埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 松居一代さんの息子のアトピーを治した、中国の漢方医の思い出 その2

    2014年2月27日

    松居一代さんの息子さんのアトピーを治された秦先生は、

    北京中医薬大学日本校の副学長もなさっていました。

    そして、北京中医薬大学日本校の卒業式が北京の本校で行われ、

    私も卒業生の一人として、出席していました。

     

    終わって大学の食堂で中国の料理の鉄人と言われる料理長のもとで、

    50種類のおいしい薬膳料理を堪能しました。

     

     

     

     

     

    写真:雪の日に、我が家の蝋梅

    その時秦先生のお顔の色が冴えない、と気になりました。

    そして翌日、日本に帰った日に、突然倒れ、帰らぬ人となってしまいました。

     

    お葬式には松居一代さんとその坊やも出席され、

    松居さんは原稿も見ないで立派に弔辞を述べられました。

    その時見た息子さんはアトピーの赤みは見えませんでしたが、

    かさかさ乾燥して痩せて色白のお子さんでした。

     

    ひどい炎症の時期は超えましたが、これから潤いのある健康な肌にするのは時間がかかります。

    かゆみも続くでしょう。

    しかし、これからは胃腸を丈夫にする漢方薬を飲み、体格をよくして、

    食事と生活、早く寝る、と言ったことに気を付けていけば

    きっとさらによい肌になるだろう、と思い、遠くから彼の幸せを祈りました。

     

    そしてアトピー患者さんに命をささげた秦先生の冥福を祈りました。

    薬剤師 中国政府認定国際中医師 植松 光子
    2014年2月18日

  • ある若い女性薬剤師の物語・8

    2014年2月24日

    これは彗星のように輝やきながら飛び去った彼女の人生の軌跡をたどる物語です。

    その8 、突然の死

     

    1月にインフルエンザに罹ったあと、生理の出血が止まらなくなり、

    ピルで出血を抑えたあとひどい生理痛が始まりました。

     

    顔色も青くなり、おなかを押さえながら患者さんの相談にのっていました。

    生理中以外でも痛むのは、おかしいから早く病院で診てもらうよう言いました。

    しかし、長女の妊娠以来かかっている大学の産婦人科教授をとても信頼していましたので、

    予約がある1か月先まで鎮痛剤を飲んで我慢しながら仕事をしていました。

     

    私は、その間不安にさいなまれていました。

    そしてやっと予約の4月9日、病院に行きましたら、その先生は転勤されていて、

    ほかの教授が見てくれました。

     

     

     

     

     

     

     

    血液検査も特に異常がなく、

    「エコーでは月経血がたまっていて出そうとして痛みを起こしている、」という診断でした。

     

    そしてそれほど痛むなら子宮を全摘する以外はない、と言われ、

    第2子を希望していた彼女は、それは決心がつかない、とほかの病院を探し始めていた4月21日、

    突然意識を失い、元の勤務先日大板橋病院の救命救急センターに担ぎ込まれました。

     

    倒れる前日まで、国際薬膳師の受験勉強をし、結婚式にも出席していました。

    40度の発熱と血圧が極度に低下し30しかない、敗血症の疑いがある。

    多臓器不全で死亡するだろう、と言われました。

     

    全身の粘膜から出血しているので原因を調べたい、と腹部の切開をし、

    子宮からマヨネーズのような3cm大の黄色い膿の塊が出てきました。

     

    抗生物質も全く効果がなく、毎日全身から出血が続き、

    出血をおさえるガーゼを交換するため5回も開腹手術をしました。

     

    その間出血が止まらないのに止血剤が使えない、

    全身の微小血管内で血液の凝固が起こる播種性(はしゅせい)血管内凝固が始まり、

    ただ出血をおさえるガーゼを交換する開腹手術しか手立てがないようでした。

     

    私は中国へ何度も行って、中医学(漢方)を長年勉強してきました。

    漢方薬には止血しながら体内の血栓を溶かすものがあります。

    また中国では漢方薬の点滴や注射が日常使われています。

     

    何とか漢方薬を使えないか病院に相談してみましたが、

    意識がない段階では無理だと言われ、使えませんでした。

    漢方薬が日本でも点滴や注射になっていたら少しは役立ったかもしれない、と無念です。

     

    しかし病院挙げての必死の治療のためか、知人の気功師が病院に来て、

    一生懸命気功をやってくださったおかげか、今考えると不思議ですが一時は意識を回復し、

    4歳になったばかりの子供の歌声と「ママ、がんばってー」というスマートホンの声に耳を傾け、

    希望が出てきたこともありました。

     

    5月10日の妹の誕生日もがんばってくれて迎えることができたのですが、

    その翌日5月11日さすがに元気な人も力尽きて亡くなりました。

    化膿したところから猛毒のエンドトキシンが全身に回った、

    エンドトキシンショックによる敗血症でした。

     

     

     

     

     

    死の恐怖も苦しみもなく、すっと魂が体から抜けていったような感じでした。

     

    ・・・・翌5月12日の母の日。

    彼女が生前頼んであったハイビスカスの鉢植えが

    「おかあさん、ありがとう」という彼女の手書きのメッセージカードと一緒に我が家に届きました。

     

    毎年無事に冬越しし、夏の太陽に負けない、

    彼女のような真っ赤な大輪が毎年夏になるとたくさん咲き続けています。

    (写真説明 彼女が贈ってくれて3年目のハイビスカス)

    * *次回は「その9、仲間の応援」です。* *

  • 手軽に栄養アップ

    2014年2月20日

    先週、バレンタインの前日にインフルエンザで寝込んだ長男に続き、

    次男が日曜に発熱、38.0℃

    もしや・・!

