イライラ 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • かおりんの養生茶Labo2020その➁ 秋の養生茶編

    薬剤師の飯沼です。

    いつの間にか朝晩が涼しいと感じる日も多くなり、秋らしい気候になりましたね。

    さて、今回は【かおりんの養生茶Labo2020その➁】、秋の養生茶編です。

    昨年ウエマツ薬局で行われた、中医営養薬膳学講座で試飲していただいた

    季節の養生茶の特徴と皆様の感想をご紹介したいと思います。

     

    9月の養生茶  枇杷葉薄荷茶(びわようはっかちゃ)

    まだ暑さが残る秋の前半にあわせて、

    「すっきりうるおす秋のお茶」というテーマで作成しました。

    蜜で炒めた枇杷葉に、爽やかな香りが特徴の薄荷を合わせた養生茶です。

     

    中医学では蜜で炒めることを蜜炒といい、

    肺を潤し、咳を鎮める作用が強くなると言われています。

    養生茶として初めて試作し、採用した個人的にも思い入れの強いお茶で、

    【スッキリして残暑によいです】と感想をいただいたファンが多い養生茶です。

     

    10月の養生茶  玉竹菊花茶(ぎょくちくきくかちゃ)

    だんだんと乾燥が気になる秋の後半に

    「まったりうるおす秋のお茶」というテーマで作成しました。

    肌の乾燥や口の渇きをうるおす玉竹に、

    イライラや頭痛を落ち着け、

    目の炎症をとる菊花を組み合わせた養生茶です。

    おすすめはクコの実を浮かべてゆっくり楽しむ飲み方です。

    菊の香りがほのかにして、さっぱりしたお茶に甘さも加わり、

    しばらく置くとぷっくり膨らむクコの実もおいしいです。

    クコの実も目に良いので秋の夜長の読書のおともにお勧めです。

    ちなみに講座では茶剤が見えるようにガラスのポットで淹れていましたが、

    朝忙しいときなどは、写真のようにパックを茶海(またはピッチャー)にいれ、

    お湯を注いで蒸らすという、簡便な形で活用しています。

    毎朝、季節やその時の体調に合わせて選ぶのも結構楽しいですよ。

    写真:枇杷葉薄荷茶

  • ご飯がすすむ、ひじきの一品

    2020年9月14日 , ,

    スタッフの堤です。

    9月15日は「ひじきの日」だとか。

    我が家では、ひじきの生姜煮や豆腐ハンバーグに入れて、よく食べています。

     

    豆腐のハンバーグには、作る時に戻さないままいれても

    豆腐の水分などで、戻るので楽です(^▽^)

     

    ひじきのしょうが煮は、ご飯がすすむ一品。

    卵焼きにいれてもおいしいです♪

     

    ぜひ作ってみて下さいね。

     

    *ひじきのしょうが煮*

    【材料】

    ひじき(乾燥)・・・30g   しょうがのみじん切り・・・大さじ1

    A(醤油、みりん・・・各大さじ2   砂糖小さじ2

    かつおだし または、顆粒和風だしの素・・・少々)

     

    【作り方】

    ①、ひじきは、ざっと洗い、たっぷりの水を2~3回替えながらもどす。

    10~15分ぐらいおいてもどったら、ざるにあげて水気をよくきる。

     

    ②、鍋に、Aを煮立て、1を入れて煮含め、最後にしょうがを加えて、よく混ぜる。

     

    アレンジ:ごはんにのせて(しょうがの香りがたまりません。)

    ひじきオムレツ(卵5個に、ひじきのしょうが煮1/2カップ)

    サラダ、豆腐にのせて。

     

    【効能】

    ひじき:

    肌の赤みや炎症・身体の熱感に良い。

    カルシウムが豊富でイライラや自立神経の乱れに良い。

    食物繊維も豊富で血液をきれいにし、便秘に良い。

     

    しょうが:

    風邪や咳に良い。胃腸を温め、働きを整え、嘔吐や下痢に良い。

     

  • 疲れ目対策・2 ストレス

    ストレスが溜まったり、イライラやうつ気分が続いたりすると、

    全身に栄養を運んで老廃物を回収する肝(かん)の機能が低下し、

    気の巡りが滞ってしまいます。

    その結果、目の痛みや疲れやすさ、視力の低下といった症状が現れます。

     

