花粉症・風邪・蓄膿症・鼻茸 埼玉県 漢方 アトピー ウエマツ薬局 | アトピー 埼玉 漢方 不妊

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

花粉症・風邪・蓄膿症・鼻茸の体験談


最近の記事

  • 鼻茸らしい、小さい塊がポロポロと取れたら、息がスーッと楽になりました。

    福井県大井町 61歳 男性

     

    ☆今までの経緯とウエマツ薬局にいらしたきっかけ

    今まで病院に通院していても、期待するほどの効果はなく、ストレスになり、

    悩んでいましたが、とある雑誌に、当店の光子先生が重曹と塩をお湯で溶かしたもので

    鼻の中の洗浄を紹介していたので、藁をもすがる思いで漢方相談を申し込みました。

    ☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところ

    2~3日程すると今まで経験したことのない(良い意味で)違和感を感じました。

    少しずつですが鼻をかむと、かみきれる様になり、スッキリする様になりました。

    それと合わせ睡眠の方も寝つきが良くなり、朝もスッキリした気分で起きられる様になりました。

     

    ☆今の状況は

    漢方によって、以前と比べ物にならない位、鼻の通りは良くなったのですが、

    これ以上に良くならないかと相談しましたら、

    「ご飯の量を今より1割位少なくすると鼻の通りは良くなるはずです」

    とアドバイスを頂き、200gから、180gに減らした所、

    翌日から鼻の通りとお通じが良くなって驚いています。

    また、2~3週間前に鼻をかんでいると、以前から詰り気味だった左の鼻から、

    小さい塊が出てきて、その瞬間に鼻の通りが良くなり、これにはさすがにびっくりしました。

     

    ☆悩んでいる方にひとこと

    人によって効果の程は違うと思いますが、半信半疑でも信じて漢方を飲用すれば

    必ず良くなります。と同時に鼻の洗浄も合わせて行うとさらに効果はあると思います。

     

    ☆先生からのコメント

    鼻茸は、鼻や副鼻腔の壁(粘膜)が炎症によって腫れて垂れ下がり、

    キノコ状になったポリープです。

    慢性鼻炎、蓄膿症の方に多い傾向があります。

    鼻詰まりや息苦しさを伴い、手術を勧めらます。

     

    慢性鼻炎、蓄膿症は免疫力の不足で、治りにくくなっているので、食養生、生活養生が大事です。

    また鼻水が黄色いのは熱がこもっているので、「清熱」の漢方薬、

    鼻茸の塊は「瘀血(おけつ)」と「痰湿」なのでそれらを散らしてほぐし、

    小さくする漢方薬を用います。

     

    食べ過ぎや揚げ物、お酒、コーヒーは「熱」をこもらせますので、控えましょう。

    豆腐や野菜が中心の日本の伝統食はアレルギーをおさえ、免疫力を高めます。

     

    ウオーキングなど軽い運動を毎日続けて血流をよくすると「瘀血」の改善に役立ちます。

    この方は肥満気味で「痰湿」の体質なので、ご飯の量を1割減らしたら、

    スーッと鼻の通りがよくなったそうです。

     

    そして、2年程漢方を飲んでいたところ、驚いたことに

    鼻の中から白い小さな塊がポロポロ落ちてきて、その瞬間、

    鼻の通りが今までになく、良く通って息が楽になったと、興奮して伝えて下さいました。

     

    私も、また店のスタッフ一同もうれしくなり、喜び合いました。

     

    現代医学でこのような現象が起こることを、認めるかどうか分かりませんが、

    お客様からお聞きした通りのことをお伝えします。

    (あくまで個人の体験によります)

    国際中医師 薬剤師 植松光子

    (画像をクリックすると拡大します。)

  • 鼻茸がなくなり、抗生物質が不要になりました。

    住所:川崎市 40歳 女性

     

    ☆今までの経緯は?

    小さい頃から鼻はあまりよくなく、よく耳鼻科へは通っていました。

    ここ何年かは風邪をひいて鼻水が出だすとすぐに悪化、副鼻腔炎になり、

    病院で抗生物質を処方してもらうようになっていました。

    最後の一年は、2~3ヶ月毎に抗生物質を飲まなければ副鼻腔炎で

    顔や歯まで痛くなってしまい、耳鼻科では

    「鼻たけができている」と言われてしまいました。

    「鼻たけは手術をしても、またできてしまう」と言われ、

    この抗生物質ばかり飲んでいる状況もどうにかしたいと、

    副鼻腔炎について調べはじめました。

    ☆ウエマツ薬局にいらしたきっかけは?

    どうにかこの鼻たけを手術以外でよくする方法はないかと色々と調べるうちに

    ある本で植松先生の記事を見つけました。

    漢方を飲んでいくうちに鼻たけがなくなっていたという方のお話を読んで、

    早速連絡をさせていただきました。

     

    ☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところは?

    風邪もあまりひかなくなり、鼻水も出ることがなくなりました。

    毎日飲む漢方は”元気のお守り”のような感じです。

    のどに鼻水が落ちる、後鼻漏の症状も良くなってきています。

     

    ☆今の状況は?

    漢方を飲み始めて約一年半、一度も耳鼻科にはお世話になっていません!!

