息切れ 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 夏の冷え対策2 血(けつ)不足

    2020年7月5日 , , ,

    *気になる症状

    手足の冷え(特に手先や足先)、顔色が白い、息切れ、

    疲労感、動悸、不眠、月経の量が少なく色がうすい、舌の色が淡い

     

    「血」は全身をめぐって身体を温めていますが、

    貧血や病気などで慢性的に血が不足すると、

    その温かさを身体のすみずみまで行き渡らせることができません。

     

    また、血は身体を温める「陽気」と一緒に流れているため、

    血が十分にないと陽気もスムーズに届かず、手足の冷えが起きてしまうのです。

    血との関わりが深い女性の冷え症も、この血不足が原因になって

    いることが少なくありません。

    日頃からしっかり血を養うよう心がけましょう。

     

    *食養生

    不足しがちな血を補いながら、しっかり体力をつけましょう。:

    なつめ、クコの実、もち米、豆腐、きのこ類、

    黒砂糖、うなぎ、ワイン(少量)、鮭、鶏肉

     

    *漢方薬など

    婦宝当帰膠、四物湯、帰脾湯、心脾顆粒など

    ※あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

    参考:漢方の知恵袋

  • 夏の胃腸不調対策3:胃腸虚弱

    不摂生な食生活を続けている人、慢性疾患のある人などは、

    慢性的に胃腸の働きが弱くなっていることも少なくありません。

    このタイプは普段から栄養を十分摂ることができないため、

    体内の「気」「血」が不足しがちになってしまいます。

     

    体力や免疫力も落ちやすく、全身の疲労感などの

    不調が起こりやすくなります。

    また、胃腸の働きを支える「陽気」も不足してしまうため、

    食欲不振や消化不良などに悩まされることも。

    胃腸が弱いまま放っておくと、夏バテしやすく、

    秋になっても回復しにくいので気をつけましょう。

    夏を元気に乗り切るためにも、胃腸の働きを整えましょう。

     

    *気になる症状

    食欲不振、慢性的な胃腸不調、全身の疲労感、

    息切れ、めまい、かぜをひきやすい

    *食養生

    胃腸の働きを良くして、体力を養う食材を:

    白米、もち米、いんげん豆、山芋、じゃがいも、

    キャベツ、大豆製品、りんご、豚肉 など

    *漢方薬など

    補中益気湯 人参養栄湯など

     

    ※あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

    参考:漢方の知恵袋

  • 今年は特に熱中症に注意!!

    2020年6月1日 , ,

    5月に入ってから熱中症の話題がニュースに取り上げられるようになってきました。

    今年はコロナウイルスで外出できなかったことで熱中症になるリスクが高まるそうです。

    マスクをしていることもあり、熱がこもり、特に注意が必要になりそうです。

    そこで、今回は中医学をもとに、熱中症対策をお伝えします。

    秋に疲れや体調不良を残さないように、食事や過ごし方に気を配り、

    しっかり対応していきましょう。

     

    暑さからくる夏特有の体調不良は「暑邪(しょじゃ)」という邪気が原因です。

    熱で頭が働かずボーッとしたり、皮膚の弱い人は赤みが強く出て悪化したり、

    ひどく汗をかいたりします。

     

    特に、汗のかき過ぎには要注意!

    身体をみずみずしく保つ「津液(しんえき)」という液体とともに、

    「気」(エネルギー)も消耗してしまうので、倦怠感や息切れといった体調不良につながります。

     

    また、身体の水分が失われると、血液が凝縮し、心臓にも大きな負担がかかります。

    汗のかき過ぎによる動悸やめまいは、心臓がダメージを受けてるサイン。

    症状が重くなると、心不全などを引き起こすこともあるので、十分注意してください。

     

    さらに、高温多湿の日本の夏は、「湿邪(しつじゃ)」という邪気が侵入しやすくなります。

    湿気に弱い胃腸の機能が弱まり、食欲不振や、夏痩せなどにつながります。

    毎年のように最高気温が更新されるようになってきています。

    厳しい暑さが続く夏は、一年を通じて最も体力を消耗しやすい季節です。

    この季節を元気に過ごすため、日頃の健康管理を大切にしたいですね。

    次回は、症状別に対処方法をお伝えします。

     

    参考:漢方の知恵袋

  • 咳、喉の痛みの対策・3 肺気虚

    2020年3月30日 , ,

    「肺」はのどの状態と密接に関わっています。

    そのため、肺の「気」(エネルギー)が不足していると、

    普段から咳が出やすい、のどが痛いといった不調が起こりやすく、

    免疫力が低下してかぜもひきやすくなってしまうのです。

    この肺気虚(はいききょ)の方は消化器系が弱く、

    栄養不足で気を生み出せないことも多いため、

    まず胃腸を元気にして食事をしっかり摂ることが大切です。

    体内の気を十分に養いながら、肺の働きを高めましょう。

     

    *気になる症状

    のどの症状:のどの不調を繰り返しやすい

    身体のサイン: かぜを引きやすい、息切れ、疲労感、顔色が白い、舌の色が淡く苔が薄い

     

    *食養生

    気を養い、肺を健やかに:

    大豆製品、山芋、米、しめじ、かぼちゃ、白きくらげ、百合根、白ごま、大根 など

     

    *よく使われる漢方薬

    健胃顆粒、衛益顆粒、補中益気湯 など

    ※この商品はオンライン販売しておりません。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

    参考:漢方の知恵袋

  • ストレス対策3 気虚(ききょ)

    体内の「気」は、心身の元気を保つエネルギー源。

    “臓器の働きをサポートする”、“身体を温める”、

    “病気を防ぐ”といった役割があり、気力や精神力の源でもあります。

     

    そのため、食事の不摂生や病気の消耗、胃腸不調などが原因で

    体内の気が不足すると、心身ともに元気のない状態に。

    結果、ストレスへの対応力も弱くなり、ダメージを受けやすくなってしまうのです。

     

    気は胃腸が消化吸収する栄養から生み出されるため、

    気になる症状がある人は、まず胃腸の働きを良くする心がけを。

    しっかり食事を摂って気を十分に養い、ストレスに負けない、

    元気な身体をつくりましょう。

     

    *気になる症状

    気力がない、倦怠感が強い、元気がない、ストレスに弱い、

    息切れ、疲れやすい、食欲不振、冷え性、朝が起きにくい、

    朝からだるい、声が弱い、舌の色が淡く肥大気味

    *食養生

    豆腐、湯葉などの大豆製品、米、小麦、いんげん豆、

    豚肉、牛肉、羊肉、かぼちゃ、じゃがいも、

    山芋、くるみ、栗 など

    *漢方薬

    黄耆(おうぎ)、衛益顆粒など

     

    *暮らしの養生

    ・“春は早起き”が基本。遅く寝た翌日も、朝は早起きを心がけましょう。

    ・散歩に出かけるなど適度な運動を。太陽の光を浴びましょう。

    ・深い深呼吸をしましょう。イライラを鎮める効果があります。

    ・ジャスミンティーや菊花茶で気持ちをリラックスさせましょう。

    ・良質な睡眠をとりましょう。

    ・身体の疲労もストレスの大敵。ゆとりを持って過ごすよう心がけて。

    ・ “笑う”ことを意識して。楽しいおしゃべりもストレス発散につながります。

        

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null