    ストレスが強くなるほど、目の症状も強くなり、目の症状のほか、

    頭痛や肩こり、イライラ、不眠、不安感、月経痛、月経不順といった症状を伴います。

    このタイプの疲れ目対策は、肝を養い、ストレスを発散することが基本です。

    ストレスやイライラを感じやすい人は、うまく発散するように工夫しましょう。

     

    *気になる症状

    目の痛み、目が疲れやすい

     

    *食養生

    ストレスや鬱気分を発散するお茶や涼性(からだの熱を冷ます性質)の食材がおすすめ。

    玫瑰花(マイカイカ)のお茶、ジャスミン茶、桑の葉茶、緑茶、

    ハブ茶、ハッカ、あわび、さざえ、あさりなど

    マイカイカ茶→オンラインショップ

     

    *漢方薬

    逍遥散 加味逍遙散など

    ※この商品はオンライン販売しておりません。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:木曜、日曜、祭日

     

    参考:漢方の知恵袋

  • PMS(月経前症候群)対策1・気滞(きたい)

    「肝(かん)」(肝臓)は、月経の基本となる「血(けつ)」を蓄え、

    血量や月経周期の調節を担う臓器です。

    また、ストレスを発散させて、「気」(エネルギー)の巡りを

    スムーズに保つ働きもあります。

    一方、ストレスが過剰になると、そのダメージで

    肝の機能が低下してしまうこともあります。

    すると、気の流れが停滞し、ストレスを上手く発散できず、

    イライラや怒りといった精神的な不調が起こりやすくなるのです。

    また、肝の不調は月経にも影響するため、

    月経不順や月経痛などにつながることもあります。

    「気滞」の状態は、PMSに多く見られます。

    症状がそれほど重くないケースも多いので、

    積極的なケアで改善を目指しましょう。

     

    養生としては、日常のストレスをこまめに発散させることです。

    肝を健やかに保ち、体内の気をスムーズに巡らせましょう。

     

    *気になる症状

    ・月経前の主な症状:イライラ、怒りっぽい、乳房の張り・痛み、頭痛、肩こり

    ・その他:ストレスが多い、熱っぽい、口の渇き、過食、

    月経時の下腹部の張り・痛み、舌辺が紅い、舌の苔が薄く黄色い

     

    *食養生

    香りの良い涼性の食材でストレスを発散:

    ミント、ハマナスの花、ジャスミン、菊花、みかんの皮、

    金針菜、黒きくらげ、うこん、春菊、三つ葉、竹の子 など

    *漢方薬

    加味逍遥散(かみしょうようさん)、

    抑肝散(よくかんさん) など

     

    ※この商品はオンライン販売しておりません。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • PMS(月経前症候群)は漢方で改善しましょう。

    多くの女性が感じる月経前の不快症状「PMS(月経前症候群)」

    適切なケアをすることで和らげることができます。

    女性にとって月経は長い付き合いになるものだからこそ、

    PMSの対処法をきちんと知って、

    毎月の月経を上手に乗り切りたいですよね。

     

    月経の1〜2週間くらい前になると現れる、

    イライラ、落ち込み、不眠、胸の張り・痛み、下腹部痛、

    頭痛、むくみといった不快な症状。

    こうした心身のさまざまな不調を、総称して「PMS(月経前症候群)」

    と呼びます。

     

    排卵後の女性ホルモンの変化が関係していると考えられていて、

    月経が始まると症状が軽くなることも特徴です。

    PMSは、適切なケアをすれば不調を改善することも

    できるので、諦めず積極的に対処しましょう。

     

    中医学では、一人ひとりに現れる症状によって、

    その根本原因を考え対処します。

    原因がはっきりしないPMSは、一人ひとりの体質や症状に合わせて

    柔軟に対応できる中医学の得意分野です。

    体質に合わせた養生で不調を和らげ、月経と上手に付き合っていきましょう。

    漢方を飲んで改善された方も大勢いらっしゃいます。

    気になる方は相談にいらして下さいね。

     

    ※症状によっては、子宮内膜症などの病気が

    隠れていることもあります。気になる場合は一度婦人科を受診しましょう。

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null