     

    ☆悩んでいる方へひとこと。

    副鼻腔炎で抗生物質ばかり飲んでいた頃、鼻たけができていると言われた時は

    不安で仕方ありませんでした。

    今は漢方のお陰で元気に過ごせています。

    自分に合う漢方を出して頂けたことに感謝です。

    すぐに結果は出なくても、信じて飲み続けてみるのが大事かもしれません。

     

    ☆先生からのコメント

    風邪をひくと鼻茸が大きくなる。子供から風邪をもらいやすい。

    少しの鼻水で頭が痛くなる。副鼻腔炎になりやすい。

    後鼻漏。花粉症がある。鼻茸は両方ある。

    鼻茸は手術をしてもまたできてしまう、と医師から言われている。

    こんな状態で来店されました。

     

    この他に、生理が早い、生理の量が少ない。

    以上の症状から免疫過剰で自分の体を攻撃して鼻茸ができていることがわかります。

    防衛力が弱く、血も足りません。

    「気」と「血」を増やし防衛力をまし、バランスをとる漢方薬を2年飲みました。

    後鼻漏と副鼻腔炎、頭痛はすっかり出なくなり、漢方薬を飲み始めてから

    一回も耳鼻科へは行かなくて済むようになりました。

     

    体の中の「気」や「血」、「水」の流れをよくしていくと、

    詰まったゴミ、後鼻漏や鼻茸などが消えていくのです。

    国際中医師 薬剤師 植松光子

    (クリックすると大きくなります。)

     

     

  • 鼻詰まりがひどく、息苦しくて夜眠れなかったのが改善しました。

    住所:川越市 年齢:33歳 女性

    *今までの経緯は?

    一年中鼻が詰まり、息ができない、鼻水が止まらない、

    などに悩まされ、夜も眠れませんでした。

    *ウエマツ薬局にいらしたきっかけは?

    耳鼻科で薬をもらっても効かず、市販薬は強すぎて使えず、

    漢方ならどうかと思い、来ました。

     

    *漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところは?

    息が出来るようになり、夜も眠れるようになりました!

    マスクをしなくても鼻づまりに悩まなくなりました。

     

    *今の状況は?

    マスクをしないと鼻水が出てしまうので、もう少し漢方を続けたいです。

     

    *悩んでいる方にひとこと。

    漢方は体に良い物ばかりなので、試してみよう!と思い立ったら吉日です!

     

    *先生からのコメント

    鼻づまりで息ができない原因には二つあります。

    一つは副鼻腔炎などで鼻水が黄色く、鼻水が詰まって息ができない場合

    もう一つはアレルギーで炎症があって腫れている場合です。

    このかたの場合は両方ありました。

    始めは一の症状をとる漢方薬で楽になったところで、次は血流をよくし、

    心肺機能を良くするものを飲んでいただきましたら、スーっと息が通ったそうです。

     

    見極めが難しいですが、あきらめず色々な方面から漢方薬を試してみてください。

    国際中医師 薬剤師 植松光子

    クリックすると大きくなります。

  • 鼻茸が消え、後鼻漏も改善しました。

    67歳 女性

    20年前からアレルギー性鼻炎となり、3年前に後鼻漏と診断されました。

    鼻の骨が彎曲しているそうです。手術をすすめられているそうです。

    鼻から粘っこい痰のようなものが下りてくる。鼻茸もあります。

    冷えがいつもあります。夜中もトイレに2回は起きるそうです。

    病院から出されている粉薬を飲んでいると少し良いそうです。

     

    <漢方薬を飲んだ後>

    漢方薬を飲んで3か月後、鼻茸は消えました。

    後鼻漏もすこしずつ良くなってこられたそうです。

     

    <先生からのコメント>

    病院から出されていた薬は、熱がこもって鼻がつまり、鼻水が黄色の人に用いるものでした。

    人間は複雑なので、熱もあれば冷えもあります。

    一種類の漢方薬だけでは効果が出ないことがあります。

    この方には少し温まる漢方薬と病院の薬を一緒に飲んでもらい、よくなりました。

    国際中医師 薬剤師 植松光子

  • 長い間の咳からの解放に向かって。

    住所:川越市 年齢:59歳 性別:男性

     

    *今までの経緯は?

    何年間も常に咳に悩まされていました。

    病院のお薬で一時的におさまることはありましたが、

    原因も分からず、解決できませんでした。

     

    *ウエマツ薬局にいらしたきっかけは?

    一時的に症状をおさえるのではなく、根本的な体質改善をしたいと思い、

    漢方という考えもあるのではないかと思い、ご相談に伺いました。

    ネットで検索し、私の両親も以前お世話になっていたので、

    こちらにお世話になろうと思いました。

     

    *漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところは?

    気が付いたら、咳がとてもおさまっていました。

    漢方薬は即効ではないかもしれないですが、

    薬の力でおさえるのではなく、自分の体の力で改善していけるんだ、

    という実感があるように思います。

     

    *今の状況は?

    症状は落ち着いてきて、とてもうれしく思っています。

    先生やスタッフの皆様と色々お話させていただき、

    食生活など生活全般を見直すこともできました。

     

    *悩んでいる方にひとこと。

    身体の不調や悩みはそれだけを治すだけでなく、

    自分自身の体や生活を考えていくことが大切だと思いました。

    そのきっかけを与えていただけたことに大変感謝しています。

    ありがとうございました。

     

    *先生からのコメント

    ひどい咳で、お聞きすると以前アスベストを扱っていたことがある、

    というので難しいなと思い、よくなるには時間がかかりますよ、とお伝えしました。

    舌の色は紫色。動くと息切れがして重いものを持つと動けなくなる。

    エキス剤を出しましたがあまり改善がすくない。

    そこで同じ処方ですが煎じ薬に変えましたら、だいぶよくなりました。

    2か月前の10分の1くらいになったそうです。

    体調がよくなったせいか太ってきました。

    咳は西洋医学の薬でも治りにくいことがあります。

    そんな時は体質によくあった漢方薬にするのも良い方法です。

    国際中医師 薬剤師 植松 光子

    ※掲載許可いただいています。

    クリックすると拡大します。

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日、日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null