体内時計 子午流注 時間医学 睡眠時間子午流注で健康的な生活 | 埼玉県のウエマツ薬局

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

ブログ

  • 子午流注で健康的な生活

    こんにちは。

    ウエマツ薬局薬剤師 熊澤和恵です。

    入局して3カ月、あっという間に紫陽花が咲く季節になりました。

    日々、調剤や光子先生の隣でご相談に同席し、色々なことを学んでいます。

    この3カ月で、新河岸駅から薬局まで歩いていることもあり、

    1日の歩数が五千歩以下から一万歩以上になりました。

    また、漢方の体内時計「子午流注(しごるちゅう)」を知り、就寝時間が

    24時過ぎから23時前にと健康的な生活に変わりました。

     

    今回は、早く寝るきっかけとなった「子午流注」の中で睡眠に関係が深い、

    子時(23時~1時)と丑時(午前1時~3時)をご紹介したいと思います。

     

    「子午流注」とは、中国最古の医学書「黄帝内経」に記載されている

    1日24時間の臓腑気血の運行リズムを表したものです。

    「子午」は「時刻」の意味で、1日24時間を12等分し、十二支に対応させ、

    「流注」は人体の十二臓腑の気血運行の流れを意味し、

    2時間毎に活発に働く臓器が当てはめられています。

    「子午流注」は、中医の時間医学として注目され、現代人の睡眠養生法、

    病気の発症時間、薬を飲む時間、身体の変化などについて研究、活用されているようです。

     

    最初に、子時(23時~1時)は、胆の時間です。

    胆は消化に直接関わる胆汁を生成、貯蔵、排泄していて、

    子の刻は胆汁の新陳代謝が最もさかんになる時間帯です。

    この時間に就寝しないと、胆汁の代謝がきちんと行われず、

    口が苦く、のどが渇き、顔色が悪く、目袋(目の下のたるみ)が黒くなると言われています。

     

    次に、丑時(午前1時~3時)は、肝の時間です。

    肝はこの時間帯で蔵血、造血、解毒に専念し、生命エネルギーで血を温め、

    新鮮な血が生産されます。

    この時間に起きて活動していると、血は肝に帰ることができず、

    ずっと諸経をめぐることになり、新鮮な血が生み出されず、

    全身の筋が硬くなり、身体がだるく感じます。

    また、身体が酸化し、シミなどが現れやすくなります。

    この時間帯に熟睡できないと、思考力の低下や、怒りやすくなる、

    憂鬱になるなどの症状がでてくると言われています。

     

    「子午流注」については、ウエマツ薬局ブログ(子午流注)でご紹介しています。

     

    子時(23時~1時)と丑時(午前1時~3時)以外についても記載していますので、

    気になる時間帯、臓器があれば、子午流注を意識して過ごしてみてはいかがでしょうか?

漢方薬膳サロン ウエマツ薬局
埼玉県川越市にあるウエマツ薬局は、埼玉県内からは勿論、日本全国から多くの方にご来局を頂いている薬局(サロン)です。
長年アトピーや不妊症に悩む方の漢方相談を行っています。
〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-8-7
TEL:049-245-6637 (ご相談は要予約です)
FAX:049-245-6158
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日・日曜日・祝日
◆ウエマツ薬局について | ◆ご相談の流れ | ◆イベント・カルチャー




名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日、日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null