受験勉強ある若い女性薬剤師の物語・1 | 埼玉県のウエマツ薬局

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

ある若い女性薬剤師の物語

  • ある若い女性薬剤師の物語・1

    2014年2月4日

    これは彗星のように輝やきながら飛び去った彼女の人生の軌跡をたどる物語です。

    物語はある電話から始まります。

    その1 大学受験から薬学生、モデル時代

     

     

     

     

    「大変です!Mが薬学部の推薦決定の試験を受けてないことがわかりました!!」

    という、高校の担当の教師からの電話が鳴り響きました。

     

    聞くとトップで薬学部推薦になっていたが、最後の小試験を受けていない、と言うのです。

    理由を聞くと「自分の実力を試したかったから」

     

    それからが大変です。

    すでに各大学の入学試験は始まっていました。

    日にちのあう薬学部に片端から願書を出し、受験開始です。

     

    北海道から九州まで9つの薬学部に願書をだし、毎日受験です。

    飛行機で日本全国を飛びまわらなければならないか、と覚悟をしましたら

    遠隔地の大学は東京に受験場を設けてあったので助かりました。

    推薦をけった大学もまた受験し、面接で「ぜひ合格させてください」と言ったそうです。

    家族はそれを聞いて笑ってしまいました。

    しかし不合格。やはり実力相当だったのです。

     

    そして「桜散る」の電報が毎日届き、それを見てまた受験に向かう、

    そんな日が続いたある日「補欠合格」の電報が届き、

    夜中の2時ころ相変わらず飲んで帰館した父親が

    「みんな起きろー!!合格したあー」と大騒ぎ。

     

    そして遠い仙台の薬学部に入学。

    薬学部の入学金、授業料は高く生活費と合わせて仕送りをしましたが、

    十分な額は送れません。

     

     

     

     

     

     

    (写真 三井物産カレンダーモデル)

    生活費の足しにとアルバイトにモデルを始めました。

    4歳から高校三年生までクラシックバレーを習い、

    合わせて新体操もやっていたおかげか姿勢がよいのでだいぶ人気が出たようです。

     

    三越デパートのチラシの洋服のモデル、銘菓「萩の月」のテレビ、コマーシャル、

    三井物産の大型カレンダー、水着のポスターなど親に黙ってやっていて

    卒業したらベッドの下からそれらがいっぱい出てきました。

    仙台名物の七夕祭りの女王にもなりました。

     

    学校でも有名になり、

    卒業式の学長を囲んでの写真はふつう学長が真ん中に立つのですが、

    なんとMが真ん中に立ち、学長がMに寄り添うように立っていました。

     

    友達をとても大事にし、あるとき電話がかかってきました。

    「おかあさん、おかゆの作り方教えて」

    聞くと友達が風邪をひいて熱をだしたので、

    友達のアパートにいておかゆを作ってやりたい、と言うのです。

     

    「うちでもつくったことなんかないのにどうして作ってあげたいとおもったの?」と聞きましたら

    「仙台ではお母さんがいないから、お友達を大切にしないと」という返事でした。

     

    生涯友人や家族をとても大事にする人でした。

    しかし成績は360人中300番になり、

    4年生になり卒業試験、国家試験も間近になりました。

     

    それから猛勉強を始め60番になりましたが、卒業試験は落ちてしまいました。また猛勉強。

    国家試験の直前の再試の卒業試験にやっと受かり、

    勢いで難関の薬剤師国家試験は一回で合格しました。

     

    担任の先生は

    「卒業試験が落ちてよかった。受かっていたらMのことだから

    きっと遊んでしまって国家試験は落ちていただろう」と笑いながらおっしゃいました。

     

    実は高校受験の時も大騒ぎだったのです。

    この人は人生で受けなくてもよい試験を人の何倍も受けました。

    亡くなるときも受験勉強の直前でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

    次回は「その2 日大板橋病院救命救急センター時代・・笑い声で採用される」です。

     

漢方薬膳サロン ウエマツ薬局
埼玉県川越市にあるウエマツ薬局は、埼玉県内からは勿論、日本全国から多くの方にご来局を頂いている薬局(サロン)です。
長年アトピーや不妊症に悩む方の漢方相談を行っています。
〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-8-7
TEL:049-245-6637 (ご相談は要予約です)
FAX:049-245-6158
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日・日曜日・祝日
◆ウエマツ薬局について | ◆ご相談の流れ | ◆イベント・カルチャー




名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日、日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null