その他の症状 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

その他の症状

  • 「尿の悩みに振り回される毎日、もうやめませんか?」

    2019年8月2日 ,

    また昨夜も眠れなかった。

    その訳は・・・・

    夜中に何回もトイレに行く。

    しかも

    日中の昼間の頻尿もあり、

    旅行に行っても

    「次のトイレ休憩、いつだろう?

    混んでいないかな」

    「ふ~間に合った!」

     

    しかし・・・

    「あれ・・・勢いがなくキレも悪いし」

    排尿困難。

    しかも排尿後もスッキリしない、残尿感。

    それどころか・・・

    用を足した後に後からでてくる

     

    「後追い 尿漏れ」

    「うわっ!どうしよう!」

    「これはまずい!」

    「隠さなければ!」

    これは、60代以上の78パーセントが悩んでいる尿トラブルです。

     

    主に老化によるものです。中医学では「腎」の衰え、「腎虚」と言います。

    膀胱が歳とともに硬く小さく敏感になってしまうのです。

    硬くなるのを「瘀血(おけつ)」と言います。

    放っておくと、さらに歳を重ねるごとに悪化する可能性があります。

     

    中医学では根本的に治します。

    なぜなら「腎虚」と「瘀血」を治す漢方薬がいっぱいあるからです。

    体質に合わせることが大事です。

     

    胃腸が弱いかた 冷え性のかた、暑がりのかた、

    それぞれ尿のトラブルでも治し方がちがいます。

    使われる漢方生薬には、山薬(山芋)、ボタンの皮、

    地黄、赤芍薬、などがあります。

    悩んでいないで、いますぐお電話を。

    ・・・・・・・・・・・

    今すぐご注文、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • あなたの熱中症の症状、 実は、亜鉛不足かも。

    2019年7月29日 ,

    亜鉛は多くの酵素に含まれてインスリンの成分にもなっている、

    健康に大事な微量元素のひとつです。

    その大事な亜鉛が不足すると熱中症と同じような症状がでてきます。

     

    口の渇き、つらい疲労感、腹痛、

    下痢、手足がつる、食欲不振、

    やる気の低下、性機能の低下、

    髪がバサバサ

     

    亜鉛を摂りましょう。日本人は亜鉛不足

    1日必要量15歳~70歳

    男性10mg  女性8mg

     

    亜鉛の多い食べ物

    牡蠣5個・・・7.9mg  ダントツです。

    レバー70g・・・4.8mg

    米茶碗1杯・・・0.9mg

    亜鉛の多い生薬:麦門冬(竜のひげ)

    漢方薬麦味参(ばくみさん)

    サプリワタナベオイスター(1粒に牡蠣5個分入っています。)

    薬膳 

    麦門冬粥(ばくもんとうかゆ)

    麦門冬を刻んで煮た汁でおかゆを炊く。

    粥状になったら氷砂糖を加えて出来上がり。

     

    口の渇き、疲れが有ったら早めに「麦味参」或いは

    「ワタナベオイスター」を飲まれることをお勧めします。

    飲むとよく眠れて、肌が丈夫になってくることを実感します。

     

    (一日1回寝る前に3粒から6粒)

    今すぐご注文、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 夏の熱中症対策2:恐ろしい血液どろどろ、心臓と脳を守ろう

    2019年7月13日 , ,

    夏の熱中症は簡単にいえば、脳梗塞や心筋梗塞の一種です。

    暑さで汗が出すぎて血が濃くなり、詰まって血栓ができ、

    軽い心筋梗塞や脳梗塞をおこしたようなものです。

    重症になれば死に至る場合や、後遺症が残ります。

    私のいとこも小学校6年生の時に夏の体育の授業中、

    倒れ、そのまま亡くなりました。

    叔父夫婦のなげきは深く、当時私は子供でしたが、

    親にとって子供が亡くなる、ということは

    こんなに親にとって辛いものなのか、と感じさせられたものです。

     

