肩こり 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • PMS(月経前症候群)対策2・瘀血(おけつ)

    血は「気(エネルギー)」と一緒に流れているため、

    ストレスなどで気の巡りが停滞すると、瘀血(血行障害)

    招きやすくなることもあります。

    また、体内の「血」は、「温かいとスムーズに流れ、冷えると停滞する」

    という特徴があります。

    ところが、月経前は女性ホルモンの影響などで身体が冷えやすい時期。

    そのため、血も冷えて瘀血(血行障害)を招き、

    痛みやしびれなどの不調が起こりやすくなるのです。

    冷え症体質の人は、日頃から冷えをしっかり予防することが大事です。

    温かい飲食、毎日の入浴などで身体を温めるよう心がけ、血行の良い状態を保ちましょう。

     

    *気になる症状

    ・月経前の主な症状:痛みが強い(頭痛、胸痛、腹痛など)、肩こり

    ・その他:冷え症、手足のしびれ、月経痛が強い、

    経血が黒っぽく塊が多い、舌の色が暗く瘀斑がある

    *食養生

    身体を温めて血流をスムーズに:

    紅花、よもぎ、シナモン、黒糖、しょうが、玉ねぎ、長ねぎ、

    小茴香(ういきょう)、サフラン など

    写真:紅花(詳しくはオンラインショップへ

    *漢方薬

    冠元顆粒、芎帰調血飲第一加減、桂枝茯苓丸 など

    ※この商品はオンライン販売しておりません。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • ツボ:肩こり・後谿(こうけい)

    2020年2月6日 , ,

    突然ですが、肩がこっていませんか?

    悪い姿勢、運動不足、ストレスなどが肩こりを招きます。

    肩こりの主な原因は血行不良です。

    以前、肩を直接刺激して、筋肉の緊張をとる、特効ツボ、

    肩井(けんせい)をご紹介しました。

     

    今回は、痛みがあって押せない時、

    痛みをともなう辛い肩こりにおすすめの

    手にあるツボ、後谿(こうけい)をご紹介します。

     

    肩こりがひどくなって、頭痛を起こす前に、

    30分仕事をしたら、伸びをしたり

    ツボを押すのはどうでしょうか。

     

    *手の小指の側面。小指の付け根の出っ張った骨の下側

    *小指の骨をたどると、くぼみがあります。

    *押し方:反対側の親指をツボに当て指先方向に押し上げる。

    左右同様に行ってください。

     

    特効ツボ、肩井(けんせい)の記事はこちら

    肩井(けんせい)

     

     

  • 冷えからくる不調

    2020年1月12日 , , ,

    寒くなると関節が痛む、頭痛、生理痛がひどくなる、

    など寒くなると痛みがひどくなる経験をしたことはありませんか?

     

    この、冷えからくる痛みを予防、改善するためには、

    痛みそのものを抑えるだけでなく、

    身体の冷えで滞った「気・血・水」の流れをスムーズにすることが大事です。

    常に保温を心がけ、体内の代謝をアップしましょう。

    適度な運動を続け、新陳代謝を良くすること。

    寒く湿気の多い場所を避け、

    下着は締めつけなく、保温性の高いものをつけましょう。

    しょうが、ネギが入った、汁や鍋もいいですね。

    冷え予防のツボ、足三里もおすすめです。

    ツボ:足三里

    ショウウインドーにも、冷えのPOPを飾りました。

    冷えからくる、頭痛、肩こりなどによく効く漢方もございます。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 肩こり対策 4・急性期に多い、冷えタイプ

    2019年10月7日 , ,

    肩こりのタイプ

    1・痛みが強い、瘀血(血行不良)タイプ

    2・胃腸が弱い、痰湿タイプ

    3・ストレス過多、気滞タイプ

    4・急性期に多い、冷えタイプ

     

    今回は

    急性期に多い、冷えタイプの肩こり対策についてお伝えします

     

    夏の冷房や冬の寒さなどで体が冷えると、体がこわばるのを感じませんか?

    筋肉がこわばり、血流が悪くなると、肩こりや痛みを起こします。

    これは急性期に多い、冷えによる肩こりです。

    冷えるな、と感じたらすぐに体を温めるなど、早めの対処で、

    肩こりの慢性化や悪化を防ぎましょう。

    また、「血」やエネルギ―不足だと、冷えのダメージを受けやすくなります。

    高齢者、疲労、虚弱体質の方などは、体を冷やさないよう心がけましょう。

     

    体を温める食材は

    ・紅茶・ねぎ・しょうが・シナモン

    ・山椒の実・葛粉・八角・フェンネル

    などです。

    シナモンは香りが良く、肉の臭みを消したりするのにも

    使われますが、シナモントーストなどスイーツにも使われます。

     

    この季節には、レンジでチン、ですぐできる

    「さつまいもとりんご」のスイーツはいかがでしょう?

    レシピはこちら→さつまいもとりんごのレンジ煮

     

    「冷え」は万病のもとです。早めに治しましょう。

    食事やお茶、生活養生をしても、改善できない時は

    ご相談ください。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 肩こり対策 3・ストレス過多、気滞タイプ

    肩こりのタイプ

    1・痛みが強い、瘀血(血行不良)タイプ

    2・胃腸が弱い、痰湿タイプ

    3・ストレス過多、気滞タイプ

    4・急性期に多い、冷えタイプ

     

    今回は

    3・ストレス過多、気滞タイプ

    肩こり対策についてお伝えします。

     

    「気(エネルギー)」は「血」と一緒に体内をめぐり、

    血流をサポートしています。

    そのため、気の巡りが悪くなると、「血」の巡りも悪化して、

    肩こりや痛みを起こしてしまいます。

    気の巡りと関わりが深い、五臓の肝(かん)は

    ストレスを発散させ、気の巡りをコントロールする臓器です。

    そのため、過剰なストレスで、肝の機能が低下すると

    気の巡りも悪くなってしまいます。

    ストレスを感じやすい方は、筋肉も緊張しやすく、

    肩こりも起こしやすいです。

    リラックスとストレス発散を心がけ、

    気と血の巡りをスムーズに保ちましょう。

    ストレス過多で気滞タイプの方は

    ・肩こりの長期化・眼の疲労・生理前の肩こりがひどい

    ・生理不順 などが気になりませんか?

     

    香りでストレスを発散させ、肝を整える食材を摂りましょう。

    ・トマト・菊花・ミント・ジャスミン

    ・ハマナスの花・クコの実・ナツメ

    ・梅・そば などです。

     

    ばらのお茶(マイカイカ茶)は香りが良くて

    月経不順や頭痛の方にもおすすめです。

    ばらのお茶⇒オンラインショップ

    自分で気が付かなくても、

    ストレスが意外と痛みなどの原因になっています。

    食事やお茶、生活養生をしても、改善できない時は

    ご相談ください。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null