お知らせ 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

お知らせ

  • 薬剤師募集のお知らせ

    2020年1月12日 ,

    漢方、中医学に興味のある薬剤師さんのパート募集をしています。

    ウエマツ薬局で働いてみませんか?

    ご自分の生活スタイルに合わせて、無理なく働いていけます。

    植松光子も次女が生まれて2ヶ月目から働き始めました。

    週3回パートでした。

    長女が小学校に入った時に正社員になり、

    それから独立し今に至っています。

    植松の願いは、女性が家庭を大事にしながら、

    しかも自分の能力を生き生きと生かせる職場にすることです。

    漢方の勉強、経験は不問です。

    働きながら少しずつ学んでいけます。

    もちろん経験者は優遇いたします。

     

    ウエマツ薬局は本格的漢方薬局として

    主に生薬を調合した煎じ薬を作っています。

    生薬の匂いをかぎながら作っていると元気になる感じがします。

    当初の薬剤師の仕事は主にその煎じ薬の調合です。

    そして出来上がった漢方薬をお客様に

    レジでお渡しながらお話を伺い、笑顔になって帰って頂く事です。

    お客様はおしゃべりをすることによって

    気持ちを発散させることができます。

    お話を伺うという事は大事な仕事です。

    漢方を勉強して自分の考えた処方でお客様の悩みが改善して、

    元気になられていくことが一番の漢方相談の醍醐味です。

    こんなに楽しい仕事はないと思っています。

    最初の一歩を踏み出してみませんか?

     

    お電話お待ちしております。

    ウエマツ薬局 スタッフ13名創業39年

    電話:049-245-6637  

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

    委細面談

    できれば川越市近辺にお住まいの方

  • 実力薬局100選に、3部門受賞

    明けましておめでとうございます。

    皆様にとって今年は良い年になりますよう、お手伝いをさせてください。

    ところで2020年度実力薬局100選に、なんと3部門受賞いたしました。

     

    全国55000軒の薬局から選ばれました。

    3年連続です。3部門とは

    アトピー、子宝、漢方相談部門です。

    この3部門とも受賞した薬局は全国で数軒しかありません。

     

    とても名誉だと思っております。

    審査が非常に厳しく、ウエマツ薬局では、

    そのために全員のお客様にアンケートをとりました。

     

    アトピー部門では日常生活が楽になり、

    満足していると言う方が87%という回答をいただきました。

     

    また子宝部門では、妊娠率、出産率が昨年より上がり、

    体外受精だけよりもウエマツ薬局の漢方薬併用により

    さらに高い効果が出ていることがわかりました。

     

    漢方相談部門では体調が良くなり、

    多くの方が元気に笑顔を取り戻してくださっているのが何よりです。

     

    ご自分の足りない栄養素を補いながら

    体質と症状に合った漢方薬を飲んで、

    元気に過ごしていきましょう。

    よろしくお願いいたします。

     

    実力薬局100選

    アトピー部門

    子宝部門

    漢方・相談薬局部門

  • 祝!満員御礼☆11/20冬の漢方講演会

    2019年11月6日 , ,

    薬剤師の飯沼です。

    11月に入り、朝晩は冷えると感じる日が多くなりましたね。

     

    さて、11/20の漢方講演会が、なんと早くも満員御礼となりました!

    この講演会は約半年に1回、ウエマツ薬局ビル3階の

    カルチャールームで行われるイベントです。

    講師はわかりやすく楽しいお話で大好評の、

    これで3度目となる仝選甫(トンセンホ)先生です。

    毎回沢山の方に来ていただいているのですが、

    こんなに早く満席になってしまうのはあまりないので

    スタッフみんなでびっくりしています。

     

    平日の日程にも関わらず、都合をつけて申込していただいた方に

    感謝の気持ちでいっぱいです。

     

    今回は

    「腎を制する者は人生(腎精)を制す

    ~豊かに年を重ねる秘訣」というテーマです。

     

