めまい 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 冷えのぼせ5 腎の虚弱

    「腎」は五臓六腑の働きを支える基本であり、

    体内の陰陽の根本でもあります。

    そのため、腎の機能が低下すると

    臓器全体の働きが落ち、

    体を温める「陽気」(エネルギー)も不足して、

    「冷え」が起こりやすくなります。

     

    また、陰の要素(潤いなど)も不足しがちになるため、

    身体の余分な「熱」を冷ますことができず、

    ほてりやのぼせの症状が現れることもあります。

    こうした腎の虚弱による「冷えのぼせ」は、

    陰陽のバランスが崩れていることで症状が強く出やすくなります。

    加齢とともに腎の機能は衰えるため、

    更年期以降の人は積極的に養生をしましょう。

    体をしっかり温める、睡眠を十分にとるなど、

    日頃のケアで腎の働きを健やかに保ちましょう。

     

    *気になる症状

    特に手足の冷えが強い冷えのぼせ、

    入浴後もすぐ冷える、めまい、耳鳴り、難聴、

    ドライアイ、物忘れ、腰痛、腰がだるい、

    夜間頻尿、むくみ、舌の色が淡い、舌苔が白い

    *食養生

    腎の働きを整え陽気を養う、温性・腎に作用する黒の食材:

    くるみ、松の実、山芋、肉桂(ニッキ)、海老、羊肉、黒ごま、

    桑の実、にら、スッポン など

  • 冷えのぼせ4 胃腸虚弱

    体内の「気」(エネルギー)や「血(けつ)」は、体を温める大切な要素です。

    そのため食事の栄養から気血を生み出す胃腸の働きが弱くなると、

    体内の気血が不足して「冷え」を招きやすくなります。

    一方、胃腸の機能が低下して消化不良を起こすと、食物が停滞して

    体内に「湿熱(しつねつ)」が発生することもあります。

    結果、冷えと熱が混在して「冷えのぼせ」が起こるのです。

     

    *気になる症状

    疲労で冷えのぼせの症状が強くなる、疲労感、顔色が白い、

    めまい、食欲不振、お腹の張り、軟便・下痢、

    舌の色が淡い、舌苔が白い、汗がダラダラ出る

    *食養生

    胃腸を養い、気血を充実させる、温性・甘味の食材:

    米、しょうが、シナモン、山椒の実、枸杞の実、ほうれん草、

    いんげん豆、鶏肉、卵、豆腐、ねぎ、フェンネル、なつめ、

    きのこ類、にんじん、かぼちゃ、鮭、黒糖 など。

  • おりもの3 「腎虚」

    おりものの量が多い・色が薄く水っぽい方は

    「腎虚(じんきょ)」。

     

    *気になる症状

    冷え性、腰痛・腰がだるい、めまい、

    耳鳴り、物忘れ、夜間の頻尿

    腎は生命活動の源であり、加齢とともに、

    その機能が自然と衰えていきます。

    また、慢性疾患による消耗から、

    腎の働きが弱くなることもあります。

     

    腎のエネルギーが不足すると、湿邪(しつじゃ)が発生し、

    不快なおりものの原因に。

    また、腎の機能が弱くなると、身体に必要な水分を

    体内で留めておく力が不足し、おりものの量が増えてしまいます。

    このタイプは更年期に見られることが多いです。

    腎を養うことを心がけ、おりものの流出を防ぎましょう。

     

    *食養生

    五臓六腑の基本である腎を養い、水分の流出を防ぐ:

    山芋、クコの実、ニラ、くるみ、栗、ざくろ など

  • 男性更年期3 元気がなくなる、気血不足

    *気になる症状

    疲れやすい、無気力、集中力の低下、めまい、動悸、

    不安や不眠、食欲不振、下の色が薄い

    「気」(体内のエネルギー)や「血(けつ)」は

    健康の基本となる大切な要素ですが、胃腸の働きが弱くなると、

    この気血を十分に作ることができなくなってしまいます。

    体内の気血が不足すると、内臓の働きが悪くなり、

    疲れやすい、食欲不振、動悸、不眠といったさまざまな症状が現れるように。

    胃腸の不調は、不規則な食生活や睡眠不足、

    胃腸の疾患などが原因となります。

    胃腸に負担をかけない生活で、気血を十分に養うよう心がけましょう。

     

    *食養生~気・血を養い、身体に潤いを与えるもの~

    百合根、小麦、金針菜(きんしんさい)、蓮の実、

    ナツメ、烏骨鶏、卵、鮭、鰻、もち米

  • 男性更年期2 腎精(じんせい)不足

    男性更年期の主な原因です。

    *気になる症状

    めまい、耳鳴り、記憶力の低下、脱毛、足腰の弱り・痛み、

    性欲の減退、性機能の低下、手足の冷え、舌の色が薄い

    「腎」は、生命エネルギーの源「精」を貯える一番大切な臓器。

    腎とは単に内臓のひとつをさすのではなく、

    泌尿生殖系、ホルモン系、カルシウム代謝、免疫系など、さまざまな働きを意味します。

     

    しかし、更年期が始まる40歳ごろから腎の機能は徐々に低下。

    貯えている精も減少し、体力や性機能の衰え、脱毛、

    排尿トラブルといった症状が少しずつ出てきます。

    また、腎の機能が弱くなると他の臓器にも影響し、

    さまざまな不調を引き起こすのです。

    加齢に加え、過剰な性生活や食事の不摂生、

    病気による消耗なども腎が衰える原因になります。

     

    生活習慣の改善と腎の養生で更年期の症状を

    予防、改善するよう心がけましょう。

     

    *食養生

    スッポン、ナマコ、羊肉、豚マメ(豚の腎臓)、

    穴子、海老、山芋、くるみ、ごま、にら、にんにく

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null