胃腸、便秘 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

胃腸、便秘

  • 体質と症状、原因などであなたに合った漢方で健やかに。

    2022年1月12日 , ,

    年が明け、今週から新学期が始まった学生さんも多いですね。

    我が家の息子も久しぶりの学校で、

    「疲れた~(;´Д`)」と夕食前にぐっすり眠っていました。

    受験生はいよいよ追い込みの時期ですね。

    働いている方も、年明けで忙しい、というかたもいらっしゃるかと思います。

    ストレスは、胃痛・下痢・便秘・不眠・情緒不安定など様々な不調を招きます。

    お腹の張りや、ゲップの原因にもなるんですよ。

     

    私は以前、ゲップが止まらなく、気持ちの悪い時に

    ストレスの漢方薬を出されたことがあります。

    ゲップがひどいので、胃腸の不調かと思いましたが、

    ストレスが原因だったようで、その漢方薬を飲むと、

    すっきりして、ゲップが治まり、とても驚きました。

     

    漢方薬は、症状だけをみるのではなく、何が原因で、どんな不調が

    出ているのか考えお薬を出すので、症状が同じでも、人によって薬が違ってきます。

     

    これを「同病異治(どうびょういち)」といいます。

    一人一人の体質と症状、原因などによって、お薬が決まります。

    原因が同じでも、体質や生活習慣などで、不調も様々です。

     

    これまでも、休みの度に研修に参加したり、今はオンラインで研修を受けたりしています。

    皆さんが健やかに毎日を過ごせるよう、今年もお役に立てれば幸いです。

    スタッフ堤

  • 便秘には食物繊維?

    2021年11月10日 ,

    今日はごぼうのきんぴらを作りました。

    ごぼうには、きんぴらなどの野菜そのものの役もありますが、

    魚や肉類など動物性食材の臭み消しの働きもあります。

    代表はドジョウの柳川。泥臭いドジョウがごぼうのおかげで美味しくなりました♪

     

    ごぼうを水にさらしてアク抜きをする記述を見かけますが、香りも味も損なってしまいます。

    皮には香りと甘みがあるので、包丁の背などでこそげすぎはダメです。

    軽くたわしでこするくらいでOKです(^▽^)/

     

    今日のごぼうのきんぴらには人参と糸こんにゃくも入れて作りました。

    ごぼうは、便秘の解消、整腸、動脈硬化やガンの予防などに効果があります。

    こんにゃくには腸をきれいにする。老廃物を外に運ぶ作用がある、といった効能があります。

    食物繊維が不足して便秘になっている方にはおすすめレシピですね。

     

    しかし、便秘で悩んでいるから、食物繊維を摂ろう、という考え方には、注意が必要です。

    消化する力が落ちていて、便秘になっている場合は逆に胃腸の負担になってしまうこともあります。

    他にも、冷えや潤い不足、ストレスが便秘の原因になっている場合もあります。

     

    中医学には、「同病異治(どうびょういじ)」という言葉があります。

    病気が同じでも体質などで治療法が違う、といった意味です。

     

    当店は中医学の考えを基に、症状が起こった時の状況、原因と思われること、

    その後の経過、食欲、便通、睡眠などを聞きながら、舌の色や形、

    皮膚の様子を丁寧に見て、一人一人に合った薬をお出しします。

    気になる症状がある方は、ぜひご相談にいらして下さいね。

     

    便秘改善の喜びの声はこちら

    血便、便秘、軟便の繰り返しが改善

    月経前の便秘がうそのように治りました。

  • 体の除湿剤

    いよいよ梅雨入りですね。

    湿度が多いと、体の中に水分が停滞して、だるくなります。

    そんな時は香りがよくて体を温める紫蘇や生姜を多めに取ってください。

    芳香化湿といって、香りの良いものは体の除湿剤です。

    シソと生姜の入った漢方処方にカッコウショウキサンと言うものがあります。

    効能は「暑さによる食欲不振、倦怠、下痢、夏風邪」などです。

    だるいなと思ったら、すぐに飲みましょう。

    紫蘇の爽やかな味で飲みやすいです。

    梅雨時は常備してると、一家の健康づくりに役立ちますよ。

     

  • 免疫細胞を増やしてがん予防

    2020年10月29日 , ,

    毎日、がん細胞が2000個できているといいます。

    そのがん細胞をやっつけ、増やさない為に、

    がん予防その一

    「快食快眠快便」

     

    早く寝て、緑黄色野菜を1日120g以上とる。

    すっきりとバナナ状の便が出るようになると

    免疫細胞が増えて悪い細胞をやっつけてくれます。

     

    腸には免疫細胞が80%以上いるといいます。

    その免疫細胞を増やしましょう。

  • 子供の便秘

    たかが便秘、されど便秘

    子供にとっても、大人にとっても便秘は

    大事な健康のバロメーターです。

    乳児の頃はおっぱいを飲むたび、出ていた便も

    次第に落ち着き、一日数回になってきます。

     

    しかし6ヶ月頃、トイレ研究所のアンケートによると、

    排便が3日に一回が35%。

    これを含め3~7日に1回が計47%という

    驚くべき数字になっています。

    下痢は気になっても、2日位出なくても気にならない。

    そのうち便秘がひどくなり、肛門の入り口に便が硬く溜まって、

    排便時痛みを伴い、切れて出血するようになってしまいます。

    そうなると、お子さんも反射的に肛門を締めてしまい、

    ますます便秘がひどくなります。

     

    どうして便秘がよくないのでしょう。

    腸に貯まった便から出た汁は肝臓に行って全身に回ります。

    腸には免疫細胞が多くいますが、大腸菌が増えると、

    免疫細胞が減って風邪を引きやすくなり、病気も治りにくくなります。

    もちろん食欲が減り、痩せて、血も作られないので、

    血色も悪くなり、冷えてきます。

    動きも鈍くなり子供らしさは失われてしまいます。

     

    以前のことです。

    6ヶ月くらいの赤ちゃんが、便が1週間も出ない、

    と相談に見えたお母さんがいます。

     

    お母さんは、よく太って血色もいいのに、赤ちゃんは瘦せて顔色も悪く、

    目の下に隈が出来ているので、びっくりしました。

    赤ちゃんが飲める漢方生薬の消化酵素を飲んでいただくことにしました。

    しばらくしたら、お母さんが、にこにこしながら来店されました。

     

    赤ちゃんを見ると、以前とはウソのように色白でふっくらと太り、

    かわいい赤ちゃんらしさが戻ってきていました。

    植松もとってもうれしく思いました。

     

    便秘症の定義は、「3日に1回」とテレビではお医者さんが言っています。

    便秘症は病気です。

    病気にならない軽い「便秘」のうちに治せば、早く治ります。

    体を動かすと腸も動きます。

    ワハハと良く笑うと横隔膜が動き、胃と腸が動きます。

    よく笑い、よく外で遊ぶ健康な生活をしましょう。

    ・・・・・・*・・・・・*・・・・・・

    今すぐご注文、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null