日本中医学院 埼玉県川越市の漢方薬局 | 漢方でアトピー改善!「ウエマツ薬局」

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • ベテランの薬剤師二名が入りました。

    漢方薬膳サロンウエマツ薬局 薬剤師 代表の植松光子です。

    3月までFBを担当しておりました、薬剤師飯沼香里が新しい世界へ飛び立っていきました。

    そのあとを引き継いで新しくベテランの薬剤師二名が入りました。

    ご紹介します。

    長山亜耶は今二歳のママ。大学病院で多くの患者さんに接してきたベテランです。

    今は二年間の育児休暇を終えたところで、漢方の世界に飛び込んできました。

     

    実は植松は彼女がウエマツ薬局に入ってくれるのをずっと待っていたのです。

    10年ほど以前のことです。

    薬学部5年生の時の薬局実習の漢方部門で、実習に来たことがあります。

    二日間の実習でしたが、漢方の治し方に感銘を受けたようで、

    将来漢方を勉強したい、と言ってくれました。

    その時私は、広く西洋医学を勉強して、さらに人生経験も積んでから、

    漢方で接客できた方がお客さまの気持ちに添える薬剤師になれるだろう、と考えました。

    彼女の母親とも薬剤師会で知り合いでしたので、ときどき近況も聞いていました。

     

    そして、今回たまたま連絡したところ、

    育児休暇を終えて働きに行きたい、と思っていたところです、

    という答えが返ってきたのです。本当に神様の配慮としか思えませんでした。

     

    今、長山は日本中医学院に入学し、通信教育で中医学を勉強し始めました。

    しかも、ウエマツ薬局で実地に漢方生薬に触り、患者さんの話を聞いて、

    その処方を見られる、日本における中医学の最高の教育が始まったところです。

     

    これからSNSでも彼女の長年の大学病院での経験や、新しい

    中医学の世界の体験を書いてくれることと思います。

    幼児を育てながらの奮闘です。

    皆様応援をお願いいたします。

    写真は「密」にならないウエマツ薬局

    来店時と相談前は一階待合室で。

    相談が終わったら二階のサロンでゆったりと。

    ご相談はすべてご予約

    新規の時はお一人1時間 二回目からは20分

  • コロナウイルスにも漢方

    2020年8月7日 ,

    中国ではコロナ感染者の軽症者には

    漢方薬が有効だったそうです。

     

    日本では、医師の国家試験に漢方がないので、

    医師で漢方の勉強する人が少ないそうです。

    これからは、漢方の勉強がさらに必要になりそうです。

     

    日本では唯一、漢方専門の学校が、本郷にある日本中医学院です。

    私は、ここで中国の北京中医薬大学の教授から

    本格的な中医学を学び、人生が変わりました。

    漢方相談と言う天職に巡り会い、今、とても幸せです。

     

    日本中医学院https://www.jbucm.com/

  • 表彰を受けました。

    昨日の、日本中医薬研究会全国大会と世界中医薬連合会サミットで

    夫の植松捷之がそれぞれから表彰を受けました。

     

    一つは元副会長として貢献したこと。

    もう一つは日本中医学院(元北京中医薬大学日本校)理事長として

    15年間日本の中医学を広めた功績に対してです。

    日本中医学院は社会人中医学教育機関です。

     

    夫はこの学校を卒業し、同窓会会長をしていた時、

    この学校が業績不振で経営者がいなくなってしまい、

    皆に頼まれて理事長を引き受けてしまいました。

     

    「オレ、手挙げちゃった!」と家に帰って言う夫に

    「えつ?!」とびっくり(⦿_⦿)

     

    借金を引き継ぎ、大変な苦労の末、

    「日本に中医学のきちんとした教育機関が必要だ」という、

    中医学に対する愛情でここまでやってきました。

     

    校舎の家賃、教授の給料、広告料、何もかも支払われていなく、

    全て夫が払い、広告を載せてもらえないので生徒も集められなく、

    初年度の生徒は8人だけ。それも4人はウエマツ薬局のお客様。

     

    でもおかげ様で生徒もだんだん集まり、

    楽しくて卒業したくない、と10年以上来ているかたもいる位です。

     

    夫は48歳の時に、

    日本ユニシス(当時世界5位のコンピューター会社のSE)の部長でしたが、

    会社と方針が合わないと突然辞めました。

     

    「オレ、辞めたぞ」「えっ?!」

    それから、当時中国政府が、世界で初めて海外に作った、

    日本中医学院に夫婦で行きはじめました。

     

    夫はSEだったのに、中医学が面白いと、

    3年間のめり込んで国際中医師試験に首席で合格。

     

    部長として200人の部下を抱えてやってきたマネージメント能力が、

    学校運営や日本中医薬研究会の運営に役立ったのではないか、

    と私は思っています。

     

    特にその人のために一番良い方法を配慮してあげる天性の優しさが、

    そこここで生きています。

     

    普段はウンともスンとも言わない無口な人ですので、

    知らない人には敬遠されるようですが、

    ひとたびお酒が入ると180度変わって面白く、

    楽しい人柄が人気の元です。

     

    ただ、妻としては、もう少しはっきり返事をしてくれるといいのですが。

     

  • 中医学を学びませんか?

    中医学が今若い人たちの注目を集めています。

    特にツイッターでは、中医学の養生法が新鮮な驚きをもって

    フォローされています。

    今、日本で唯一の中医学専門の教育機関は、本郷にある

    「日本中医学院(旧北京中医薬大学日本校)」です。

     

    創立28年。ここは中国の北京中医薬大学と同じシステムで、

    本校から派遣された教授によって授業を受けられます。

     

    実は私もここの卒業生です。

    生徒は医療関係者や主婦、OL、学生と個性豊かな人が集まっています。

     

    私は入る前10年間、関東のほとんどの研修会に行きましたが、

    納得のいくものはありませんでした。

     

    しかしここで基礎理論から順に学び、

    初めて漢方、中医学がよく分かりました。

     

    中医中薬科は3年間、薬膳は1年の授業でしたが、

    卒業後も講座に出て、いつまでも学校に来ている方が多くいます。

     

    中国が世界で初めて行った国際中医師試験も、

    私は2年間の受験勉強で日本人女性は初で合格しました。

     

    おかげで処方はほとんど暗記して今、役立っています。

     

    2月23日は学校説明会です

    興味の有る方は是非ご参加ください。

    人生が変わりますよ(^▽^)

  • 食べ物を体調や季節に合わせて食べることが大事

    なんでも「初めて」することは勇気がいりますが、

    夢もあって楽しいものです。

     

    今、卒業生がNHKなどで薬膳料理に大活躍している

    「日本中医食養学会」は25年前にできました。

     

    植松光子は初代理事として働きました。

    その頃薬膳は知られていなくて、とても大変でした。

     

    当時「日本中医学院」の副学長 秦 漢琨教授が

    「日本には薬膳の学会がないから作りましょう」と提案されてできました。

     

    今多くの方が薬膳、食べ物を体調や季節に合わせて食べることが大事だと

    気が付いて、うれしく思っています。

     

    3月21には25周年記念学術大会です。

    ぜひ行ってみませんか?

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null