ストレス 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 男性更年期4 ストレスによる不調「肝うつ」

    *気になる症状

    ストレスが多い、憂鬱、怒りっぽい、頭痛、肩こり、

    のぼせ、ほてり、胸脇や腹部の張り、ため息、舌の色が暗い

    男性の更年期の年代は、責任ある役職についたり、

    定年を迎えたりとストレスを抱えやすい時期。

    男性更年期の症状は精神的な事に影響されることが多いため、

    こうしたストレスをうまく発散できないと、症状が強く出ることもあります。

     

    ストレスを調節し、体内の気をスムーズに巡らせるのは

    「肝」の役割。

    過度なストレスが続くとその機能が低下し、

    気の流れが悪くなり、イライラや憂鬱、のぼせなどの

    症状につながります。

    日頃ストレスを感じやすい人は、肝の働きを高めて

    上手に発散できるようにしましょう。

     

    *食養生

    ~溜まったストレスを発散して、滞った気の流れをスムーズに~

    菊花茶、ハマナスの花茶、ジャスミン茶、

    黒きくらげ、みかんの皮、ライチ、柑橘類

  • 多汗症の対策4 ストレス

    2020年1月11日 , ,

    「肝(かん)」(肝臓)はストレスを発散させ、

    体内の「気」(エネルギー)の巡りをスムーズに保っています。

    ところが、過剰なストレスを受けるとこの機能が低下し、

    気の巡りが滞りがちになります。

    すると、気のエネルギーが停滞して、体内に熱が発生します。

    また、ストレスは胃腸の不調にもつながるため、

    水分代謝が悪くなり、「湿」(余分な水分や汚れ)も溜まりがちに。

    その結果、体内に過剰な熱と水分が溜まり、汗をかきやすくなってしまうのです。

     

    このタイプは緊張やストレスで汗をかきやすいので、

    なるべく気持ちを穏やかに保つよう心がけましょう。

    また、肝と胃腸を健やかに保ち、体内の熱と湿をすっきり取り除きましょう。

     

    *気になる症状

    緊張やストレスによる発汗、憂うつ、焦燥感、動悸、不眠、緊張しやすい、

    口の苦み、口の粘つき、口臭、舌がやや赤い、舌苔が黄色くベタつく

    *よく使われる漢方薬

    瀉火利湿顆粒・黄連解毒湯 など

    4回にわたり、多汗症についてお伝えしました。

    最後に多汗症の食養生をお伝えします。

    養生は、ストレス発散し、リラックスすること、

    十分な睡眠、適度な運動もおすすめです。

     

    《多汗症の食養生》

    体質を問わず、汗が多い時にとりたい食材

     

    *潤いと気を養う

    小麦・もち米・麩・大豆・黒豆・山芋・なつめ・枸杞の実・桑の実 など

    枸杞の実⇒オンラインショップ

     

    *汗を収れんする

    梅・レモン・銀杏・蓮の実・五味子・酸棗仁 など

     

    *熱を冷まし利水する

    すいか・きゅうり・苦瓜・れんこん・とうもろこし・緑茶 など

    体内の過剰な水分は汗の原因になります。

    適量の水分補給、利水作用のある食材で

    尿をしっかり出すようにしましょう。

     

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

  • 多汗症の対策1

    緊張すると手汗がひどい、暑くないのに、

    ダラダラと汗をかいてしまう、「多汗症」。

    ただの汗っかきと思われることも多いですが、

    日常生活に支障がでてしまったり、

    精神的な負担につながったりすることも少なくありません。

    汗が多いと感じている人は、自分の体質を見直して改善しましょう。

    「多汗症」は、体温調節に必要な量以上に、

    発汗が多くなってしまう症状のことです。

    基本的な要因は自律神経の失調ですが、

    その原因はストレス、ホルモンバランスの乱れ、

    遺伝などさまざまで、原因が不明なことも少なくありません。

    また、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、

    更年期症候群、結核などの病気が原因で発症するケースもあります。

    もっとも多く見られるのは、

    気温に関わらず日中しきりに出る汗と、夜間に出る寝汗。

    こうした症状は、

    汗をコントロールする働きが弱くなる肺気不足

    潤い不足で体内に熱がこもる“ 陰虚火旺(いんきょかおう)”、

    過剰なストレスで湿(余分な水分や汚れ)や熱が発生する“肝鬱脾虚(かんうつひきょ)”

