乾癬 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 「尋常性乾癬の中医学的治し方」

    2019年9月4日 ,

    1:皮膚の色から

    真っ赤:血が熱を持っている「血熱」

    暗い赤:皮膚は厚くなり、暗紅色でなかなか消えない「瘀血(おけつ)」

    淡い赤:慢性で部分的に消えている。円形で平ら。「血燥」

     

    2:治し方

    「血熱」

    急性で新しい皮疹が絶え間なく出来てくる。かゆみ、いらいら、怒りやすい。

    のどの腫れなどを伴う。血熱を取る生薬を用いる。生地黄、紫根、牡丹皮など

    「瘀血」

    瘀血の漢方生薬を用い、皮膚を柔らかくする。三稜、莪朮、ヨクイニンなど

     

    「血燥」

    皮膚に栄養を与え、血流をよくし、潤す。当帰、丹参、麦門冬など

     

    3:西洋医学では難しい。

    なぜならアレルギーと同じ免疫力と関係があるからです。

    喉の痛みなど感染は乾癬を引き起こすことが多い。

    原因は、風邪が一位でその次は扁桃腺炎と咽頭炎である。

    急性の扁桃腺炎、慢性扁桃腺炎、急性咽頭炎、慢性咽頭炎。

    それぞれに適した漢方薬を早く使って治しましょう。

    抗生物質は使いすぎると効かなくなります。

    まず漢方薬を使って効かなければ病院に行きましょう。

     

    乾癬の悪化を防ぐには、早くのどの炎症の段階で食い止めましょう。

    泥棒が玄関からリビングに入り、更に寝室に入らないよう、早く食い止めましょう。

     

    4:乾癬は「冬重く夏軽い」傾向があります。

    冬の発病率は39.1%、夏は5.2%です。

    よくなっても安心しないで、再発しないようにしていきましょう。

     

    5:根気よく漢方薬を飲んでいくとよくなる人は多いです。

    ただし免疫力と関係があります。風邪を引くとすぐ悪化します。

    悪化してもがっかりしないで漢方薬を続けて行けば、またよくなります。

  • 皮膚病は食事と生活習慣を見直して。

    2018年11月5日 , ,

    皮膚病は、食事と生活を直せば、7割自分でよくすることが出来ますよ。

    食事と大いに関係が深いです。

     

    9月に行った沖縄でも、昨日まで行っていた中国でも、

    年々アトピーや、にきび、乾癬などが増えています。

     

    なぜでしょう?

    どちらも、伝統的な食事で、健康によかったのですが、ここ数年、

    ファーストフードや食生活が変わってきたのが理由だろう、という話です。

     

    沖縄は海藻料理、中国も野菜がたっぷり、豆腐料理もどちらも多く食事に取り入れられています。

    生活も、以前は早く寝ていたのが、社会の仕組みが変わり、夜型の生活になってきています。

    中国でも、コンビニがちらほら見受けられるようになりました。

     

    日本でも、コンビニが夜中まで開店するようになり、当初は便利だ、と喜ばれましたが、

    働いている従業員の家族も、遅くまで起きて待っているよう生活を強いられ、家族の健康も犠牲になっています。

    家族が、蕁麻疹でウエマツ薬局に相談にいらしたことがあります。

     

    やはり、一食に野菜を二皿、豆腐と肉類か魚を一皿とごはん、といったバランスが大事です。

     

    更にアトピー、にきび、乾癬などになったら、

    刺激物、キムチ、カレー、コーヒーや、油っこいもの、

    ケーキやチョコ、揚げ物は悪化しやすいものです。

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null