埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 利尿作用とダイエットに。

    西瓜のカロリーは

    アイスクリームの何と、15分の1 !!

     

    西瓜は漢方薬の白虎湯に匹敵すると言われます。

     

    白い虎とは鉱物の石膏のことです。

     

    石膏は冷たくて、カルシウムも多いので、

    熱をとり、潤してアトピーや太陽で赤くなる人によいです。

     

     

    漢方薬を飲みながら西瓜を取ると早く綺麗になります。

     

    利尿作用でダイエットと涼しくする作用は抜群

     

  • 疲れ、美肌におすすめ、オイスター

    2017年7月28日 , ,

    今、亜鉛不足が問題になっているのをごぞんじですか?

    国では、亜鉛を医薬品で出すよう、開発も考えています。

     

    亜鉛が不足すると、

    「皮膚炎、 味覚障害、 発育障害、

    男性不妊、 食欲低下、 下痢、

    骨粗鬆症の原因になるほか、 細菌に感染しやすくなる」

    と、朝日新聞で報道されました。

     

    成人男子で、1日10mg必要です。

    ところが、日常摂れる食べ物では、

     

    米茶碗一杯で0.9g、 鶏レバー生70gに2.3g、

    ホタテ3個で1.5g、 木綿豆腐半丁に0.9g、 納豆1パックに0.8g、

    などに含まれているくらいですので、摂取量が不足しています。

     

    ところが、牡蠣にはなんと、5個で7.9mg入っています。

    優秀研究として受賞した、ワタナベオイスターには

    1粒あたり、5~6個の牡蠣が含まれています。

     

    飲んだ方には、

    力が湧いてくる、疲れなくなった、

     肌がきれいになった。良く眠れる。

    と喜ばれています(^▽^)/

  • 中医学は面白い。勉強してみませんか?

    季節の生活養生や食養生は、中医学の養生法の本に書いてあることが、

    今に伝わっているものが多くあります。

    夏は早く寝て、早く起きる。冬は早く寝て、遅く起きる。

    冷えが生理痛の原因だとか、

     

    ストレスがたまると胸が張ってきて、しこりが出来、

    乳がんの遠因になるとか、

    なんと、2000年前の中国の養生書に載っています。

     

    病気も季節と関係があるので、

    季節と症状に合わせて漢方薬を選びます。

     

    漢方と中医学は少し違います。

    漢方は2000年前、寒い時代にできた傷寒論という本に載っている処方が中心です。

     

    寒い時代ですので、風邪を治す処方が主ですが、中医学はその後さらに発展し、地球温暖化や

    ストレス社会のアレルギーや、温熱病を治す現代病の処方がメインになっています。

     

    その中医学を、きちんと系統的に学びたいと、

    私は東京本郷にある、北京中医薬大学日本校に入学しました。

     

    そして、人生が変わりました。

    本場中国の、北京中医薬大学の元教授たちの授業を3年間受けて、中医学が良く理解できました。

    中医学は、宇宙と人間の関係を見ながら、病気の予防と体質改善をする素晴らしい医学です。

     

    一緒に勉強した仲間たちは老若男女色々ですが、どの人も

    「人生でこんなに勉強が面白いと思ったことはない。」と目を輝かせておっしゃっています。

     

    中医学コースは1年から3年コースがあり、毎月2回土日曜日です。薬膳コースは1年間です。

    詳しくはこちら → 北京中医薬大学日本校

     

  • 夏のデトックス中医美容

    この時期は湿気が多く、熱がこもりやすくなります。

    よって、

    赤い顔、肌荒れ、毛穴の開き、化粧ののりが悪い、

    オイリー肌が目立つ、吹き出物

    などの症状が起きやすいのです。

     

     

    その他に、汗のかきやすい部位は痒くなり、臭いも気になります。

    また、アトピー性皮膚炎など皮膚病は悪化しやすくなります。

     

    原因として肌にある常在菌が繁殖しやすく、特にカビと関係があると、

    中医美容皮膚科の臨床論文が多数発表されています。

     

    毎日新聞2013年6月6日に配信された記事によりますと、

     

    『人間の汗に含まれる物質を分析したところ、

    カビの一種の「マラセチアグロボーザ」が作り出すたんぱく質が

    炎症に関わっていたことが分かった。

    そのタンパク質が汗に溶け込んで体内に入ることでアレルギーを起こす。』

     

    と、広島大学大学院皮膚科の秀道広教授らの研究グループの成果が発表されました。

     

    長年の中国皮膚科臨床経験を踏まえ、カビに有効な生薬を配合した、

    瑞花露(すいかろ)入浴液、瑞花露スキンケアスプレーを用いて、

    カビや雑菌から肌を守り、美肌作りにデトックス中医美容を実践しましょう。

     

    *洗うデトックス中医美容

    顔や頭皮、全身の毛穴、汗孔を瑞花露ソープで洗い、

    美肌を守ります。

    悪化した急性炎症や、慢性炎症の皮膚のデトックスにも最適。

    その後、瑞花露ローションで肌を保護しましょう。

     

     

    *カビ、雑菌から美肌を守る中医美容

    毎日、お風呂に瑞花露入浴液を入れて入浴する。

    シャワーだけの方はぬるま湯に瑞花露入浴液を入れ、

    できた液体をシャワーが終わった時に全身にかけるようにすると、

    カビから美肌を守ることができます。

    その際、全身に液体をかけた後、洗い流さないようにしてください。

     

     

    *掻き傷のない美肌を保つために日中実践する中医美容

    汗をかきやすく、臭いや痒みが気になる場合、

    特に脇や胸・お腹などの部位には、日中のスキンケアとして

    瑞花露スキンケアスプレーを持ち歩き、1日数回の使用が効果的。

    特に痒みに、おすすめです!

     

     

    *カビによる炎症をケアする中医美容

    デリケートゾーンの痒み、カンジダ、足のかかとの白い亀裂、

    カサカサ、手足の小水疱・痒みや水虫の場合は、

    瑞花露入浴液を入れた液体を用いて、局部を洗ったり、

    5分間の手浴や足湯をしたりすると効果的です。

     

    また、内面からのデトックスには、

    五行草、五涼華(五味消毒飲加減方)、香菊花がおすすめです

     

     

  • 夏、体は涼しく、胃と子宮は温めましょう。

    猛暑の中、冷たいものが欲しくなりますが、

    ちょっと待って!!

     

    胃の消化酵素は38度位で働きます。

    冷たいものを飲むと、胃の温度がもとに戻るまで

    6時間かかるそうです。

     

    その間食べたものは消化しなく、

    胃を温めるのにエネルギーを消耗し、夏バテの原因になります。

    さらに胃の下は子宮です。

     

    胃が冷えると子宮も冷えて、血流が悪くなると

    生理痛の原因になります。

     

    血流が悪くなると子宮内膜症などにもなり、

    長引けば不妊症にもなります。

     

    中国の漢方の先生方は、

    アイスクリームを生理中食べていると

    「死んでしまいますよ!」とおっしゃいます。

     

    夏、熱いお茶が胃を温めて、意外とおいしいですよ。

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null