埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • ツボ:女性ならでは症状・血海

    2018年11月28日 , ,

    毎月の生理、痛みなどはありませんか?

    まもなく12月、寒くなってきましたね。

     

    冷えると生理痛がひどくなる、という方も多いのはないでしょうか?

    今回は、血海(けっかい)というツボをご紹介します。

     

    血のめぐりやホルモンに関わる重要なツボで、

    子宮や卵巣の血液循環を良くしてくれます。

     

    婦人科系疾患の名穴ともいわれています。

    *ひざのお皿の内側上端から、指幅3本分

     

    *ひざをつかむように、親指の腹をツボに当てて、

     骨のキワを意識して押す。左右同様に行う。

    生理痛はないのが「健康的な生理」です。
    生理痛がある、周期や日数が乱れる等ある方は、ご相談ください。

    漢方で改善できますよ

  • アトピー・食物アレルギー・花粉症・ぜんそくなどを生まれる前に予防。

    妊娠中に予防接種を受けることで、

    赤ちゃんがアレルギー体質にならない仕組みが見つかり、26日に発表されました。

     

    アレルギー体質になるかならないかは、妊娠3ヶ月までに決まります。

     

     

    アレルギーの患者さんは、

    両親のどちらかが花粉症の場合に、多く発症するように思います。

     

    体質は、先天的と後天的に分けられます。

    今度発表された、

    「妊娠3ヶ月までにアレルギー体質が決まる」という点は、先天的な要素です。

     

    後天的とは、その後の食事や生活養生で左右されます。

    アレルギーは遺伝的要素(先天的)もありますが、

    後天的な要素を改善することによって、発症しないか、改善できますよ

     

    「妊娠3ヶ月で決まる」ので妊娠前から和食にして、

    牛乳、ヨーグルト、卵、ケーキなど乳製品、辛い物、コーヒー、

    脂濃い物を夫婦とも避けましょう。

     

    アレルギー体質の赤ちゃんを生まないためには、

    体が熱くなること・・いらいら、遅い就眠、便秘、辛い物、コーヒーは避けましょう。

     

    特に男性は体が熱くなると、精子はお風呂の中で泳いでいるようなもので、

    元気がなくなり、赤ちゃんができにくくなります。

  • 「煎じ薬、相談を横で聴く等貴重な経験」イスクラ中医薬研修塾実習生感想文・41

    2018年11月26日 ,

    ウエマツ薬局に2カ月、実習にきていただいた方の

    感想文をご紹介します(^-^)

     

    **感想文**

     

    この度は、約2カ月に渡り実習させて頂き、

    ありがとうございました。

     

    今期、私が実習に行かせて頂く中でも、唯一煎じ薬を出していて、

    尚更、植松先生のお店という事で、楽しみであり、

    ちゃんと学べるだろうか、という不安感もありましたが、

     

    植松先生始め、スタッフの皆様の助言、指導等、

    構って頂き、感謝しています。

     

    実際、先生の相談を横で聴かせて頂くという、貴重な時間を過ごして、

    *患者さんとの、距離感

    *一緒に治していきましょうといった姿勢

    *なかなか良くならないとお悩みのお客様へかける言葉

    等から、お客様から信頼されていることを感じました。

     

    予約の方が次々といらっしゃる中の合間に質問すれば、丁寧に答えて下さいましたし、

    処方の組み合わせからも、先生の経験があればこそだなと、非常に勉強になりました。

     

    調剤業務では、煎じ薬を扱ったことがないことや、

    大量の粉を扱うことに若干の不安がありましたが、

     

    分からない事や失敗してしまった時も、冷静に対処してくださり、

    先輩の飯沼さんはじめ、スタッフの皆様には、大変ご迷惑をおかけしました。

     

    それでも、優しく接して下さり、勉強しながらも楽しく過ごすことができました。

    2カ月という、短い間でしたが、ありがとうございました。

     

    2018年11月12日 イスクラ中医薬研修塾実習生 A.S

     

  • しみ、くすみ、アトピー予防におすすめ。

    赤ちゃんは体温が高く、すぐ真っ赤になって泣きます。

    中医学では「火」があるといいます。

     

    反面すぐに吐いたり、下痢をしたりして水分は減りがちです。

    そのため、肌水分は乾燥しがちとなり、

    冬は衣類の刺激でかゆがります。

     

    掻くと皮膚炎になりやすいので、保湿は、アトピーの予防に大事です。

    両親の一方に花粉症があるお子さんは、将来アトピーになりやすいです。

    小さいうちから予防をこころがけましょう。

     

    保湿も漢方生薬の入った物の方は効果があります。

    ウエマツ薬局オリジナルの

     「花しずく潤化粧品」のシリーズが人気です。

     

    初めは「花しずく潤乳液」がさっぱりして、

    シアバターを使っているので伸びがよく使いよいです。

     

    成分は赤みに良いものやかゆみに良いものが多く配合され、

    もちろん大人の女性にも良く、しみ、くすみ、色黒の予防にもなります。

     

    ご購入はオンラインショップでどうぞ。

    3点ご購入で5%引きになります

     

  • 逆境に勝るものはない

    「もっともすぐれた教師は、逆境に勝るものはない」

    この言葉通りの方が、アルツハイマー病の薬、アリセプトの開発者

    杉本八郎氏です。

     

    貧乏で八番目に生まれた氏は、

    大学に行けなかったにも関わらず、

     

    人の倍勉強し、認知症の母を助けたい思いで薬を発明し、

    今では世界的な科学者です。

     

    漢方は脳の働きは「腎」と関係すると考えます。

    「腎」の働きを助け、認知症、物忘れによい漢方薬があります。

     

    漢方の考えは予防です。

    「腎」の働きを助け「瘀血」を予防する漢方薬を飲んでいると、

    物忘れが減り、認知症の予防にもなります。

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null