埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 漢方の人間国宝にお会いして。

    2015年7月31日 ,

    ウエマツ薬局  国際中医師の植松光子です。

    先週、中国北京で 漢方の人間国宝、

    95歳の現役の漢方医、路志正先生にお会いしてきました。

    70代に見えるくらいお元気で、いまでも毎日古典の勉強をしていらっしゃるそうです。

     

    驚いたことに名刺をお渡ししたところ

    「植松」という苗字を見て

    「北京中医薬大学日本校の理事長の植松と関係があるのか」

    と言う意味の質問をされました。

     

    夫もお会いしたことがないのに、

    見ず知らずの外国人の家族の名前まで憶えていてくださってびっくりしました。

    そして紙に

    「植松理事長は日本の漢方の発展に素晴らしい努力をしている」

    という意味の中国語を書いてくださり、私たち夫婦の何よりの励ましとお土産になりました。

     

    私も路先生くらいの年になるまで働けそうな希望が湧いてきました。

    目標を持つと長生きできそうです。

    皆さんの目標はなんですか?

    (写真:路志正先生と)

  • 舌のピリピリがすぐ治りました。

    2015年7月25日 ,

    「ササヘルスでの実体験」

    ウエマツ薬局で働き始めて29年になる従業員の本田です。

    舌のピリピリがすぐ治ってびっくりしたお話をします。

    皆さん体調を崩していませんか?

    私は少し前に風邪をひいてしまい、微熱があるにもかかわらず、外出しました。
    帰宅して吐き気にみまわれ、熱も上がり、近所のお医者様にかかりました。

    診断は胃腸炎でした。

     

    抗菌剤(抗生物質)が出ましたが、あまり飲みたくないと思い、

    家に常備薬として置いてある、

    勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)(胃腸炎に効きます)と

    喉も痛かったので、

    板藍茶(ばんらんちゃ)(抗生物質の役割をします)を飲みました。


    吐き気は治さまりましたが、口の中のヒリヒリ、舌のピリピリ感があり、

    体もだるくて、食欲もありません。

    その時、思いました。

    そうだ「ササヘルスだ!」

     

    今、ウエマツ薬局でもお客様にお出ししています。

    お湯でうすめてお茶のように1日何回も飲みました。

    2日目くらいから口の中のヒリヒリ、舌のピリピリ感が治まり、食欲も出てきました。

    その後、続けて何日か飲みました。

    お陰様で体調もよくなり、元気になりました♪

    ササヘルスの効能を、身をもって体験した次第です。

  • 薬膳スイーツを家で復習!

    2015年7月6日 ,

    こんにちは。ウエマツ薬局の根岸です。

    先日の薬膳試食会で食べた「緑豆ぜんざい白玉団子入り」を

    3歳の息子と一緒に作ってみました。

    白玉粉を20分間頑張ってこねてから丸めて・・・

     

     

     

     

     

     

    (1番手前の大きさで子供にお願いしたのですが、かなり巨大にf^_^;

    さすがに火が通らないので小さく丸め直してもらいました。)

    熱湯の中に団子を入れる時はお湯が跳ねないコツを覚え、茶こしで

    すくうのは、まるで金魚すくいのよう!

    「ぜんぶじぶんでできたー!」と息子も自信がついたようです。

     

     

     

     

    先日、緑豆を購入されたお客様が、

    「前回緑豆ぜんざいを作ったら、ほとんど子供に食べられてしまって

    私の口にはほとんど入らなかったんです。」

    とおっしゃっていました。

    大人も子供も喜ぶスイーツです( ´▽`)

     

  • 祖母の思い出、そして小豆粥

    2015年7月4日

    ウエマツ薬局の堀川です。

    少し季節がずれますが、

    2014年1月16日付 植松光子先生のブログに目が止まりました。

     

     

     

     

    私は新潟生まれですが、埼玉より1カ月遅い、2月15日に

    毎年祖母が小豆粥を作ってくれました。

    2月はまだ寒さ厳しく、小豆粥は体が温まったものです。

    祖母の小豆粥の思い出と共に、かなり前になりますが、

    新聞の投稿欄に81歳の女性の文がありました。

     

    「〝祖母から教わったこと〟  

     ・暮らしの決まり    

     ・春夏秋冬のしきたり

     ・人への愛   

     ・天地自然に対する祈りの心

    祖母は噛んで含めるように教え導いてくれた。

    そのやさしい姿は今なお忘れることができない。」

     

    この投稿欄を読んだ時、大好きだった祖母もそうだった。

    と思わずノートに書きとめました。

     

    祖母が亡くなって53年。今でも忘れることはありません。

    祖母に、「小豆粥ってね、利尿、解毒作用があるそうよ。」

    と話したかったなぁ。祖母に理解できたかな・・・。

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null