     

    次の日、月曜日に長男は登校許可証を頂きに、次男はインフルエンザかも?

    と二人をつれて受診。

     

    いつもはガラガラに空いてる医院が超満員。

    はくスリッパがないほど!!

    いかにも、インフルエンザです。って人ばかり。

     

    長男と同じ中学の子もいて、長男と同じくインフルエンザB型だった。

    熱と、咳もでた。とのこと。

     

    次男は受診した日には熱が下がり、始終動き回り、じっとしていない。

    幸い、インフルエンザの検査は陰性。

     

    月曜から、息子二人、学校を休み、

    インフルエンザの疑いが晴れた次男は

    バランスボールに乗ったり、太鼓にしたりと

    楽しそうに遊んでいる。

     

    お昼ごはんも「お腹空いたー」「おかわりー」

    元気で良かった、不幸中の幸い♪

    なんてにっこりしたい天使ママと

     

    給食食え!!というブラックなママ。

    かろうじて、天使ママが勝ち。やれやれ。

     

    ちなみにバレンタインは二人ともチョコゲットならず。

    (夜7時過ぎても、誰かが、チョコを届けに来るかも♡

    なんて、思っていたのですが)

     

    チョコゲット出来なかった息子たちに

    ハート型の何か、作ろー、と

    豆腐ハンバーグをつくりだしたのですが、

    くずれたら、不吉!!(゚_゚i)と、やはり、丸にしました。

     

     

     

     

     

    ひじきをいれて、

    私は「ちょっと健康的・・(^^♪」と満足。

     

    ひじきは戻さず、炊き込みご飯や豆腐ハンバーグなどに入れると

    手軽で、栄養アップもできていいですよ。

    芽ひじきという細かいものは、豆腐の水分などで、かってに戻ってくれます(^-^)/

     

    家族の健康を願いつつも、

    いかに簡単に栄養バランスをとるか、

    母の愛、伝わるかな。

     

    ちなみに次男は、去年はチョコレートをもらいました。

    その話は機会があればお話しますね。

    スタッフ堤

     

  • 薬膳の大会に出席して

    2014年2月19日

    昨日からの大雪で、こちら埼玉の川越でも30cm雪がつもり、

    昨日から通勤が大変です。

     

    店のスタッフも半日かけて出勤したり、

    お客様も大雪の中、来店してくださり、

    その分いつも以上にゆっくりお話が出来、喜んでいただけました。

     

    先日の2月11日、青山学院大学のアイビーホールで

    中医食養学会20周年記念学術大会があり、

    店で薬膳スイーツを作っているスタッフ3人と出席しました。

     

    この中医食養学会の会長は、ウエマツ薬局代表の植松捷之です。

    準備は1年前からやっていました。

    写真(下):食養学会会長 植松捷之のあいさつ

     

    粉雪の舞う寒い日でしたが、300人という満員の熱気の中で、

    服部料理学院の服部幸應さんと、

    中国で名医と名高い路京華先生の

    「地球温暖化と温病(うんびょう)」というテーマでした。

    服部幸應さんのお話で印象に残ったのは、

    日本人の塩分摂取は平均9gで理想は6g、

    アメリカ人は3gしかとっていない、ということでした。

     

    特に外食は濃いので、薄くしてもらうためには、外食が濃かったら

    「ちょっと濃かったですね」とみんなが言えば、日本中うすくなる、という話でした。

     

    さっそく私も、翌日食べたレストランのキノコのあんかけの汁が濃かったので、

    ちょっと勇気を出していいましたら、

    マスターが「えっ、これから気を付けます!」と言ってくださり、うれしく思いました。

     

    ほんのちょっとの勇気で、日本中がうす味になるかもしれませんね。

    皆さんもぜひほんのちょっとの勇気をだしてください。

     

    次回は路京華先生の話です。

    2014年2月15日  植松 光子

     

  • 胃のムカムカ。

    どうした事でしょう。

    朝目覚めたとたん、胃がムカムカ。

    やっと仕事に向かいました。

     

    普段飲んでいるお薬も飲みたくありませんでした。

    先生に症状をお話したら、「五行草(ごぎょうそう)」と

    「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」を出して下さいました。

    2袋を一気に・・・「う~~(><;)」

    「良薬口に苦し」という声が聞こえてきました。

     

    その日はそのまま帰らせていただき、ひたすら横になっていました。

    いつの間にか眠っていました。

    目覚めたらなんと、ムカムカがとれていました。

     

    原因は食べすぎ?

    「五行草」と「勝湿顆粒」はいつも店でお客様に

    出している漢方のお薬です。

    こんなに効くとは思いませんでした(;^ω^)

     

    思えば、いつでもおいしいものに貪欲でした。

    人生いつ何どき何が起きるか分からない(特に3.11以降)などと

    理由をつけて食べることに気持ちを向けていました。

    年齢を考えずに・・・。

     

    ウ~~~!気をつけます。

    ご心配おかけしました。

    堀川カツ(新潟出身)

     

    ※五行草はスベリヒユといって、松葉ボタンの仲間です。

    東北地方ではおひたしとして食べています。

    戦争中、兵隊さんが下痢をするとこれを食べたそうです。

     

    五行草は腸をきれいにして、かゆみをとる作用があるので、アトピーの方にも使われています。

    (写真:スベリヒユ)

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null