アトピー 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

アトピー

  • アトピーの漢方薬を飲んで二ヶ月で10kg痩せた。

    アトピーの漢方薬を飲んで二ヶ月で10kg痩せた方がいらっしゃいます。

    70kgだったのが60kg。

    小顔になり、お腹も引っ込んで、ウエストラインが出てきました。

     

    びっくりして原因をお聞きしましたが、お食事はまったく変えていないとのこと。

    漢方の処方は血行を良くしてくすみを取り、痒み、ジクジクをとって腫れをとる処方です。

    お肌が長年の炎症で赤黒くなり、カサカサして、しかもジクジク腫れていたからです。

    この処方でお痩せになった理由を、中医学的に考えて見ました。

    ジクジクを取る漢方薬は水太りにも効きます。

    血行を良くする漢方薬は身体の新陳代謝を良くするので、引き締めます。

    そのため綺麗に体調良く痩せられたのだと思います。

     

    漢方薬万歳ですネ!

    アトピーで漢方薬をお飲みになっている方、楽しみにしていてくださいね!

    ただし痩せていられる方は心配ご無用!

    逆にアトピーが良くなるとふっくら綺麗になります。

    なぜなら今は痒みにエネルギーを取られて太れないのです。

    アトピーが良くなったら10kgお太りになられた方もいらっしゃいます。

    漢方治療って面白いですね!

    ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・

    今すぐご注文、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 「愛」のこもった漢方の軟膏

    ウエマツ薬局自家製の漢方の軟膏、

    「ウエマツ薬局中黄膏(ちゅうおうこう)」と「ウエマツ薬局紫雲膏(しうんこう)」は

    つけるとホッとする、と人気です。

     

    主にアトピーの方が使っています。

    赤みを取る中黄膏、カサカサをとる紫雲膏、

    赤くてカサカサの時は両方を重ねてつけます。

     

    お一人がいくつも購入されていきます。一日に20個しか作れません。

    担当の桐谷が作っていますが、間に合わないときは休日出勤もしてくれています。

     

     

     

     

     

    写真:紫雲膏を作っている所。

    さらに大人気は、くさい軟膏「ウエマツ薬局GT軟膏」です。

    これは多分日本でウエマツ薬局くらいしか、作っていないでしょう。

    主に掻き傷がひどいときに殺菌とかゆみ止め、両方に効きます。

    しかも、ステロイドは入っていません。

    これの原料は大豆です。殺菌力があるのです。

     

    もともと皮膚科で昔使っていたものです。

    しかし、ステロイドが使われるようになり、ステロイド軟膏にその座を譲ったものです。

    しかし植松は、その昔使われた軟膏に着目し、入手困難な原料をやっと確保し、

    ウエマツ薬局自家製剤として使い始めてみました。

     

    これは厚労省の薬局製剤として、許可を取ったものです。

    ウエマツ薬局が製剤元として許可されている、ということです。

     

    ところが、これが大評判!

    ステロイド軟膏に次ぐ効果があり、かゆみ、傷によく効いて、

    くさくても慣れれば気になりません。

    ウエマツ薬局に来店されている多くのアトピー患者さんがつけていますが

    どなたも匂う方はいません。

     

    ただし、日本で作っている薬局がほとんどいない現状で、

    原料もメーカーがどれだけ常備できているか先行き不安です。

    貴重な軟膏です。

     

    心してしっかりつけると、もっと効き目がよくなりますよ。

    こちらは大山が残業して作っています。

    どちらの軟膏も「愛」がこもっています。

    だから効き目がいいのですよ。

     

     

     

    GT軟膏

     

     

     

     

     

    中黄膏

     

     

     

     

    紫雲膏

     

    購入はこちら⇒ オンラインショップ

     

  • アトピーの乾燥でかゆい人が増えています。

    漢方薬で赤みと腫れが引いてくると、乾燥が気になってくる人が多く見られます。

    なぜでしょう?

     

    1:乾燥の原因

     

    それは赤みや腫れがある、ということは熱がこもっています。

    熱によって体内の水分は蒸発し、皮膚は乾燥してくるのです。

     

    乾燥すると皮膚表面が荒れて、少しの刺激でかゆくなります。

    しかも、かゆみの神経が伸びてきて皮膚表面にまできています。

     

    そこでさらに少し触れるだけでまたかゆくなる、

    といったかゆみのサイクルに入ってしまいます。

     

    2:アトピーの乾燥とかゆみは植物油も原因

     

    また季節が乾燥すると、健康な皮膚の人でさえかゆくなるくらいですから、

    アトピーで皮膚のバリアーが傷ついている人はさらに乾燥してかゆくなります。

    ではどうしたらよいでしょうか?

     

    3:アトピーの乾燥対策

     

    辛いアトピーの乾燥対策は潤すことが大事です。

    体の中と外、両方からです。

     

    外からはジネンミストや瑞花露ローション、

    花しずく潤化粧品をたっぷりかけましょう。

    お部屋の保湿もわすれないでね(^-^)

     

    中からは潤す食べ物をとりましょう。

    乾かすものはやめましょう。せんべい、クッキー、辛い物、パンよりごはん。

    潤す食べ物は、白きくらげ、豚の赤み、トマト、キュウリ、梨など。

     

    漢方薬は即効性があります。

    麦門冬・ユリ根・地黄など潤すものが一杯です。

    赤ちゃんや子供はユリ根の粉末、百潤露がおいしく甘く、

    乾燥した咳にも良いです。

     

    人は宇宙の一部です。体も小さな宇宙です。

    季節は大いに体に影響します。

    季節に合わせて対応していくと早くよくなります。

     

     

  • 目の周りが赤くなるのはなぜ?

    眼の周りが赤くなるのはどうしてでしょう?

    アトピーのお客さまからの質問です。

     

    答え:目のまわりは五臓の「肝」に属します。

    「肝」とは自律神経と関係しますので、

    緊張が続いたりすると熱がこもり赤くなります。

     

    また目の周りの皮膚は薄いので、こするとすぐ赤くなります。

    枸杞の実はよいですよ。

    また、眼の周りがアトピーで真っ赤にならないためには

    どうしたらよいでしょう。

     

    それはストレスに強い人間になることです。

    そんなこと無理!

     

    いいえ、健康な体に健康な心が宿る。

     

    和食、早寝、快便に気を付けて行けば丈夫になり、

    皮膚も丈夫になって、

    ストレスで悪化しても早くよくなるようになります。

     

  • 揚げ物はご褒美に。

    痒みを軽くするのには、植物油を減らすとよいので、

    煮る、蒸す、焼くなどの調理法がよいです。

     

     

    揚げ物はよく運動した日のご褒美に

    これらに変えると体がすっきり軽くなってきますよ。

     

    リノール酸は一時、動脈硬化に良いと言われたのですが、

    摂りすぎると、逆効果だと分かってきました。

     

    昔、豚カツはごちそうでした。

     

    結婚したとき

    「お誕生日は何を作ったらいいかしら?」と聞きましたら

    「豚カツ!」というので、

    毎年お誕生日は豚カツでした。

     

    でもそれが、いつしかごちそうではなくなって、

    普段食べるものになった頃から

    日本中、アトピーが増えてきたような気がします。

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null