    といった不調が要因で起こると考えます。

     

    *汗の基礎知識*

    中医学には「汗血同源(かんけつどうげん)」という言葉があります。

    これは、汗も「血」も体内の水分や潤いが源になっているということです。

    そのため、出産や生理で出血が多い時は汗が少なくなり、

    汗が出過ぎると血不足につながります。

    また、気・血・水は体内を一緒に巡っているため、

    多量の汗で水分を消耗すると、

    潤い不足によるドロドロ血や気の不足を招くこともあります。

  • 機能性胃腸症4 膨満感がある、ストレスタイプ

    機能性胃腸症とは⇒機能性胃腸症

     

    《膨満感がある、ストレスタイプ

    「肝」はストレスを発散させ、体内の「気(エネルギー)」の巡りを

    スムーズに保つ臓器です。

    この機能が胃腸の働きにも深く影響しているため、

    過剰なストレスで肝の機能が低下し、気の巡りが停滞すると、

    お腹の張り、膨満感、ゲップといった不調が起こりやすくなるのです。

    また、気の停滞が長引くと、体内に余分な熱が発生し、

    口の渇き、熱感などの症状がでる事もあります。

    このタイプは精神的な要因で胃痛が起こりやすいことが特徴です。

    日頃のストレスをこまめに発散し、気の巡りをスムーズに保つようにしましょう。

    *主な症状

    上腹部の膨満感、お腹の張り、両脇が苦しい、ゲップ

    胃痛、ストレスで症状が悪化、口が渇く、口の中が苦い

    熱感、頭痛、過食傾向、排便異常(便秘や軟便)

    舌苔が薄く乾いている

     

    *食養生

    ~香りの良いもので気の巡りを整える

    ハマナスの花茶・たけのこ・菊茶

    グリンピース・ジャスミンティー・ふきのとう

    うこん・たらの芽・香草類 など

    *よく使われる漢方など

    逍遙丸・加味逍遥散・開気丸・四逆散 など

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 肩こり対策 3・ストレス過多、気滞タイプ

    肩こりのタイプ

    1・痛みが強い、瘀血(血行不良)タイプ

    2・胃腸が弱い、痰湿タイプ

    3・ストレス過多、気滞タイプ

    4・急性期に多い、冷えタイプ

     

    今回は

    3・ストレス過多、気滞タイプ

    肩こり対策についてお伝えします。

     

    「気(エネルギー)」は「血」と一緒に体内をめぐり、

    血流をサポートしています。

    そのため、気の巡りが悪くなると、「血」の巡りも悪化して、

    肩こりや痛みを起こしてしまいます。

    気の巡りと関わりが深い、五臓の肝(かん)は

    ストレスを発散させ、気の巡りをコントロールする臓器です。

    そのため、過剰なストレスで、肝の機能が低下すると

    気の巡りも悪くなってしまいます。

    ストレスを感じやすい方は、筋肉も緊張しやすく、

    肩こりも起こしやすいです。

    リラックスとストレス発散を心がけ、

    気と血の巡りをスムーズに保ちましょう。

    ストレス過多で気滞タイプの方は

    ・肩こりの長期化・眼の疲労・生理前の肩こりがひどい

    ・生理不順 などが気になりませんか?

     

    香りでストレスを発散させ、肝を整える食材を摂りましょう。

    ・トマト・菊花・ミント・ジャスミン

    ・ハマナスの花・クコの実・ナツメ

    ・梅・そば などです。

     

    ばらのお茶(マイカイカ茶)は香りが良くて

    月経不順や頭痛の方にもおすすめです。

    ばらのお茶⇒オンラインショップ

    自分で気が付かなくても、

    ストレスが意外と痛みなどの原因になっています。

    食事やお茶、生活養生をしても、改善できない時は

    ご相談ください。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null