埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 離乳食薬膳講演会が和やかに終わりました。

    29日は、国際中医薬膳師の伊藤洋子先生をお迎えして

    熱気のある講演会になりました。

    本物の出しの取り方の実演もしていただき、

    コクのある、おいしい昆布とかつおだしのおいしさに

    全員魅了されました

     

    赤ちゃんの味蕾(みらい)細胞は成人の1.3倍なので

    大人より味に敏感です。

    赤ちゃんの時から本物の出しの味の食事をしていけば、

    ファーストフードを好きにならず、

    切れやすい人間にならない、

    という伊藤先生の話に、全員うなずいていました(*´﹀`*)

     

    国際中医師 薬剤師 植松光子

  • 水分代謝をよくすると、「気」の流れがよくなります。

    今朝は、出勤前のひと時を、近所の運動公園までウオーキング。

    (写真はスペイン、バロセロナ港です。)

     

    湿度が高くても、うっすらと汗をかいたせいか

    体が軽くなり、気分も良くなりました。

     

    人の体は、「気血水(きけつすい)」の流れがよいと健康です。

    気の流れ、水の流れが良くなると血の流れも良くなります。

     

    体も暖まり、血行も良くなった感じ。

    さあ、これから一日頑張りましょう!!

     

    国際中医師 薬剤師 植松光子

     

  • 薬学部実習生感想文・20

    2017年6月23日 ,

    ウエマツ薬局に実習に来られた、
    薬学部5年生の感想文をご紹介します。

     

    *漢方に今まで興味を持っていましたか?
    はい。

    理由:病院に行って治らなかったという方が、

    漢方を使うイメージがあり、実際に漢方を使った医療の

    様子を見てみたかったからです。

     

    *実際に今回体験して感じたこと。

     また、将来漢方の仕事をやってみたいと思いましたか?

    2日間にわたり実習をさせて頂き、

    一般的な調剤薬局と漢方薬局の違いをたくさん知ることができました。

    一番印象に残ったのは、調剤薬局より漢方薬局の方が

    患者さんが笑顔で話してくれることが多い、という点です。

     

    先生が、「中医学は幸福学」とおっしゃっていましたが、

    問診を隣で聞かせていただき、

    症状が改善した時に、患者さんが笑顔を見せてくれると、

    私も何故だか嬉しく思いました。

     

    これは私自身のモチベーションにもつながると思ったので、

    漢方の仕事に興味を持つことができました。

     

    また、宿題で、方剤や生薬に向き合い、

    今まで本物に触れることは少なかったので、とても勉強になりました。

    2日間、本当にありがとうございました。
    2017年6月13日  城西大学薬学部薬学科 M.S

  • 薬学部実習生感想文・19 

    2017年6月18日 ,

    ウエマツ薬局に実習に来られた、
    薬学部5年生の感想文をご紹介します。

     

    *漢方に今まで興味を持っていましたか?
    はい。理由:以前、生理不順で漢方を処方され、

    改善された為。

     

    *実際に今回体験して感じたこと。

    また、将来漢方の仕事をやってみたいと思いましたか?

     

    初めて、漢方の問診を見せて頂き、西洋医学との違いを実感することが出来ました。

    特に感じたのは、患者様の全身を診て、病を総合的に改善していくという事です。

     

    西洋医学では、診療科毎に病気を治療していきますが、漢方は「科」を持たず、

    一見バラバラで関連のないような病を一つ一つ、つなげて改善していくことがとても新鮮でした。

    また、光子先生の患者さんへの接し方に、とても感激しました。

     

    患者さん一人一人の訴えをよく聞き、その訴えや悩みを

    しっかり受け止めていらっしゃいました。

     

    私は今までに何度か

    「この程度は他の人よりマシだよ。」 「他の人の方がひどいよ。」

    と医師から言われ、私自身の訴えを聞いてもらえない悲しみを味わいました。

     

    なので、光子先生の患者さんに寄り添った接し方は患者さんにとって、

    この上ない安心感と信頼が生まれると感じました。

     

    このような関わり方を薬剤師の立場からも出来るように精進していきます。

    最後になりますが、この度は素晴らしい体験をさせて頂き、誠にありがとうございました。

    2017年6月6日   昭和大学薬学部薬学科 M.A

  • 梅雨時期におすすめレシピ

    2017年6月8日

    湿邪(しつじゃ)という言葉が

    Yahooニュースに載っていました。

     

    「中医学(中国漢方)では、湿気の多い時期の体調不良を

    「湿邪(しつじゃ)」と結びつけて考えます。」

     

    なんてことを6月のメールマガジンでお伝えしたばかりでしたので、

     

    お!!  Yahooニュースにも、漢方の流れが来たか?

    と、うれしくなりました(^-^)

     

    でも、「邪」ですから、悪さをするわけです(´_`。)

     

    そこで、

    湿邪を発散する、

    利尿作用のある、緑豆を使った簡単料理はいかがでしょうか?

     

    むくみや、肌荒れにもいい、ヨクイニンも

    入った炊き込みご飯です。

     

    緑豆の炊き込み御飯

       レシピは → こちら

     緑豆

     ヨクイニン

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null