埼玉県 漢方 アトピー ウエマツ薬局 | アトピー 埼玉 漢方 不妊

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

口コミ体験談

最近の記事


  • 漢方でアトピーが体内から改善し、綺麗になりました。

    千葉県柏市 34歳 男性

     

    ☆今までの経緯は?

    19歳でアトピーが悪化し、漢方で治まっていたが、

    28歳時に再発し、漢方治療を再開した。

     

    ☆ウエマツ薬局にいらしたきっかけは?

    「東洋医学の名医103人」という本を読んで、植松先生が紹介されていた。

    自宅から比較的近いウエマツ薬局を訪ねた。

     

    ☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところは?

    漢方は徐々に効いてくる。最初は効いてるかどうか分からず不安になるが、

    半年以降を境に効いてくる。赤みや痒み、乾燥などに良く効く。

     

    ☆今の状況は?

    落ち着いているが、アトピーは食生活の乱れや睡眠不足、

    過度な仕事のストレスで再発するので気を付けたい。

     

    ☆悩んでいる方にひとこと

    私はステロイドを塗らずに東洋医学(漢方)を取り入れることで良くなりましたので、

    辛いときでも希望を信じて一歩一歩進んでいきましょう。私も頑張ります。

     

    ☆先生からのコメント

    この方はストレスがきっかけで、アトピーが悪化し、入院していました。

    退院して来店された時は、赤い丘疹が胸や背中にびっしりとあり、

    眠れず、悪夢をみるということでした。

    入院中は出ていた便も退院後、一人暮らしを始めてから出にくくなってきました。

    赤みを改善し睡眠をよくする漢方薬を飲んでいただき、食事指導と

    眠くなくても早めに布団にはいることなどをお話ししました。

     

    症状がよくなったかと思うとすぐ赤くなります。

    悪化したきっかけは何かを話し合いながら原因を探し、自分で気づくよう指導し、

    何回かの波を乗り越え、今はすっかり良くなり、この喜びの声を書いてくださいました。

    体内から改善すると全身の肌がきれいになり、体も健康になることが私の喜びです。

    国際中医師 薬剤師 植松光子

    クリックすると拡大します

  • 反復流産を乗り越え、もうすぐ出産です。

    鶴ヶ島市 27歳 女性

     

    ☆今までの経緯とウエマツ薬局にいらしたきっかけ

    流産を2回繰り返し、不育症検査を受けましたが原因不明で悩んでいたところ、

    友人に紹介してもらい、ウエマツ薬局さんに伺いました。

     

    ☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところ

    とにかく体調が良くなりました。物心ついた時から、

    舌のギザギザが気になっていましたが、それも改善されました。

    また、イライラしやすい所もかなりマシになりました。

     

    過去2回の妊娠は、3周期目と5周期目でしたが、漢方を始めた今回の妊娠は2周期目と

    妊娠するまでの時間がかからなかったのも、漢方のおかげかなと感じています。

     

    ☆今の状況は

    現在妊娠9か月で、来月に出産を控えています。

    妊娠前からずっと継続して漢方を飲んでいますが、

    「赤ちゃんのためにできる事をやっている」という安心感があります。

    出産まで継続するつもりです。

     

    ☆悩んでいる方にひとこと

    不育症検査で原因不明となると、対策が出来ないため、次の妊娠時に

    不安な時間を過ごすことになると思いますが、

    漢方はその不安を少しでも取り除く、一つの方法として有効だと思います。

    不育症に漢方が効果ありという論文もありますし、試してみる価値はあると思います。

     

    ☆先生からのコメント

    原因不明の反復流産でしたが、体調を整え基礎体温が安定し、元気な赤ちゃんが生まれたと、

    お知らせを頂きました。店中、皆大喜びでした。

    反復流産には原因不明のものがあります。

    原因の一つとして考えられているものに「免疫性流産」があります。

    受精卵は自分の卵子と相手の精子が結合してできます。

    本来は女性の体は精子に対して免疫反応が行われません。

    しかし花粉症の人が花粉を敵だ!と認識してくしゃみを出して

    追い出そうとする同じ原理で、何らかの原因で、精子を「敵だ!」

    と追い出そうとすると、不妊や流産になってしまいます。

     

