アトピー 肌の乾燥 肌の赤み | アトピーの乾燥でかゆい人が増えています。

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

アトピー

  • アトピーの乾燥でかゆい人が増えています。

    漢方薬で赤みと腫れが引いてくると、乾燥が気になってくる人が多く見られます。

    なぜでしょう?

     

    1:乾燥の原因

     

    それは赤みや腫れがある、ということは熱がこもっています。

    熱によって体内の水分は蒸発し、皮膚は乾燥してくるのです。

     

    乾燥すると皮膚表面が荒れて、少しの刺激でかゆくなります。

    しかも、かゆみの神経が伸びてきて皮膚表面にまできています。

     

    そこでさらに少し触れるだけでまたかゆくなる、

    といったかゆみのサイクルに入ってしまいます。

     

    2:アトピーの乾燥とかゆみは植物油も原因

     

    また季節が乾燥すると、健康な皮膚の人でさえかゆくなるくらいですから、

    アトピーで皮膚のバリアーが傷ついている人はさらに乾燥してかゆくなります。

    ではどうしたらよいでしょうか?

     

    3:アトピーの乾燥対策

     

    辛いアトピーの乾燥対策は潤すことが大事です。

    体の中と外、両方からです。

     

    外からはジネンミストや瑞花露ローション、

    花しずく潤化粧品をたっぷりかけましょう。

    お部屋の保湿もわすれないでね(^-^)

     

    中からは潤す食べ物をとりましょう。

    乾かすものはやめましょう。せんべい、クッキー、辛い物、パンよりごはん。

    潤す食べ物は、白きくらげ、豚の赤み、トマト、キュウリ、梨など。

     

    漢方薬は即効性があります。

    麦門冬・ユリ根・地黄など潤すものが一杯です。

    赤ちゃんや子供はユリ根の粉末、百潤露がおいしく甘く、

    乾燥した咳にも良いです。

     

    人は宇宙の一部です。体も小さな宇宙です。

    季節は大いに体に影響します。

    季節に合わせて対応していくと早くよくなります。

     

     

漢方薬膳サロン ウエマツ薬局
埼玉県川越市にあるウエマツ薬局は、埼玉県内からは勿論、日本全国から多くの方にご来局を頂いている薬局(サロン)です。
長年アトピーや不妊症に悩む方の漢方相談を行っています。
〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-8-7
TEL:049-245-6637 (ご相談は要予約です)
FAX:049-245-6158
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜日・祝日
◆ウエマツ薬局について | ◆ご相談の流れ | ◆イベント・カルチャー




名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日、日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null