アトピー 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 体の乾燥は炎症を招きます。

    2021年2月24日 , ,

    自然界では、今、乾燥が激しいので

    山火事などがあちこちで、起きています。

     

    人間の体も乾燥が過ぎると「火」すなわち炎症が起きます。

    喉が痛くなったり、アトピーで肌が赤くなったり、から咳がひどくなります。

    自然界に負けないよう体の加湿器、すなわち滋養のある水分、

    味噌汁、ポタージュ、亀のスープなどを毎食摂りましょう。

    食べ物では、白のキクラゲがオススメです。

    興奮で熱くなり、ポーっとなった頭の熱をさまします。

  • 2021年全国実力薬局100選、3部門受賞

    2021年全国実力薬局100選

    不妊・子宝部門

    アトピー部門

    漢方・相談部門

     

    3部門の受賞が決定いたしました。

    実力100選とは、全国5万5千軒以上の薬局の中から

    高い実績をあげている薬局が選ばれるものです。

     

    ウエマツ薬局を信頼してきて下さるお客さまのおかげです。

    お礼申し上げます。

    (画像は2020年度の物です)

    2020年度

    不妊・子宝部門

    アトピー部門

    漢方・相談部門

  • あなたのお腹、冷たくありませんか?

    2020年6月14日 , ,

    梅雨入りと同時に暑くなってきました。

    冷たいものが美味しい季節です。

    でもちょっと待って。

    あなたのお腹を触ってみて下さい。

    冷たくないですか?

     

    胃腸の消化酵素は、37度から38度位で働きます。

    それ以下では食べた物を消化できないないので、

    内臓や肌は丈夫になりません。

     

    梅雨時にアトピーで水疱ができる人は、胃腸の弱い人に多く見られます。

    体の中に「湿」がたまり、水は重いので指先や足に水泡はできるのです。

     

    冷たい飲み物はやめて、逆に熱いものを飲んでみましょう。

    胃が、気持ちが良く感じるでしょう。

  • 十の薬という、臭い葉をご存知ですか?

    2020年6月8日 , ,

    ドクダミの花があちこちで咲いています。

    ドクダミの名前の由来は毒を矯める、弱めるという意味で、

    漢方では肺の清熱解毒に使います。

     

    どくだみは応用範囲が10を数えるというところから、

    「十薬(じゅうやく)」という生薬名があります。

     

    中国の人は、咳がひどい時や熱がある時に、

    ドクダミの葉は臭いですが、サラダで食べるそうです。

     

    肺の熱をとるので、アトピーやニキビにもよいです。

    今の時期、取って干してお茶にしてもよいです。

  • 春から夏の肌トラブル

    2020年5月18日 ,

    春から夏にかけての時期は、紫外線や気温の上昇などによる

    “肌のトラブル”に注意が必要です。

    落ち着いていた肌の発疹や、ジュクジュクする症状が

    出やすくなる方もいるのではないでしょうか。

    肌トラブルは、気候や環境の変化、アレルゲンといった

    外からの要因である「外因」と、

    身体の不調、アレルギー体質などの体内の要因「内因」、

    この2つの原因によって現れると中医学では考えます。

     

    肌トラブルは、肌に塗るなどの、外からケアをして症状を抑えるだけではなく、

    身体の中から改善していくことがとても大切。

    少し時間はかかりますが、日頃から健康に過ごす対策をして、

    しっかり体質を改善していきましょう。

    春から夏にかけて、気温の上昇、梅雨の時には湿気も多くなり、

    肌トラブルが悪化しやすい時期です。

    気候の変化に応じて症状別の食材を参考に、

    体質改善を心がけ、つらい症状を抑えるようにしましょう。

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null