    そんな熱中症予防と対策によい漢方薬があります。

    ウエマツ薬局の例です。

    その漢方薬の発表で植松は中国から賞をいただきました。

    50代の瓦職人さんです。

    屋根に上って瓦の取り換えなどをする仕事です。

    真夏は屋根の上は40度くらいになり、汗は吹きだし、

    夕方になると体の中の水分は枯れてしまって、

    喉はカラカラになって、頭が痛くなり、空咳もでてきます。

    そして心臓も痛くなり、狭心症と診断されました。

    冠状動脈も80%つまり、そこにカテーテルを入れて広げる手術をしました。

    ところが毎年夏、大汗をかくので9月になるとそこが詰まってしまい、

    カテーテルを入れて、また広げる手術を毎年繰り返していました。

     

    その年の9月、また心臓が痛み、手術はもうしたくない、

    とウエマツ薬局にこられました。

    そこで麦味参顆粒冠元顆粒を飲んでいただきました。

     

    冠元顆粒(かんげんかりゅう)は血流を良くする働きの優れた漢方薬です。

    毛沢東が倒れたときに中国中の医者があつまり、作った名処方です。

    また麦味参(ばくみさん)も中国では「生脈飲」と言って止まった脈を生む、

    息を吹き返す、という意味で点滴もあります。

    その二つを飲み始め、すっかり元気になられました。

    それ以来10年以上、毎月買いにきちんとこられていますが、

    驚いたことに、一回も心臓の発作はおきていません。

    「日本中の心臓で悩む人に、この漢方薬のことを知らせたいなあ」とおっしゃっていました。

     

    植松もこの冠元顆粒は20年以上飲んでいます。

    飲んでいると、肩のこりや物忘れが少なく、体が軽い気がします。

    肩凝り、頭痛、血圧が気になる方、40歳過ぎたら症状がなくても血流を良くし、

    しみ予防にお飲みになっているとよいですよ。

    おかげで私も体にしみはありません。(これは秘密)

    中高年の方に、夏は麦味参顆粒と冠元顆粒の併用をおすすめします。

    体が軽く夏バテしません。

     

    冠元顆粒(かんげんかりゅう) 45包:7,236円 90包:13,630円

    麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう) 30包:4,925円 60包:8,910円

    こちらの商品はウエマツ薬局にて販売しております。

    インターネット上では販売しておりません。

     

    今すぐご注文、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 夏の養生法と熱中症予防の漢方薬 

    2019年7月12日 ,

    ウエマツ薬局中医薬膳営養学講座2019年7月10日より

     

    2100年には夏の平均気温が43度、熊谷では44.5度だと発表されました。

    後80年。自分には縁がないわ、と思わないで下さいね。

     

    人間の寿命は病気をしなければ120歳。

    今40歳の方は2100年には生きていますよ。

    その時、この暑さに耐えられる体づくりをしておきましょう。

    自分でできること

    ①環境:ひとつは地球の温暖化を少しでも防ぐこと。

        ごみの量を減らして市の燃料消費を減らし、有毒ガスの発生をおさえましょう

        分別ごみの徹底

        生ごみは土に埋めるか、乾燥器で乾燥して肥料にすること

        乾燥器は、いやなにおいを出さす、1週間で3分の1くらいになってしまいます。

        価格は5万円位ですが、市から補助がでます。

     

    植松家では今3人暮らしです。

    燃えるごみは1回に出す45ℓ袋の3分の1くらいです。

    みなさんのお宅ではいかがですか?

     

    ②自分の身体を暑さに対応できる身体にする

     暑い気候に対応できる身体にするには「湿邪」「熱邪」を溜めない。

     体に湿気や熱がこもっていると暑さにたえられなくなり、病気になる。

     食べ過ぎのカロリーオーバー(熱邪)ストレスでカッカする(熱邪)

     冷たい物の飲みすぎ(湿邪)夜遅い食事(湿邪)

     

    汗は体の熱を逃がしてくれる大事なもの 

    ただし汗をかきすぎると

    1:疲れる(気を消耗する)

    2:熱中症になる。

    血がドロドロになり、脳梗塞を起こす(夏は脳梗塞が多い)

     

    対策 漢方のスポーツドリンク:麦味参(ばくみさん)

    麦味参顆粒に入っているもの

    麦門冬(ばくもんとう):龍の髭(玉竜(たまりゅう)とも言います。庭の下草)の球根、潤します。

    五味子(ごみし):酸っぱい実、汗が出すぎないよう調節する作用

    人参:ご存知 朝鮮人参、疲れを取ります。

    (写真:玉竜)

     

    飲みやすい顆粒です。

    そのままでも、ポカリスエットのようなスポーツドリンクに混ぜて

    お子さんの部活や、サッカーなどのおともに。美味しいです。

    毎日飲んでいると疲れが違います。

    植松光子は1年中飲んでいて、おかげさまで、疲れ知らずです。

     

    麦味参顆粒 30包:4,925円       60包 :8,910円

    こちらの商品はウエマツ薬局にて販売しております。

    インターネット上では販売しておりません。

     

    今すぐご注文、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 腸が元気ですと、脳も元気になるってご存知でしたか?

