養生茶 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • かおりんの養生茶Labo2020その①

    薬剤師の飯沼です。

    1.2枚目の写真はウエマツ薬局の最寄り駅である新河岸駅で

    子育てをしていたツバメです。

    ヒナもすっかり大きくなり、最近巣にいないのを見ると巣立ったようです。

    しばらく通勤時の楽しみになっていたので、少し寂しいですが、

    また来年以降も同じ季節にツバメの元気な姿が見られたらなと思います。

     

    さて、昨年の養生茶Laboでは、季節にあわせてつくった養生茶を

    毎月、中医営養薬膳学講座の受講生の皆さんに試飲していただきました。

    現在の状況ではそういった企画がなかなかできないのが残念ですが、

    今年はこちらで季節ごとにそれぞれの養生茶の特徴や

    皆さんの感想などを紹介していこうと思います。

     

    ということで【かおりんの養生茶Labo2020その①】

    今回は長夏と夏のお茶です。

     

    5月の養生茶  決明苡仁陳皮茶(けつめいいにんちんぴちゃ)

    「ジメジメ追い出す長夏のお茶」というテーマで作った

    炮じはと麦と炮じハブ茶の香ばしい香りが特徴の養生茶です。

    「毎日飲みたい良い味でした。」という感想をいただいた通り、

    くせのない普段使いにおすすめの養生茶です。

     

    6月の養生茶  紫蘇生姜茶(しそしょうがちゃ)

    長夏のお茶第2弾として「ジメジメ散らす長夏のお茶」

    というテーマで冷房や雨で体が冷えたり、

    胃腸の調子が悪くなったりする時に活用したい養生茶をつくりました。

    紫蘇の良い香りが特徴で、この養生茶を作っている時も

    良い香りが室内に充満します。実はリピーターが一番多い養生茶です。

     

    7月の養生茶  竹甘酸棗仁茶(ちくかんさんそうにんちゃ)

    「心を鎮める夏のお茶」というテーマで、暑さで寝つきが悪くなりがちな季節に

    お勧めの養生茶です。

    「さっぱりとした甘さと後味がスッキリ」という感想をいただいた、

    他では味わえない養生茶の笹の香りと炒酸棗仁の香ばしさと

    甘草の自然な甘さの組み合わせをお楽しみください。

     

    ちなみに今年も月毎の養生茶を店頭に用意しています。

    店頭に出ていない養生茶も事前にご連絡いただければ

    ご用意することができます。

    家での時間が多いので、ぜひお茶の時間をつくって

    リラックスしてみてはいかがでしょうか。

  • かおりんの養生茶Laboウラ話②

    2019年8月10日 , ,

    薬剤師の飯沼です。

    相変わらず暑い日が続きますが、暦の上では立秋が過ぎました。

    今年の残暑は厳しそうですね。

     

    今月の中医営養薬膳学講座はお休みですが、今回はまた養生茶Laboのお話をしようと思います。

    このコーナーでは、季節に合わせた養生茶を作成し、

    皆さんに試飲していただいています。

     

    お茶の配合は昨年私が通った、日本中医食養学会の

    中医薬膳茶師講座のテキストなどを参考にして試行錯誤し、

    考えたものです。

    それぞれの季節に合った養生茶を目指しているのですが、

    普段楽しむお茶として飲みやすさ、香りの良さ、色などの見た目などを

    楽しめることも大事なポイントとしています。

     

    また、漢方薬局ならではの、生薬の特徴を生かしたお茶なので、

    それぞれのお茶の材料となる生薬を実際に触れて、

    時にはそのままかじったり、においをかいだりと

    じっくり観察していただけるのも養生茶Laboの特徴です。

     

    毎回受講生の皆様に養生茶の点数をつけていただいているので、

    最終的にどの養生茶が人気だったかもいずれご報告できたらと思います。

     

    さてウエマツ薬局も8/11から5日間夏季休業となります。

    お盆休みにお出かけする方はぜひ楽しい夏の思い出を作ってくださいね。

  • かおりんの養生茶Laboウラ話①

    2019年7月23日 ,

    薬剤師の飯沼です。

    さて当店では現在月に1回、全10回の

    中医営養薬膳学講座という講座を行っており、

    今年度は4月から「かおりんの養生茶Labo」という名前で

    薬膳茶についてのコーナーを私が担当しています。

    この名前はウエマツ薬局のコピーライター(!?)大友さんに

    お借りしたキャッチコピーの本を参考にあれこれとアイデアを

    いただきながら講座の3か月前くらいに思いついたものです。

    ということで今回はこの名前に込めた思いを書きたいと思います。

     

    まず「Labo」はLaboratoryつまり実験室、研究室の略。

    最近わりとなじみのある言葉ですよね。

    理科や科学の実験室のように、参加される皆様と一緒に

    あれこれ試行錯誤してお茶の活用を考えていけたらと

    この言葉を選びました。

    「薬膳茶」ではなく、あえて「養生茶」としたのは、

    より身近に日々の生活養生の1つとして生薬を使ったお茶を

    活用していただきたいと思ったからです。

     

    そして「かおりん」はスタッフから呼んでいただいている私の愛称です。

    個性を出すためには入れた方が断然良いと後押しされて

    少し恥ずかしいですがこのようなネーミングになりました。

     

    中医営養薬膳学講座は約1年にわたる講座なので、

    それぞれの季節を感じる養生茶の時間も

    楽しみにしていただけるようになればいいなと思います。

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null