寒気 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 生姜、合う人合わない人。

    2019年2月18日 , ,

    ショウガは冷えて水の多い人にはよい食品です。

    でも量は1日5g位まで。取りすぎに注意してくださいね。

    「辛くて温め、乾燥させる」性質があります。

    *合うタイプ

    冷え   寒気のある風邪   胃弱

    食欲不振、  乗り物酔いをしやすい人

    つわり  吐き気

     

    *合わないタイプ

    空咳  熱がり  にきび  アトピー

     

    便利な保存方法は、私は買ったらすぐスライスして冷凍。

    おろしたものは冷蔵(チルド室、0度室)です。

     

    スライスは、冷凍庫にいれて20分位したら一度ほぐして、

    くっつかないように冷凍させると便利です。

    使うときはレンジで10秒くらいかけると、包丁で切りやすくなりますよ。

     

  • 風邪をすぐなおす漢方の知恵

    2019年2月17日 , ,

    中国では風邪のときは、

    まず初めに漢方薬を飲むのが常識だそうです。

    それ以外は西洋医学の薬も使っています。

     

    なぜ風邪のときは漢方薬がいいのでしょうか?

    それは「風」というくらい風のように症状が早く動くからです。

     

    そしてその時々の症状に応じて処方があり、

    その通り飲んでいくと「元気になおる」からです。

     

    抗生物質のようなものは下痢したり、便秘になったり、

    いつまでも体調がすっきりしないことがあります。

    それは無理矢理に抑えて治すからです。

     

    漢方の風邪薬は免疫力を出させて気持ちよく治ります(^-^)

    その治し方をぜひマスターすると、家じゅう風邪が早くなおるようになり、健康家族になります。

     

    青い風邪

    まず寒気がして汗が出ていなく肩がこって食欲があるときは・・葛根湯

    寒気がして汗が出ていなく、節々が痛く食欲があるときは・・・麻黄湯

    寒気がして汗がじんわり出て食欲もあまりないとき・・・   桂枝湯

     

    赤い風邪

    喉が痛く、すこし寒気のあるが熱い感じもあるときは・・・・・涼解楽

     

    桂枝湯は寒気がして、汗ばんでいるときに飲むと、よくききます。

    汗ばんでいるのは疲れて体力がないときの現象です。

     

    汗腺は体温が逃げないようにしっかり閉じる働きをもっています。

    しかし疲れたり、体力のない筋力のない人は

    しっかり閉じることができません。

     

    その結果汗がもれて、かえって汗が冷えて寒くなり、

    風邪は進行します。

    こんな時時のお助け神が「桂枝湯」です。

     

    入っている成分は:桂枝:芍薬・大棗・生姜・甘草です。(写真:しょうが)

     

    ほとんど食べ物ですね。シナモン(ニッケイ)・ナツメ・ショウガです。

     

    芍薬は出ている汗を止める働きがあります。味は甘くてちょっぴりシナモンの味がします。

     

    ほとんど食べ物なので葛根湯のような強い作用はありません。

    ですからエキス剤より煎じ薬の方が効きます。

     

    寒気はたいてい、朝か、夜起きます。

    よく上記のような症状が出る方は、あらかじめ漢方薬局で購入しておくとよいです。

    もちろんウエマツ薬局にもあります。

     

    私は疲れが溜まるとそんな症状が出ますので、煎じておいて冷凍保存しています。

    便利でよく効きますよ。

     

    今日はすっかり元気でこのブログを打っています。

    おかげで私は開店以来38年間、風邪で仕事を休んだことはありません。

     

    もちろんちょこちょこ風邪はひきますが、

    漢方の風邪薬を変だな、と思ったら30分以内に飲むので、事なきを得ません。

    皆さまも漢方の知恵を利用して元気にお過ごしくださいね。

     

  • あなたの風邪は何色?

    2017年12月12日 , ,

    風邪かな?と思ったら、30分以内に

    漢方の風邪薬を飲むのが軽くすむコツです。

     

    漢方の風邪薬は赤・青・黄色の3種類。

     

    のどが痛く熱っぽかったら、赤い風邪の涼解楽(りょうかいらく)、

    寒気がしたら、青い風邪の葛根湯、

    ムカムカして食欲がなかったら、黄色い風邪の勝湿(しょうしつ)顆粒です。

     

    ・食の養生などはこちら⇒ウエマツ薬局HP

     

  • 風邪の初期、汗、寒気

    2017年12月4日 , ,

    風邪の初期で 、汗がじとじと出て、寒気がする時があります。

     

    このような時は、桂枝湯 (けいしとう) がよく効いて、

    スッキリ元気に治ります。

     

    シナモン、ナツメ、ショウガ、芍薬(しゃくやく)などが配合されています。

    芍薬は汗を止める働きがあります。

     

    ほとんど食べ物なので、作用は強くなく、

    エキス剤ではあまり効果が、感じられません。

     

    生薬を煮出す煎じ薬は、よく効いて、

    ほんわか温まり治りますので、試して見てください(^-^)

  • 風邪を早く治すには?

    2017年11月29日 , , ,

    風邪を早く治すには、

    「変だな」 と思ったら、すぐ対処することです。

    寒気がしたら、熱~い甘酒をフウフウしながら飲みましょう。

     

    まだ寒気がしたら、

    「青い風邪」に効く葛根湯を熱湯コップ一杯に溶かして飲みましょう。

     

    汗をかかせるのが治すコツです。

    汗をかかなかったらもう一杯飲んでみてください。

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null