喉の痛み 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 咳、喉の痛みの対策 陰虚・4(いんきょ)

    2020年3月31日 , ,

    中医学では「のどは腎の潤いを受けている」と考えます。

    これは、のどの状態と深く関わる肺が、腎と密接に関係しているため。

    腎は体内の水分をコントロールする働きを担っていますが、

    この機能が低下すると肺の潤いも不足し、のどの乾燥やかゆみが起こるのです。

     

    肺・腎の潤い不足(陰虚)の人は、潤い不足で身体の熱を冷ますことができず、

    熱がこもりやすいことも特徴です。

    体内の潤いを十分に養いながら、余分な熱を冷ますよう心がけましょう。

     

    *気になる症状

    のどの症状:乾燥、弱い痛み・かゆみ、午後に痛みが強い、空咳、

    痰が少ない、声が枯れる

    身体のサイン:口の渇き、熱っぽい、舌の色が紅く苔が少ない

     

    *食養生

    身体の潤い養い、熱を冷ます:

    干し柿、柿、梅、レモン、トマト、オリーブ、はちみつ、氷砂糖、ゆで卵 など

    *よく使われる漢方薬

    麦門冬湯、麦味参、八仙丸 など

    *健康的な暮らしのポイント

    ・毎日のうがいを習慣に。お茶や板藍茶(ばんらんちゃ)でのうがいも効果的です。

    ・たばこ、酒、辛いものは、のどを刺激するので控えめに。

    ・固い食べ物はのどを傷つけやすいので要注意。

    ・加湿器などで乾燥を予防しましょう。

    ・おしゃべりやカラオケは適度に。のどの負担を少なくしましょう。

     

    参考:漢方の知恵袋

  • 咳、喉の痛みの対策・3 肺気虚

    2020年3月30日 , ,

    「肺」はのどの状態と密接に関わっています。

    そのため、肺の「気」(エネルギー)が不足していると、

    普段から咳が出やすい、のどが痛いといった不調が起こりやすく、

    免疫力が低下してかぜもひきやすくなってしまうのです。

    この肺気虚(はいききょ)の方は消化器系が弱く、

    栄養不足で気を生み出せないことも多いため、

    まず胃腸を元気にして食事をしっかり摂ることが大切です。

    体内の気を十分に養いながら、肺の働きを高めましょう。

     

    *気になる症状

    のどの症状:のどの不調を繰り返しやすい

    身体のサイン: かぜを引きやすい、息切れ、疲労感、顔色が白い、舌の色が淡く苔が薄い

     

    *食養生

    気を養い、肺を健やかに:

    大豆製品、山芋、米、しめじ、かぼちゃ、白きくらげ、百合根、白ごま、大根 など

     

    *よく使われる漢方薬

    健胃顆粒、衛益顆粒、補中益気湯 など

    ※この商品はオンライン販売しておりません。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

    参考:漢方の知恵袋

  • 咳、喉の痛みの対策・2 湿熱(しつねつ)

    2020年3月29日 , , ,

    暴飲暴食、お酒の飲みすぎなどが原因で胃腸の働きが低下すると、

    体内に「湿(しつ)」(余分な水分や汚れ)や「熱」が溜まりやすくなります。

    この湿・熱がのどに影響すると、腫れや痛みを引き起こす原因に。

     

    また、のどの奥に白い膿が溜まることも特徴です。

    口を開けると白い膿の塊が見えませんか?

    対策の基本は、溜まった湿と熱を取り除き、胃腸の働きを良くすることです。

    食べ過ぎ・飲み過ぎに注意して、食生活を整えることが大切です。

     

    *気になる症状

    のどの症状:腫れ、白い膿が溜まる、痰が多い

    身体のサイン: 頭や身体が重い、むくみやすい、食欲不振、軟便、口の粘り、舌の苔が粘つく

     

    *食養生

    水分代謝を促し、胃腸の働きを良く:

    しそ、杏仁、カルダモン、緑豆、春雨、冬瓜、大根、蓮根、たんぽぽ茶、どくだみ茶 など

    *よく使われる漢方薬

    排膿散及湯、二陳湯 など

     

    参考:漢方の知恵袋

  • 咳、喉の痛みの対策・1 風熱

    2020年3月28日 , ,

    中医学では、かぜの症状は、「風(ふう)」の邪気が

    「熱」「寒」「燥(そう)」などの邪気と一緒に侵入することで起こる、と考えます。

    急な咳やのどの痛み、腫れを引き起こすのは、風熱(ふうねつ)の邪気によるかぜ。

    頭痛や発熱を伴うかぜの症状を感じたら、早めの対処で長引かせないことが大切です。

    邪気を追い払いながら身体の熱を冷まし、のどの炎症を鎮めましょう。

     

    *気になる症状

    のどの症状:急な咳、のどの痛み、赤み、腫れ、黄色く粘りのある痰、声のかすれ

    身体のサイン:発熱、悪寒、頭痛、舌の苔が薄く黄色い、舌の色が紅い

     

    *食養生・漢方養生茶

    熱を冷まして、腫れを取り除く:

    ほおずき(食用のもの)、ミント、菊花茶、梨、

    板藍茶(ばんらんちゃ)、五涼華 など

    *よく使われる漢方薬

    涼解楽、銀翹解毒散、五味消毒飲、桔梗石膏湯 など

     

    参考:漢方の知恵袋

  • 咳・のどの痛みは何が原因?

    2020年3月27日 ,

    朝起きた時、喉が痛い。乾燥して咳が出るなどの不調に

    悩まされたことはありませんか?

    のどの痛みや腫れ、咳といった不調は”かぜが原因”と考えがちですが、

    身体全体のバランスを考える中医学では、体内の不調にもその要因があると考えます。

     

    のどは呼吸を行い、食べ物や水分を飲み込む器官です。

    そのため五臓の「肺」「胃腸」と特に深い関係があり、

    これらの機能が低下すると、のどに影響して不調が起こりやすくなるのです。

    例えば、暴飲暴食などで胃腸の機能が低下すると、

    身体に「湿(しつ)」(余分な水分や汚れ)や熱が溜まり、

    のどの腫れや膿、炎症などを引き起こすこともあります。

     

    のどの痛みや咳などの症状には、さまざまな原因があります。

    のどから侵入しやすいかぜを予防するためにも、

    自分の症状や体質に合った”のどケア”を心がけましょう。

     

    のどの不調を起こしやすい人は、根本的な原因を見極めて対処し、

    トラブルを起こしにくい健やかなのどを保ちましょう。

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null