局のコピーライター(!?)大友さんに

    お借りしたキャッチコピーの本を参考にあれこれとアイデアを

    いただきながら講座の3か月前くらいに思いついたものです。

    ということで今回はこの名前に込めた思いを書きたいと思います。

     

    まず「Labo」はLaboratoryつまり実験室、研究室の略。

    最近わりとなじみのある言葉ですよね。

    理科や科学の実験室のように、参加される皆様と一緒に

    あれこれ試行錯誤してお茶の活用を考えていけたらと

    この言葉を選びました。

    「薬膳茶」ではなく、あえて「養生茶」としたのは、

    より身近に日々の生活養生の1つとして生薬を使ったお茶を

    活用していただきたいと思ったからです。

     

    そして「かおりん」はスタッフから呼んでいただいている私の愛称です。

    個性を出すためには入れた方が断然良いと後押しされて

    少し恥ずかしいですがこのようなネーミングになりました。

     

    中医営養薬膳学講座は約1年にわたる講座なので、

    それぞれの季節を感じる養生茶の時間も

    楽しみにしていただけるようになればいいなと思います。

     

  • 梅雨時の薬膳

    2019年7月8日 ,

    梅雨時におすすめの薬膳は「湿気を追い出すもの」

    美肌によい ハトムギ 緑豆 緑豆もやし 緑豆春雨  冬瓜

    写真:ヨクイニン(ハト麦)

     

    体力のもととなる「気」を補う

    トウモロコシ  小麦  七分づき米  大豆製品

    インゲンマメ  卵 鮭 など

    ハト麦はたくさん茹でて、冷凍しておくと便利です。

    サラダに加えたり、炊き込みご飯もおすすめです。

    炊くときに 米1カップに緑豆と、茹でたハト麦を各大さじ1杯いれて、炊きます。

    ぜひ、作ってみて下さいね。

     

    ハト麦は外から「殻→薄皮→渋皮→子実」となっており、

    渋皮を取り除いたものが漢方薬でいう「ヨクイニン」です。

    オンラインショップ⇒ヨクイニン

    緑豆は、ぜんざいにしても美味しいです。

    オンラインショップ⇒緑豆

  • ほうれん草の海苔巻。

    2019年7月2日

    野菜の苦手な家人のために結婚以来50年作っています。

    これなら残さず食べてくれます。

     

    緑黄色野菜は植物性油や添加物など、体に悪い物を包み込んで外へ出してくれます。

    アトピー、にきびの赤みなどの熱をとってくれます。

     

    ほうれん草の海苔巻 作り方

    ・ほうれん草を沸騰したお湯に根元から半分10秒入れてから、

    全体をさらに10秒入れ、すぐにたっぷりの冷水につけて、

    水をかきまぜながらすっかり熱が取れるまで冷ます。

    (この時間で作ると緑色がきれいで美味しいです)

     

    ・水をしぼり、均等に巻きすにいれてしっかり絞る。

    海苔巻の要領で巻いて切る。皿に載せて白胡麻を散らす。

    いただくときに各自醤油などかける。

    出来れば醤油だけでは塩分が濃いので

    七方だしを作っておいて、かけるとおいしいし、減塩になります。

     

    七方だしの作り方 

    (注:七方だしは植松の造語です。)

    八方だしよりちょっと濃い目で醤油の代わりになり、

    しかも塩分は醤油の七分の一です。料理の味付けに、便利です。

     

    ・昆布と鰹節でだしを取る。昆布5cm位を1時間以上水につける。

    強火で沸騰させ、とろ火で10分おく。 昆布を取り出す。

    そこに鰹の削り節をたっぷり入れて強火で沸騰させ、1、2分おいてから濾す。

    昆布は5mm幅に千切りにして料理の中に入れて食べてしまいます。または佃煮風に。

    みりん:醤油:だし汁の割合が1:1:7に混ぜて出来上がり。

     

    だしが七倍なので七方だし。 冷蔵庫0度室保存

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null