国際中医学院 国際中医師 脈診 舌診 | 日本漢方と中医学、どう違うの?

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

お知らせ

  • 日本漢方と中医学、どう違うの?

    日本漢方と中医学、どう違うの?

     

    元は同じですが、中医学は理論がしっかりあります。

    高校を出て中医薬大学に入り勉強すれば、だれでも理解できます。

     

    しかし日本漢方は、江戸時代に理論が難しいと言って省いてしまいました。

    その結果、カンで処方を選ぶようになり、

    当たればものすごく効きますが、はずれると全く効かなくなりました。

     

    植松は20年間日本漢方を勉強しましたが、

    よくわからず(頭も悪いので)効き目もよくなく、苦しい日々でした。

     

    そして世界で初めて海外にできた中医学の教育機関、

    日本中医学院に入り、3年間の勉強で、するするっと理解できました。

    それからは効き目もよくなり、仕事が楽しくなってきました♪

     

    日本中医学院はユニークな人が多く、バイタリテイのある人の集まりです(^▽^)

    ここで3年間中医中薬、または薬膳なら1年間勉強すれば基礎ができます。

     

    中医学を勉強できるところは日本では唯一ここ、日本中医学院だけです。

     

    通信教育は他でやっていますが、

    中医学は、直接教授と向かい合って学ぶ舌診や脉診があります。

    通信教育では理解が難しいようです。

     

     

    テレビや各業界で活躍している人も多く、国際中医師試験の受験資格がとれます。

    国際中医師とはカナダ、アメリカ、中国などでは正式に医師として活躍できる国際資格です。

     

    ただし日本では、日本の医学部を卒業していないと医師免許はとれないのが、残念です。

    でも国際中医師資格は誰でもとれるものではないので尊敬されます。

     

    東日本大震災の時、医師が足りなくなり、中国から中医師を招いて医師として働いてもらおう、

    という話も出たそうです。

     

    植松光子は日本女性として初めてその資格をとりました。

    当時は過去物がなかったので、受験勉強は2年やって苦労しました。最近は楽そうです。

     

    中医学を学ぶと人生が変わります。

    宇宙と人間の関係がわかり、養生法がわかるので、予防ができ、

    家族や自分も健康になり、人生が変わります。

     

    ぜひ日本中医学院で学んでみませんか?

     

    日本中医学院https://www.jbucm.com/

     

漢方薬膳サロン ウエマツ薬局
埼玉県川越市にあるウエマツ薬局は、埼玉県内からは勿論、日本全国から多くの方にご来局を頂いている薬局(サロン)です。
長年アトピーや不妊症に悩む方の漢方相談を行っています。
〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-8-7
TEL:049-245-6637 (ご相談は要予約です)
FAX:049-245-6158
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日・日曜日・祝日
◆ウエマツ薬局について | ◆ご相談の流れ | ◆イベント・カルチャー




名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日、日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null