アトピー性皮膚炎 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 「愛」のこもった漢方の軟膏

    ウエマツ薬局自家製の漢方の軟膏、

    「ウエマツ薬局中黄膏(ちゅうおうこう)」と「ウエマツ薬局紫雲膏(しうんこう)」は

    つけるとホッとする、と人気です。

     

    主にアトピーの方が使っています。

    赤みを取る中黄膏、カサカサをとる紫雲膏、

    赤くてカサカサの時は両方を重ねてつけます。

     

    お一人がいくつも購入されていきます。一日に20個しか作れません。

    担当の桐谷が作っていますが、間に合わないときは休日出勤もしてくれています。

     

     

     

     

     

    写真:紫雲膏を作っている所。

    さらに大人気は、くさい軟膏「ウエマツ薬局GT軟膏」です。

    これは多分日本でウエマツ薬局くらいしか、作っていないでしょう。

    主に掻き傷がひどいときに殺菌とかゆみ止め、両方に効きます。

    しかも、ステロイドは入っていません。

    これの原料は大豆です。殺菌力があるのです。

     

    もともと皮膚科で昔使っていたものです。

    しかし、ステロイドが使われるようになり、ステロイド軟膏にその座を譲ったものです。

    しかし植松は、その昔使われた軟膏に着目し、入手困難な原料をやっと確保し、

    ウエマツ薬局自家製剤として使い始めてみました。

     

    これは厚労省の薬局製剤として、許可を取ったものです。

    ウエマツ薬局が製剤元として許可されている、ということです。

     

    ところが、これが大評判!

    ステロイド軟膏に次ぐ効果があり、かゆみ、傷によく効いて、

    くさくても慣れれば気になりません。

    ウエマツ薬局に来店されている多くのアトピー患者さんがつけていますが

    どなたも匂う方はいません。

     

    ただし、日本で作っている薬局がほとんどいない現状で、

    原料もメーカーがどれだけ常備できているか先行き不安です。

    貴重な軟膏です。

     

    心してしっかりつけると、もっと効き目がよくなりますよ。

    こちらは大山が残業して作っています。

    どちらの軟膏も「愛」がこもっています。

    だから効き目がいいのですよ。

     

     

     

    GT軟膏

     

     

     

     

     

    中黄膏

     

     

     

     

    紫雲膏

     

    購入はこちら⇒ オンラインショップ

     

  • 揚げ物はご褒美に。

    痒みを軽くするのには、植物油を減らすとよいので、

    煮る、蒸す、焼くなどの調理法がよいです。

     

     

    揚げ物はよく運動した日のご褒美に

    これらに変えると体がすっきり軽くなってきますよ。

     

    リノール酸は一時、動脈硬化に良いと言われたのですが、

    摂りすぎると、逆効果だと分かってきました。

     

    昔、豚カツはごちそうでした。

     

    結婚したとき

    「お誕生日は何を作ったらいいかしら?」と聞きましたら

    「豚カツ!」というので、

    毎年お誕生日は豚カツでした。

     

    でもそれが、いつしかごちそうではなくなって、

    普段食べるものになった頃から

    日本中、アトピーが増えてきたような気がします。

  • 湯治にアトピーの女性、2泊を無料招待!

    ひどいアトピーがウエマツ薬局の漢方で8割くらいきれいになり、

    残りの色素沈着と乾燥肌を治すため、鳴子温泉の旅館に住み込みで

    働き始めた若い女性がいます。

     

    店のスタッフたちが心配していたところ、1年経ち、

    最近ころころに太って元気いっぱい、見事につやつやの肌になって

    ウエマツ薬局に顔を見せに来てくれました。

     

    しかも素晴らしいお土産を持って。

    それが

     

    「鳴子温泉の湯治にアトピーの女性、

    2泊を無料招待(交通費自己負担)」

    という企画です。

     

    自分のアトピーが温泉できれいになった経験をバネに

    起業した彼女の勇気に感銘を受けました(^▽^)

     

    温泉の泉質は、日本には11種類あり、

    鳴子温泉にはなんと9種類の泉質があるそうです!

     

    硫黄泉炭酸泉、単純泉などで、

    それぞれ神経痛、アトピーなど効能が認められています。

     

    アトピーの症状によって入り分けると面白いと思います。

     

    今回は単純泉と炭酸泉の美人湯ですので、

    乾燥肌、かゆみ、色素沈着の慢性の症状の方にはいいと思います。

    詳しくはチラシをご覧ください。

     

    下の写真はこの方の漢方薬を飲む前と最近のものです。

    ご本人がぜひ出してください、という要望で掲載しました。

     

    夕食のお膳を囲みながら、

    アトピーに詳しい漢方専門薬剤師のお話もあります。

    締切まぢかです。興味のある方は担当染谷さんまでご連絡ください。

    2015.2.15

    2015.2.28

    2018.6.5

    2018.12.29

    「アトピーが漢方治療で半分ほど改善、その後鳴子温泉の旅館に

    仲居として住み込み、毎晩温泉に入り、綺麗になりました。

     

    自分の体験を活かし、この度

    温泉ツアーを企画することになりました。」

     

     

     

     

  • 乾燥肌におすすめの入浴剤。

    乾燥肌のお子さんの入浴剤は、

    香料の入ったものは刺激があるので、避けた方がいいです。

     

    漢方生薬の入った入浴剤は、

    かゆみや潤いに良いものが配合されていますので、

    お使いになるのならこちらの方がおすすめです。

     

     

     

     

     

    近畿大学薬学部で作られたアロマの入浴剤、「青森ヒバオイル」は、

    ヒノキチオールというヒノキの木からとったアロマオイルの成分が入っていて、

    これは殺菌と抗炎症の働きがあるので、

    潤してかゆみによく、しかもヒノキの香りでリラックスします。

     

    大学の研究によると続けて入浴していると、

    アトピーの赤みに効果がありました。

     

    青森ヒバオイル⇒

    http://kanpo-bijin.shop-pro.jp/?pid=23029814

     

  • 軟膏の塗り方は大事です。

    アトピーがあるとき、軟膏の塗り方は大事です。

    決してゴシゴシ塗りこまないように、

    そっと優しく置くように塗ると,皮膚を傷めず刺激になりません。

     

    動画参照。

    https://www.facebook.com/kanpo.uematsu/videos/1906622442723803/?t=26

     

    赤みによい中黄膏(ちゅうおうこう)、

    カサカサしているときは紫雲膏(しうんこう)、

    傷やかゆみがひどいときはGT軟膏を使います。

     

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null