埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

ブログ一覧

  • 夏の胃腸不調対策3:胃腸虚弱

    不摂生な食生活を続けている人、慢性疾患のある人などは、

    慢性的に胃腸の働きが弱くなっていることも少なくありません。

    このタイプは普段から栄養を十分摂ることができないため、

    体内の「気」「血」が不足しがちになってしまいます。

     

    体力や免疫力も落ちやすく、全身の疲労感などの

    不調が起こりやすくなります。

    また、胃腸の働きを支える「陽気」も不足してしまうため、

    食欲不振や消化不良などに悩まされることも。

    胃腸が弱いまま放っておくと、夏バテしやすく、

    秋になっても回復しにくいので気をつけましょう。

    夏を元気に乗り切るためにも、胃腸の働きを整えましょう。

     

    *気になる症状

    食欲不振、慢性的な胃腸不調、全身の疲労感、

    息切れ、めまい、かぜをひきやすい

    *食養生

    胃腸の働きを良くして、体力を養う食材を:

    白米、もち米、いんげん豆、山芋、じゃがいも、

    キャベツ、大豆製品、りんご、豚肉 など

    *漢方薬など

    補中益気湯 人参養栄湯など

     

    ※あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

    参考:漢方の知恵袋

  • 夏の胃腸不調対策2:冷え

    2020年6月27日 , ,

    飲食物を消化吸収する「胃腸」の働きは、

    体内の「陽気」によって守られています。

    ところが、夏は過剰な冷房や冷たいものの摂り過ぎなどで、

    陽気を消耗しがちになってしまいます。

    その結果、身体が冷え、胃腸の働きも弱くなり、

    腹痛や下痢などの不調が起こるのです。

    中医学ではこの時期は陽気を養うことを大切にします。

    羽織ものなどで調節する、冷たい飲食は控えるなど、

    身体を冷やさないよう心がけ、体内の陽気を守りましょう。

     

    *気になる症状

    胃痛、腹痛、下痢、お腹の冷え、身体の冷え、顔色が白い

    *食養生

    冷えた身体を温めるものを:

    しょうが、ねぎ、にんにく、にら、山椒の実、八角、

    シナモン、ナツメグ、みょうが、フェンネル など

    *漢方薬など

    安中散 人参湯など

     

    ※あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

    参考:漢方の知恵袋

  • 夏の胃腸不調対策1:食の不摂生

    「胃」は“冷え”を苦手とする臓器ですが、

    夏は「湿邪(しつじゃ)」(自然界の邪気)が体に侵入しやすく、

    冷たいものや水分も摂りすぎてしまいがちです。

     

    すると、胃腸に負担がかかって機能が落ち、

    水分をスムーズに処理できなくなってしまいます。

    その結果、体内に「湿」(余分な水分や汚れ)が溜まってしまうのです。

     

    湿が溜まると胃腸の働きはさらに弱くなり、

    下痢などの不調が現れるようになってしまいます。

    夏の水分補給は大切ですが、飲み過ぎには注意しましょう。

    また、暑くてもなるべく温かい食事、飲み物にすることも大切です。

    また、暴飲暴食などの食生活を続けていると、

    胃腸が疲れて食事をしっかり摂れず、

    夏バテを起こしやすくなってしまいます。

    また、秋冬になっても疲れを引きずり、

    かぜを引きやすくなることもあります。

     

    特に不調を感じていない人も、

    胃腸トラブルを起こしやすい夏は油断禁物です。

    胃腸に負担をかけない食生活を心がけましょう。

     

    *気になる症状

    吐き気、胃の膨満感、胃のムカつき、げっぷ、

    下痢、軟便、舌の苔が多い

    *食養生

    胃腸の働きを整え、湿を取り除く食材を:

    サンザシ、麦芽、カルダモン、梅干し、しそ、

    陳皮茶(ちんぴちゃ)、はと麦、お焦げ など

    サンザシ⇒オンラインショップ

     

    *漢方薬など

    藿香正気散 勝湿顆粒など

    ※この商品はオンライン販売しておりません。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

    参考:漢方の知恵袋

  • 夏の胃腸不調

    2020年6月25日 , , ,

    蒸し暑さが続く夏は、胃腸の働きが悪くなりやすい季節です。

    そこで、夏バテにならないためにも、気を付けたい事などをお伝えします。

     

    胃腸は、飲食物を消化吸収して、生命力の源となる「気」(エネルギー)や

    「血」を生む大切な臓器です。

    胃腸が元気で栄養をしっかり摂れると、体内の気血も充実して、

    元気な身体を保つことができます。

     

    しかし、胃腸の働きが弱くなると、体内の気血は不足しがちになります。

    エネルギーや栄養が身体に十分巡らず、慢性疲労、めまい、貧血、

    免疫力の低下などの不調につながります。

    この時期、特に気をつけたいのは冷たいものや水分の摂り過ぎなどによる

    「湿」(余分な水分や汚れ)の停滞です。

    体内に湿が溜まると胃腸の働きが落ちてしまいます。

    身体の冷えも、胃腸の働きを低下させます。

    過剰な冷房や冷たい飲食などは控え、

    「陽気」(エネルギー)の消耗を防ぐことが大切です。

    胃腸はとても繊細で、ストレスで食欲が落ちたり、痛みを感じたりと敏感に反応します。

    不調を慢性化させないためにも胃腸のSOSを見逃さず、早めの対処を心がけましょう。

     

  • 新型コロナ後の新しい社会に期待

    新型コロナ後の社会はどうなるのでしょうか?

    私は楽しみにしています。

     

    テレワークで週に半分ぐらい在宅の仕事をしている方たちは

    通勤が減ってその時間が空いて楽になったわ。

    と一様におっしゃっています 。

     

    通勤は痛勤ともいいます。

    満員電車に揺られていくことは体力が消耗します。

    今まではそれが当たり前の生活だと思われていたのですが、

    コロナのおかげで在宅の仕事ができるようになりました。

    もちろん毎日在宅では、人との接触がなくなり、これもつまらなくなります。

    しかし週半分位の在宅で、自分の仕事の時間を自分で

    コントロールしながらやる事はまた新しい発見となります。

    コロナ後の生活を不安に思ってる方も多いようですが、

    私はむしろ新しい生活に入っていく期待の方が大きいです。

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null