妊娠中 | 「中医学から見た、赤ちゃんが元気に育つ妊娠中の養生法:5ヶ月目」

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

子宝、妊娠、不妊、婦人病

  • 「中医学から見た、赤ちゃんが元気に育つ妊娠中の養生法:5ヶ月目」

    2019年8月8日

    妊娠5ヶ月(16週から19週)、安定期に入ります。

    お腹のふくらみが目立つようになってきます。

    赤ちゃんの四肢がすべて形成される時期で、五臓を形成するために、

    バランスの良い食事を摂る必要があります。

    米や麦、牛肉や羊肉、魚のスープなどがおすすめですが、

    食べ過ぎや少食に注意しましょう。辛いものは食べないようにしましょう。

    また、十分な睡眠と、体を冷やさないように心がけて下さいね。

     

    子宮底長やお腹の大きさには個人差があるので、特別な注意を受けない限り、

    外見のおなかが大きい、小さいと心配する必要はありません。

     

    赤ちゃんは、妊娠4ヶ月頃から、音を感じるようになっていますが、

    妊娠5ヶ月頃には、音を伝える内耳の蝸牛(かぎゅう)が完成します。

    脳の記憶装置である海馬(かいば)も発達します。

    この頃から、だんだん音の区別がつくようになり、

    よく聞くママの声を記憶するようになります。

     

    パパも話しかけてあげて下さいね。

    誕生後に、パパの声に反応してくれるでしょう。

    赤ちゃんの背骨もしっかりできてきます。

    骨を作るカルシウムは食事からしっかり取りましょう。

    食事から摂るカルシウムが少ないと、お母さんの骨から溶けて、赤ちゃんへ補うようになります。

    カルシウムの多い海藻、小魚、木綿豆腐、牛乳などから1日1000ミリ摂りましょう。

    ただし牛乳は摂りすぎると、アレルギーの元になります。

    1日150 ccまでとなっています。

     

    食事から摂れない場合は、海の牡蠣の殻の粉末を錠剤にした、

    ウチダ和漢薬 ウチダの新カイホーイオン化カルシウムをお勧めします。

    ウエマツ薬局オンラインショップ⇒

    ウチダの新カイホーイオン化カルシウム

     

    今すぐご注文、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

漢方薬膳サロン ウエマツ薬局
埼玉県川越市にあるウエマツ薬局は、埼玉県内からは勿論、日本全国から多くの方にご来局を頂いている薬局(サロン)です。
長年アトピーや不妊症に悩む方の漢方相談を行っています。
〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-8-7
TEL:049-245-6637 (ご相談は要予約です)
FAX:049-245-6158
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日・祝日
◆ウエマツ薬局について | ◆ご相談の流れ | ◆イベント・カルチャー




名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null