その他の症状 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

その他の症状

  • 「口の乾燥(ドライマウス)の養生」

    2019年10月17日 , ,

    ドライマウスは唾液の分泌が減り、口が乾燥する症状です。

    暴飲暴食やストレスなどで、胃腸に負担がかかると、

    胃腸の潤いが不足して、唾液も少なくなってしまいます。

    口や喉の乾燥を感じる方は胃腸の調子を整え、

    潤いを養うように心がけましょう。

     

    *気になる症状

    口内炎ができやすい・口や喉の乾燥

    味覚障害・舌が乾く

    *食養生~胃腸の潤いを養う~

    大根・りんご・れんこん

    ゆり根・豆腐 など

    *よく使われる漢方薬など

    麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

    麦門冬湯(ばくもんどうとう)

     

    ※その他、エキス剤や煎じ薬もございます。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

  • 「肌の乾燥(ドライスキン)の養生」

    2019年10月16日 ,

    肌の状態は、肺と深く関係しています。

    しかし、肺は乾燥に弱いので、空気が乾燥する時期は、

    肺の働きが低下しやすく、肌の乾燥やかゆみなどを

    起こしやすくなるのです。

    潤い肌を保つためにも、体内の乾燥に注意し、

    肺の働きを健やかに保つようにしましょう。

     

    *気になる症状

    皮膚の乾燥(カサカサ感)・化粧のりが悪い

    舌の乾燥・皮膚の痒み

    ※日焼け、アトピー、エアコン、慢性疾患

    乾皮症などが原因になることもあります。

     

    *食養生~肺の潤いを養い、皮膚の潤いを守りましょう~

    鶏の手羽先・豚足・鶏のスープ

    はちみつ・オリーブオイル・玄米 など

     

    *よく使われる漢方薬など

    婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

    沙棘油(さーじゆ)

    潤肺糖漿(じゅんぱいとうしょう)

    辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

    ※その他、エキス剤や煎じ薬もございます。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 「鼻の乾燥(ドライノーズ)の養生」

    2019年10月15日 , ,

    鼻の状態は、肺と関りが深く、肺の潤いが不足すると、

    鼻の粘膜も乾燥しやすくなります。

    鼻や喉の粘膜が乾いていると、免疫力の低下で

    風邪をひきやすくなることもあります。

    鼻の乾燥感やムズムズ感が気になる人は

    肺の潤いをしっかり養いましょう。

    *気になる症状

    鼻の乾燥感・鼻の中のかさぶた・鼻血

    空咳・風邪をひきやすい・味覚の減退・舌の乾燥

    ※慢性的な鼻炎、気管支炎、喘息などの症状にも注意。

     

    *食養生~肺の潤いを養う~

    梨・ゆり根・はちみつ・白きくらげ

    枇杷の葉・杏仁・オレンジ・葛 など

     

    *よく使われる漢方薬など

    麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

    麦門冬湯(ばくもんとう)

    潤肺糖漿(じゅんぱいとうしょう)

    辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

    ※その他、エキス剤や煎じ薬もございます。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 「腸の乾燥(便秘)の養生」

    2019年10月14日 ,

    「腸」が乾燥すると、便も乾いて固くなり、便秘になりやすくなります。

    また、腸と肺は深く関係しているので、肺が乾燥してダメージを受けると

    腸も潤い不足になりがちになります。

    秋は特に乾燥の影響を受けやすいので、腸と肺の潤いを十分保つようにしましょう。

     

    *気になる症状

    排便時間が長い・便秘気味

    便がコロコロしている・舌も乾燥

     

    *食養生~腸と肺の潤いを養い、便通を良くする~

    いちじく・バナナ・りんご

    プルーン・パパイヤ・マンゴー

    白菜・キウイフルーツ など

     

    *よく使われる漢方薬など

    清営顆粒(せいえいかりゅう)

    麻子仁丸(ましにんがん)

    潤腸湯(じゅんちょうとう)

    ※その他、エキス剤や煎じ薬もございます。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 「目の乾燥(ドライアイ)の養生」

    「血(けつ)」が運ぶ栄養や潤いによって健やかに保たれているのが目。

    そのため、血を十分に養い、蓄える「肝」の働きを整えることが

    ドライアイ対策には大事です。

    目の使い過ぎは血の消耗につながります。

    長時間のスマホ、PCなどには注意しましょう。

    *気になる症状

    目がゴロゴロする・目の乾燥

    視力減退・目のかすみ・痛み

     

    *食養生~血を養い、目の働きを整える~

    菊花・桑の実・桑の葉・にんじん

    枸杞の実・ブルーベリー・ほうれん草

    ぶどう など

    *よく使われる漢方薬など

    杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

    婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

    十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)

    菊花茶(きっかちゃ)

    ※その他、エキス剤や煎じ薬もございます。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null