貧血 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 「中医学から見た、赤ちゃんが元気に育つ妊娠中の養生法:7ヶ月目」

    2019年8月16日 ,

    妊娠7ヶ月(24週から27週)、

    南北朝時代の「逐月養胎法」では、この時期に

    大声を出さない、大声で泣かない、薄着をしない、

    ふろに入らない、冷たいものを食べないよう注意しています。

     

    現代医学では、皮膚は「第二の脳」と言われ、

    肌に触れることは脳の発育に影響を与える。

     

    そのため、不要な刺激や寒さを受けないように、

    薄着を避けることや、

    風呂の温度を適温(熱すぎや、ぬるすぎたりしない)に

    することは大事です。

     

    皮膚と筋肉を養い、骨や歯を丈夫にするために、冷たいものの飲食を避け、

    米を食べ、適度な運動をするといいです。

     

    医師の許可がでているママはマタニティビクスやスイミング、ヨガなど、

    積極的に好きな運動をして、体重管理をしましょう。

    安定期に入り、これから赤ちゃんはぐんぐん大きくなります。

    血もどんどん必要になります。

    妊娠8ヶ月ごろは多くの女性が自分で作る血だけでは足りなくなり、「貧血」と診断されます。

     

    以前NHKテレビの特集で見た、たしか題名が「命の不思議」の番組で

    タレントのタモリさんが、子宮の中に籠に乗っているように座っている場面がありました。

    その妊娠8ヶ月の場面で、タモリさんが座っている子宮の天井がバッと開いて、

    血液がふりそそいでくる場面がありました。

    へその緒からでは血液が足りないからです。

     

    これからが「婦宝当帰膠」の出番です。

    貧血気味のかたは「アスリーブ」も一緒に飲むと、早く鉄分が補え、元気になります。

    毎日しっかり飲みましょう。女性は100歳まで飲むといいです。

    婦宝当帰膠は産後も失った血液を補い、母乳を作るのに役立ちます。

    アスリーブ 500ml 4800円(税別)

    婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

    ※この商品はオンライン販売しておりません。

     

    今すぐご注文、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 腸の潤い不足の便秘

    2019年3月9日 , , ,

    女性や高齢者に多い血虚タイプ。

     

    「血(けつ)」は体に潤いを与えるものです。

    生理後や出産後、授乳中、下痢、加齢、貧血気味で

    血が不足すると腸の潤いが減って便は乾燥し硬くなり、便秘になります。

     

    症状は肌や髪に艶がない、めまい、顔色が黄色い、若白髪。

    食べ物は体の中から血を補うものをしっかり取りましょう。

     

    血を補うものは

    黒胡麻、蜂蜜、いちじく、プルーン、キウイフルーツ、鶏スープなど。

     

    漢方薬は、女性を美しくする婦宝当帰膠。美味しいシロップタイプです♪

    潤腸湯も血を補い肝臓にも良いです。

     

    便秘で飲んでいた方が肝機能の数値がよくなり、

    医師がびっくりしたそうです

  • アレルギーを心配している授乳中のお母さんへ

    2018年11月17日 , ,

    アレルギーを心配している授乳中のお母さんへ。

    新鮮な野菜、果物、高蛋白、高カロリーのものをしっかり取りましょう。

    コーラ、コーヒー、酒、刺激のあるものはやめましょう。

    卵やエビ、牛乳、チョコなどは気を付けて。

    牛乳は一日200cc位まで。

     

    おっぱいをよくだすために。

    よく寝るとよく出ます。

    おっぱいは白い血液、血液は夜作られます。

    寝ないと貧血になると言われるくらいです。

     

    でも、夜の授乳で寝不足。辛いですね。

    昼間赤ちゃんが寝たら、すぐお母さんも寝ましょう。

    家事は後回し。掃除はしなくても死にません。

     

    おっぱいは99%水分です。

    おっぱいを出すと喉が渇きますよね。

     

    骨付き肉に野菜を入れたスープを3食とりましょう。

    鶏の手羽元、魚のあら、鶏のガラなど最高。

     

    アトピーのあるお母さんは肌が渇いてかゆくなります。

    暖かい飲みものを常に飲んで、しっかり保湿しましょう。

     

  • くよくよ、鬱っぽいのは、もしかして?

    くよくよしやすい人、鬱っぽくなりやすい人は、

     

    もしかしたら鉄欠乏性貧血ではありませんか?

    最近は「テケジョ」ともいわれています。

    女性は生理で毎月血が出て行くので、血が少なくなりやすいのです。

    鉄分を増やすと元気になります。

     

    ひじき、青のり、小松菜、ホウレンソウ、

    卵、アサリ、カツオ、赤みの肉、レバーなど。

     

    赤いところは鉄分が多いです。毎日取ることを心がけましょう。

     

    毎日取れなければ、ヘム鉄、サンザシ、プルーンが配合されたシロップがあり、とても好評です♪

    病院の鉄剤を飲んで胃がもたれる人には、胃腸に吸収しやすいヘム鉄がよいです。

     

    サンザシは肉の消化をよくし、プルーンの黒は鉄分ですし、便通もよくします。

    妊娠中の便秘にも喜ばれています。

     

    くよくよしやすい人は食欲もないので、

    飲みやすいシロップでおいしくて気が楽です。

    2,3カ月で元気になる方が多いです(^-^)

     

  • 貧血でうつ?

    2018年9月1日 ,

    「テケジョ」って知っていますか?

     

    川越市 の精神科医 奥平智之先生が出版された漫画

    「食べてうつぬけ・・鉄欠乏女子を救え」の「鉄欠乏女子」のことらしいです。

    鉄分が不足をすると、鬱っぽくなりやすいということです。

     

    女性は血液検査で「貧血 」といわれなくても

    生理で、毎月血が失われている、潜在性貧血です。

     

    「テケジョ」の人に「うつ傾向」が多い、ということです。

    そういわれて、気を付けてお客様の顔や唇を拝見していますと、

    昨日は、3人もテケジョの方が見つかりました。

     

    お一人は、顔色や唇が白く、艶がない60代の女性ですが、

    いつもクヨクヨしている、前向きに考えられない、めまいも時々する、ということでした。

     

    早速、おいしくて胃にもたれないヘム鉄と、サンザシ入りドリンクと、

    体質に合った漢方薬をお出ししました。

    以前、病院でも鉄剤が出たそうですが、胃にもたれて、やめてしまったそうです。

     

    しかし、このドリンクはリンゴの仲間のサンザシが入っていて、胃がすっきりします。

    鉄分も一日の必要量が入っているので、効き目も早いです。

     

    サンザシは赤ちゃんが大好きなことが多く、

    ウエマツ薬局では、赤ちゃんが泣くとサンザシを差し上げます。

    すると、すぐに手が出て泣き止むくらいおいしいのです。

     

    貧血気味で、クヨクヨしやすい方は、食事が何より大事です。

    毎食、タンパク質と野菜をしっかり取ることがポイントです。

    ご飯やパンはむしろ少なめに。

     

    しっかり食事をとると、甘いものが欲しくなくなります。

    鬱っぽい人は、甘いもの過剰の人が多いのです。

     

    甘いものを減らすと、鬱も減り、元気になります。

    甘いものが欲しくなると、私はドライフルーツのナツメを食べます。

    ナツメは鉄分と葉酸が多く、精神安定作用があります。

     

    食卓に置いておいて、食後につまむとチョコレートが欲しくなくなります。

    ちなみにナツメを一日3個食べると美人になります

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null