    その原因の一つには、現代社会のストレス過多で、

    体が敏感になりすぎていることも考えられます。

    中医学では免疫過剰を正常にする漢方薬を用います。

    また、予防としては「夫婦のワクチン」を毎週2回以上するとよいです。

     

    「えっ?夫婦のワクチン?」

    「夫婦のワクチン」とはコロナウイルスのワクチンと同じ考えで、

    夫婦生活で夫の精液が毎回少しずつ女性の体内に入ることで、免疫ができ、

    流産や不妊を回避できることです。

    そのためにはたまにではなく、週2回以上がよい、と言われています。

     

    そのためには男性ががんばってくださいね。

    妊娠は夫婦でするものです。

    国際中医師 薬剤師 植松光子

    (クリックすると拡大します)

  • 不眠と舌のヒリヒリ感が改善。焦らずゆっくり深呼吸!

    和光市 62歳 女性

     

    ☆今までの経緯は?

    50代後半を過ぎた頃から体の変化に悩んでいました。

    いくつかのお医者さんを受診し、検査を受けたり、投薬を受けたりする中、

    婦人科で漢方を処方されたことをきっかけに、漢方に興味をもちました。

    何人かの薬剤師さんにお話しを聞いたり、購入もしたりしましたが、

    副作用のことなど……やはり不安もあり、続きませんでした。

    お話を聞いて下さった方々には、今でも感謝しています。

     

    ☆ウエマツ薬局にいらしたきっかけは?

    どこか他にも漢方のお話と、自分の体のことを聞いていただけるところは?

    と探していたところ、ウエマツ薬局さんのホームページに出会いました。

     

    ☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところは?

    不眠と舌のヒリヒリ感、胃の不調などが数年気になっていました。

    お薬をいただいてから1ヶ月位するうちに不眠が少しずつ改善され、

    舌のヒリヒリ感は気にならなくなりました。

    気持ちも安定したように思います。ありがとうございます。

     

    ☆今の状況は?

    胃の不調はまだ気になる日も多く、焦ってもいけないと冷静に受け止めるよう心がけています。

     

    ☆悩んでいる方へひとこと。

    とにかくまず一歩踏み出してご相談してみて下さい。

    何か光が見えるかもしれません。

     

    ☆先生からのコメント

    この方の舌は中心に大きな割れ目があり、これは乾燥体質を表します。

    シェーグレン症候群の一歩手前と診断されていました。

    膣の乾燥があり、口が渇き、便秘がちで夜も目が覚めやすく、いやな夢を見ます。

    お父さんの介護を6年続けています。

     

    中医学から見ると年齢からくる体の弱り=腎虚(じんきょ)といいます。

    そして心の弱りです。

    心と腎の弱りで体に栄養が保てないので、乾燥し、舌がヒリヒリして睡眠の質も悪くなったのです。

    心と腎を潤す漢方薬を2ヶ月飲んで、この「喜びの声」を書いて下さいました。

    中医学では必ず舌をみます。

    舌を見ると体質がすぐわかります。

    あなたも毎朝ご自分の舌をみて健康チェックをしてみて下さい。

    「ベロメーター」といいます。(笑)

    気になることがありましたらいつでもご相談下さい。

    国際中医師 薬剤師 植松光子

    (クリックすると拡大します)

  • 全身の肌の乾燥が改善

    川越市 22歳 男性

    ☆今までの経緯とウエマツにいらしたきっかけ

    小さい頃から肌は弱かったですが、

    高校生になる頃には気にならないくらい良くなっていました。

    しかし大学4年の4月、肌の乾燥がひどくなってきました。

     

    ☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところ

    起きた時の全身の乾燥感が無くなりました。

     

    ☆今の状況は

    ひどい時は鏡を見るのが怖いと感じる事もありましたが、

    今は無くなりました。

     

    ☆悩んでいる方にひとこと

    漢方薬だけでなく、食事や体の洗い方など、生活全体へのアドバイスをもらえます。

     