    ちなみに、このコピーを考えたのは

    「かおりんの養生茶Labo」も考えた当店のコピーライター大友さんと私で、

    皆さんの参加意欲に貢献できたかなーと自画自賛しています。

     

    もちろん今回もこのテーマに合わせた薬膳スイーツとお茶

    ご用意しております。

    実は先日一足先に試食させていただいたのですが、

    とても素敵なアイデアのおいしいスイーツでした。

     

    講演会まであと約2週間、

    そして毎月の営養薬膳学講座も来週控えており、

    またあっという間に11月の1か月を過ごすことになりそうです。

  • 表彰を受けました。

    昨日の、日本中医薬研究会全国大会と世界中医薬連合会サミットで

    夫の植松捷之がそれぞれから表彰を受けました。

     

    一つは元副会長として貢献したこと。

    もう一つは日本中医学院(元北京中医薬大学日本校)理事長として

    15年間日本の中医学を広めた功績に対してです。

    日本中医学院は社会人中医学教育機関です。

     

    夫はこの学校を卒業し、同窓会会長をしていた時、

    この学校が業績不振で経営者がいなくなってしまい、

    皆に頼まれて理事長を引き受けてしまいました。

     

    「オレ、手挙げちゃった!」と家に帰って言う夫に

    「えつ?!」とびっくり(⦿_⦿)

     

    借金を引き継ぎ、大変な苦労の末、

    「日本に中医学のきちんとした教育機関が必要だ」という、

    中医学に対する愛情でここまでやってきました。

     

    校舎の家賃、教授の給料、広告料、何もかも支払われていなく、

    全て夫が払い、広告を載せてもらえないので生徒も集められなく、

    初年度の生徒は8人だけ。それも4人はウエマツ薬局のお客様。

     

    でもおかげ様で生徒もだんだん集まり、

    楽しくて卒業したくない、と10年以上来ているかたもいる位です。

     

    夫は48歳の時に、

    日本ユニシス(当時世界5位のコンピューター会社のSE)の部長でしたが、

    会社と方針が合わないと突然辞めました。

     

    「オレ、辞めたぞ」「えっ?!」

    それから、当時中国政府が、世界で初めて海外に作った、

    日本中医学院に夫婦で行きはじめました。

     

    夫はSEだったのに、中医学が面白いと、

    3年間のめり込んで国際中医師試験に首席で合格。

     

    部長として200人の部下を抱えてやってきたマネージメント能力が、

    学校運営や日本中医薬研究会の運営に役立ったのではないか、

    と私は思っています。

     

    特にその人のために一番良い方法を配慮してあげる天性の優しさが、

    そこここで生きています。

     

    普段はウンともスンとも言わない無口な人ですので、

    知らない人には敬遠されるようですが、

    ひとたびお酒が入ると180度変わって面白く、

    楽しい人柄が人気の元です。

     

    ただ、妻としては、もう少しはっきり返事をしてくれるといいのですが。

     

  • 「気」はどのようにしてできたのでしょう?

    2019年2月21日 , ,

    「気」はどのようにしてできたのでしょう?

    45億年前、無から地球が出来ました。

    空気も生命もない地球に水が出来、

     

    水蒸気となって「地の気」が天に上り、雲となり、雨となり、

    「天の気」が地に下り天と地が交代しながら万物ができました。

     

    「気」は宇宙万物生成の源です。

    「気」は見えないので、気象や体に現れる現象を推理して把握します。

     

    空気、気圧、気流、気温などです。

     

    風や、寒い、湿気、熱い、乾燥などの

    「風・寒・湿・熱・火・燥」の自然界の「六気」が人間の体に影響を及ぼすと

    「風邪・寒邪・湿邪・熱邪・火邪・燥邪」という病気、六淫を引き起こすのです。

     

    たとえば「風」に当たって気持ちがよかったのが、

    そのうち寒くなり、寒気がして「風邪」をひく、という具合です。

     

    日本中医学院ではこのような基礎も学び、興味は尽きないですよ。

     

    **日本中医学院

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null