不眠 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 緊張などで、眠れない時は?

    2020年7月9日 ,

    スタッフの堤です。

    最近、初めての事や緊張する事が続き、

    気が張って寝付けない、夜中に何度も目が覚める

    悪夢を見るなど、困っていました。

    しかし、解決方法を発見しました(^o^)

    「しりとり」です。

    始めて試した日は、しりとりをすると、

    じきに寝ていて、そのまま朝までぐっすり眠れて、

    すっきり目覚める事が出来ました。

     

    布団の中で、しりとりをしていると

    頭の中に、大きい「ら」の文字が浮かんでいて、

    時期に「ラッパ」のイメージがふわっと出てきます。

     

    だんご・・・ゴジラ・・ラッパ

    なんて考えていると、ラッパなどのイメージが頭に浮かび

    簡単な言葉を考える事で、気が紛れて

    緊張がほぐれてくるのかもしれません。

    緊張の度合いなど、皆さんに効果があるかは分かりませんが、

    お悩みの方は試してみて下さいね。

     

    また、不眠のおすすめの漢方薬もございます。

    ぜひ、ご相談にいらして下さい。お待ちしております(^▽^)

  • オジギソウは眠る?

    2020年7月8日 , , ,

    オジギソウは眠るってご存知でしたか?

    以前、中国、雲南省の熱帯植物園シーサンパンダへ行った時のことです。

    オジギソウの前で男の人が笛を吹いています。

    すると笛の音に合わせてオジギソウの葉が閉じるのです。

    笛の音が止むと葉が開きます。

    おじぎをしているようにも見えますので、オジギソウといいますが、

    眠っているようにもみえるので、別名「ネムリ草」ともいいます。

     

    また、ネムノキは夜、葉が閉じて眠ります。漢字で「合歓の木」と書きます。

    愛を交わした後、快い眠りが来るからでしょうか?

    実は、合歓の皮は漢方生薬で、眠れない人に使う、

    れっきとした睡眠薬です。副作用はなく、よいものです。

     

    憂鬱で、食欲がない人、胸苦しい人の不安や不眠に花や皮を長く飲むとよいです。

    古代の人は葉が閉じるのを見て、眠りに効くのではないか、

    と考えたのだと、思われます。

    花の色は日本では優しいピンクですが、中国、台湾などでは黄色もあり、

    美しい街路樹になっていました。

  • 夏の冷え対策2 血(けつ)不足

    2020年7月5日 , , ,

    *気になる症状

    手足の冷え(特に手先や足先)、顔色が白い、息切れ、

    疲労感、動悸、不眠、月経の量が少なく色がうすい、舌の色が淡い

     

    「血」は全身をめぐって身体を温めていますが、

    貧血や病気などで慢性的に血が不足すると、

    その温かさを身体のすみずみまで行き渡らせることができません。

     

    また、血は身体を温める「陽気」と一緒に流れているため、

    血が十分にないと陽気もスムーズに届かず、手足の冷えが起きてしまうのです。

    血との関わりが深い女性の冷え症も、この血不足が原因になって

    いることが少なくありません。

    日頃からしっかり血を養うよう心がけましょう。

     

    *食養生

    不足しがちな血を補いながら、しっかり体力をつけましょう。:

    なつめ、クコの実、もち米、豆腐、きのこ類、

    黒砂糖、うなぎ、ワイン(少量)、鮭、鶏肉

     

    *漢方薬など

    婦宝当帰膠、四物湯、帰脾湯、心脾顆粒など

    ※あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

    参考:漢方の知恵袋

  • 夏の冷え対策

    2020年7月2日 , , ,

    蒸し暑いこの時期、外は暑いのに、

    手足はいつも冷たい、とお悩みではありませんか?

    冬だけでなく、夏もある冷えはさまざまな不調の原因になります。

    そこで、中医学をもとに、冷えの予防法をお伝えします。

     

    暑い時期の冷え症の原因は、冷たいものの摂り過ぎや

    運動不足などさまざまですが、特に大きな原因となっているのは過度な冷房です。

    中医学では、体内の「陽気」には身体を温める働きがあると考えますが、

    冷房などで無理に身体を冷やすと陽気が傷ついてしまい、

    身体が冷えやすくなってしまうのです。

     

    また、激しい温度差のある屋外と屋内を繰り返し出入りすることで、

    血行障害が起こったり、自律神経のバランスを崩したりすることも

    冷えを招く原因になります。

     

    こうした不自然な状態が続くと、胃腸をはじめとする臓器の働きも

    低下してしまいます。その結果、冷えだけでなく、全身の倦怠感や頭痛、

    不眠、食欲不振といったさまざまな症状が現れるようになるのです。

    また、女性の冷えは「血」の不足にも注意⚠

    血は全身をめぐって身体を温めているため、貧血や虚弱体質、

    胃腸の不調などで血が不足すると、冷えが起こりやすくなってしまいます。

     

    暑い夏にはきちんと汗をかくのが自然なことです。

    汗には体温を調節したり、新陳代謝を高めたりする大切な働きがあります。

    冷房で無理に身体を冷やさず、上手に汗をかく事を心がけながら

    冷え体質を改善していきましょう。

    参考:漢方の知恵袋

  • 髪のトラブル対処・3 気血(きけつ)不足

    2020年5月1日 , ,

    中医学では、頭は体内の「陽気」(身体を温めるエネルギー)が

    集まる場所とされています。

    そのため、慢性的な病気や虚弱体質、出産などで体内の「気」「血」を消耗すると、

    頭に集まる陽気が足りなくなり、頭皮の働きも低下してしまうのです。

     

    また、血が不足することで髪にも栄養がうまく届かず、

    ハリのない髪になったり、白髪が多くでてきたりします。

    過渡なダイエットやストレスも、気血不足を招く原因になります。

    栄養をしっかりとって気血を充実させ、身体の元気を保つことを大切にしましょう。

    *気になる症状

    白髪、若白髪、脱毛、髪が細く弱い、乾燥してツヤがない、疲労感、

    息切れ、食欲不振、動悸、不眠、不安、物忘れ、舌の色が淡い

     

    *食養生

    足りない気・血を補い、弱った髪に栄養と潤いを。:

    なつめ、烏骨鶏、卵、干しぶどう、ほうれん草、にんじん、きくらげ

    * 漢方薬、健康商品など

    十全大補湯 婦宝当帰膠 ササヘルス など

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null