    ☆先生からのコメント

    小さい頃から肌が弱かったのですが、大学4年の4月に悪化。

    多分勉強のストレスが関係しているのでしょう。

    よく受験の時に悪化する人は多くいます。

    アトピーは不思議な病気です。

    虫に刺されてもストレスでは悪化しないのに。

    赤みやかゆみによい漢方薬を飲み、ステロイドもやめられたので、

    今度はストレスに強くなる漢方薬で体質改善を図っています。

    漢方薬で大事なことは再発防止をすることです。

    国際中医師 薬剤師 植松光子

    クリックすると拡大します。

     

  • 鼻茸らしい、小さい塊がポロポロと取れたら、息がスーッと楽になりました。

    福井県大井町 61歳 男性

     

    ☆今までの経緯とウエマツ薬局にいらしたきっかけ

    今まで病院に通院していても、期待するほどの効果はなく、ストレスになり、

    悩んでいましたが、とある雑誌に、当店の光子先生が重曹と塩をお湯で溶かしたもので

    鼻の中の洗浄を紹介していたので、藁をもすがる思いで漢方相談を申し込みました。

    ☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところ

    2~3日程すると今まで経験したことのない(良い意味で)違和感を感じました。

    少しずつですが鼻をかむと、かみきれる様になり、スッキリする様になりました。

    それと合わせ睡眠の方も寝つきが良くなり、朝もスッキリした気分で起きられる様になりました。

     

    ☆今の状況は

    漢方によって、以前と比べ物にならない位、鼻の通りは良くなったのですが、

    これ以上に良くならないかと相談しましたら、

    「ご飯の量を今より1割位少なくすると鼻の通りは良くなるはずです」

    とアドバイスを頂き、200gから、180gに減らした所、

    翌日から鼻の通りとお通じが良くなって驚いています。

    また、2~3週間前に鼻をかんでいると、以前から詰り気味だった左の鼻から、

    小さい塊が出てきて、その瞬間に鼻の通りが良くなり、これにはさすがにびっくりしました。

     

    ☆悩んでいる方にひとこと

    人によって効果の程は違うと思いますが、半信半疑でも信じて漢方を飲用すれば

    必ず良くなります。と同時に鼻の洗浄も合わせて行うとさらに効果はあると思います。

     

    ☆先生からのコメント

    鼻茸は、鼻や副鼻腔の壁(粘膜)が炎症によって腫れて垂れ下がり、

    キノコ状になったポリープです。

    慢性鼻炎、蓄膿症の方に多い傾向があります。

    鼻詰まりや息苦しさを伴い、手術を勧めらます。

     

    慢性鼻炎、蓄膿症は免疫力の不足で、治りにくくなっているので、食養生、生活養生が大事です。

    また鼻水が黄色いのは熱がこもっているので、「清熱」の漢方薬、

    鼻茸の塊は「瘀血(おけつ)」と「痰湿」なのでそれらを散らしてほぐし、

    小さくする漢方薬を用います。

     

    食べ過ぎや揚げ物、お酒、コーヒーは「熱」をこもらせますので、控えましょう。

    豆腐や野菜が中心の日本の伝統食はアレルギーをおさえ、免疫力を高めます。

     

    ウオーキングなど軽い運動を毎日続けて血流をよくすると「瘀血」の改善に役立ちます。

    この方は肥満気味で「痰湿」の体質なので、ご飯の量を1割減らしたら、

    スーッと鼻の通りがよくなったそうです。

     

    そして、2年程漢方を飲んでいたところ、驚いたことに

    鼻の中から白い小さな塊がポロポロ落ちてきて、その瞬間、

    鼻の通りが今までになく、良く通って息が楽になったと、興奮して伝えて下さいました。

     

    私も、また店のスタッフ一同もうれしくなり、喜び合いました。

     

    現代医学でこのような現象が起こることを、認めるかどうか分かりませんが、

    お客様からお聞きした通りのことをお伝えします。

    (あくまで個人の体験によります)

    国際中医師 薬剤師 植松光子

    (画像をクリックすると拡大します。)

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日、日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null