    2019年6月30日 , ,

    大腸に潰瘍などが出来て大腸をとると、

    元気がなくなったり、免疫力がなくなります。

    大腸と脳は密接な関係があることが分かってきました。

    大腸には多くの神経細胞があり、

    自律神経系を通して脳につながっています。

    下痢したり、便秘があると気分が沈み、ストレスがかかると、

    便秘になったり、脳と腸が関係しあうことを「脳腸関係」といいます。

     

    また腸内細菌は幸せホルモンと言われる、セロトニンを作ります。

    しかし、便秘があるとセロトニンは多く作れません。

     

    以前70代の男性が、頑固な便秘を訴えて夕方来店されました。

    そして体質に合った便秘薬をお出ししましたら、

    翌日朝早く7時頃電話がありました。

     

    こんなに早く、なんだろうと思って電話に出ましたら

    「出ました!!出ました!」とうれしそうな、弾んだ声が響いてきました。

    さぞ、うれしかったでしょうと、おかしくもあり、一人微笑んでしまいました。

    セロトニンが一杯出て、幸せな気分になられたのでしょうね。

    このように、腸内細菌は全身の健康維持に大事な役割をしています。

    その数40兆個が大腸にいます。

    主な働きは、餌となる食物繊維から脂肪酸をつくり、

    腸内環境を危険な病原菌から守ることです。

     

    よい腸内細菌を作るには、ストレスを避け、早く寝て、

    ウォーキングなどの運動を習慣にしながら、

    野菜や海藻をたっぷりとります。

     

    発酵食品もしっかりとって、毎日バナナ3本分のよい便が出ていれば、

    腸がよい環境だということがわかります。

    ヨーグルトもいいと言われています。

    しかし、ヨーグルトは日本古来のものではないし、冷たいので

    一緒にとった、ほかの食べ物の消化は落とします。

    3時頃、喉で温めながら単独ならいいでしょう。

     

    ある国に行ったとき、ドライフルーツを一杯いれた、

    ホットのヨーグルトが出たことがあります。

    これならいい、と思いました。

    身土不二(しんどふじ)、といいます。

    体と土地は密接な関係がある、という意味で、

    そこの土地でとれたものがよいのです。

     

    外国のものは体に慣れるまで時間がかかります。

    牛乳のように始めはもてはやされても、やはり多くとると

    アレルギーを起こすことが分かってきました。

    納豆はその点、日本人にはぴったりの植物性発酵食品です。

    我が家では、青菜のおひたしや、もやし、昨夜の残り物を半分くらい混ぜて

    毎日出しています。野菜も自然にたくさん取れて好都合ですし、美味しいです。

     

    更にグリーンスムージーも毎朝とって、元気はつらつです。

    これにササヘルスを一人10cc、食べ過ぎたときは

    晶三仙を各自勝手に飲んで、全員快調!快腸!です。

    *グリーンスムージー  (2、3人分)

     

    小松菜・・100g  1、2cmに刻む

    セロリ・・50g  1、2cmに刻む  あった方がおいしい、なくてもよい

    リンゴ・・半分  良く洗って皮は向かない。芯をとり刻む

    リンゴがない時期はバナナでもOK。

    牛乳、または豆乳 200cc 寒い時期は少し温める

    蜂蜜または砂糖 またはラカント・・小さじ2

    ササヘルス 15cc

    以上をスムーザーに3分 かける

     

    ササヘルス  1本:1944円 3本:5400円 他に6本、12本入り

    詳しくはこちら→オンラインショップ

    晶三仙(しょうさんせん)

    60包入り:5076円 180包入り:10800円

    (こちらの商品はウエマツ薬局にて販売しております。

    インターネット上では販売しておりません。)

     

    ・・・・・・*・・・・・*・・・・・・

    今すぐご注文、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null