漢方 埼玉県川越市の漢方薬局 | 漢方でアトピー改善!「ウエマツ薬局」

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • お店自慢 !(^^)!

    2022年7月6日 , , ,

    ウエマツ薬局では笑いカワセミがたくさん働いています(笑)

    あまりの笑い声に、イエローカードならぬ、『静かに!』のカードが植松より度々出されます(汗)

     

    ウエマツよいとこ

    一度はおいで

    ア ドッコイショ

    笑い病(やまい)は

    コーリャ

    治りゃせぬヨ

    チョイナチョイナ♬

     

    スタッフ大友

     

  • 中医学で考えるアトピー性皮膚炎の原因「熱」とは?

    2021年12月9日 , ,

    アトピー性皮膚炎の患者さんの体質は?

    アトピー性皮膚炎は現代の難病と言われ、多くの方が夜も眠れないほど苦しんでいます。

    「アトピー性皮膚炎とは、よくなったり、悪くなったりを繰り返しながら、

    慢性に経過し、身体のあちこちに痒みを伴った湿疹が出る病気」です。

    日本人の3人に1人はアトピー性皮膚炎にかかりやすい体質を持っています。

     

    この体質は、遺伝によるものなので、家族は同じ遺伝因子を持つことになります。

    アトピー性皮膚炎は、環境・遺伝・食べ物・体質・自律神経のアンバランスなどが

    複雑にからみあって作られた病気と言えるでしょう。

    しかし、まだ原因はよくわかっていません。

     

    その中でも、アトピー性皮膚炎の患者さんの多くは、免疫異常を起こしやすい

    体質を持っています。免疫異常とはある物質に対して、免疫細胞が反応して、

    敵ではないのに身体が「敵だ!」と感知して免疫過剰の症状が出ることです。

     

    花粉症の場合は、花粉症でない人なら何も感じない花粉を花粉症の人は免疫細胞が

    「敵だ!」とキャッチして、くしゃみや大量の鼻水で追い出そうとするのです。

    アトピー性皮膚炎の方の親には、花粉症の方が多くみられます。

    やはりアレルギー体質が遺伝するということがわかります。

    アトピー性皮膚炎の人は、原因となるものに対して免疫過剰反応を起こし、皮膚炎が悪化するのです。

     

    中医学の考えでいう「熱」を持っていませんか?

    身体にこもった熱が血を熱くし、身体の表面にまで熱症状が出て赤くなることを

    「熱」と言います。免疫過剰の反応のひとつは、中医学の考えでいうと「熱」に

    関係があります。その「熱」の原因になるものについては前回お話ししました。

    中医皮膚科でいう「熱」とは主に血の熱「血熱(けつねつ)」や

    汚い水がたまった「湿熱(しつねつ)」などがあります。

     

    風邪をひいて微熱なら熱っぽいだけで顔は赤くなることは少ないですが、

    40度の高熱なら顔は赤くなります。アトピー性皮膚炎で皮膚が赤いということは、

    いかに身体の中に「血熱」がこもっているかお分かりになるでしょう。

     

    漢方薬は内科などで処方される薬に比べて、たくさんの量を飲まないと

    効果が出にくいものです。よくなってきて、赤みが治まってきたら量を減らし、

    徐々に体質改善の処方に変えていくと肌は潤い艶やかになります。

    皆さん、どの方もとてもきれいになり、びっくりさせられます。

    それがアトピー漢方相談の一番の喜びです。

  • 「漢方は奥深くておもしろそう」薬学部実習生感想文・59

    ウエマツ薬局に実習に来られた、

    薬学部5年生の感想文をご紹介します。

     

    *漢方に今まで興味を持っていましたか?

    いいえ。生薬の名前の暗記、構造の暗記など

    覚える事が多かったから、苦手でした。

     

    *実際に今回体験して感じたことを教えて下さい。

    また、将来漢方の仕事をやってみたいと思いましたか?

    植松先生の隣で漢方相談を見学させていただいた中で、

    舌の色、厚みなど、患者さんの舌を一瞬見ただけで、

    判断しているのに対して、驚きました。

    今まで、漢方は生薬名や特徴の暗記であまり興味がわかず、

    想像もできなかったが、実際の漢方相談を見て、

    その患者さんに合う漢方を処方するまでの流れを把握できて良かったです。

    漢方は難しそうという単純なイメージから、

    奥深くておもしろそう、というイメージに変わりました。

     

    2021年4月20日 薬学部医療薬物薬学科 川目彩菜

  • 「その人の体質に合わせる漢方」薬学部実習生感想文・57

    ウエマツ薬局に実習に来られた、

    薬学部5年生の感想文をご紹介します。

     

    *漢方に今まで興味を持っていましたか?

     

    はい。学校の授業で生薬学や漢方学がとても面白く感じたから。

     

    *実際に今回体験して感じたことを教えて下さい。

    また、将来漢方の仕事をやってみたいと思いましたか?

     

    漢方専門の薬局に来るのが今回初めてだったため、全てが新鮮でした。

    調剤薬局では、なかなか患者さんとお話する時間が十分に取れないため、

    患者さんの体の状態を把握しきれないまま投薬してしまうことがあります。

    ですが、今回、ウエマツ薬局での患者さんとの応対では、

    十分な時間で患者さん一人一人に対してゆっくり向き合い、

    今何が不調で、その原因はどこからくるのかを探っていく植松先生の姿がとても印象的でした。

     

    その人の体質に合わせた治療を目の前で見学することができ、とても貴重な経験になりました。

    将来は漢方に関する仕事に興味があるので、これからも自分なりに調べていきたいと思っています。

    ありがとうございました。

    2021年4月6日 薬学部薬学科 H.S

  • 参加報告「健康長寿のために今私たちにできること」

    2020年11月6日 , , ,

    薬剤師の飯沼です。だいぶ風が冷たいと感じる日が増えてきましたね。

    今回は「健康長寿のために今私たちにできること」と題して

    YouTubeでもLive配信されたイベントの参加報告です。

     

    実は開催された10月11日は、

    「世界中医薬の日」と定められた特別な日です。

    毎年のその日の前後、世界中で中医薬に関するイベントが開催されるようです。

    漢方や中医学に興味のある方は今後この時期のイベントに注目してみるといいかもしれません。

     

    さて今回のイベントで特に印象的だったのは

    黒岩祐治神奈川県知事による主題講演です。

    神奈川県の施策である「未病の概念普及」を掲げるようになった経緯として、

    自身と家族の中医学(漢方)との出会いを盛り込んだお話は

    とても分かりやすく、参考になりました。

     

    様々な検査や基準で病気を判断し対応する現代の医療も大切ですが、

    人それぞれ健康とは言い切れないちょっとした不調などは誰にでもあると思います。

    健康と病気の間を連続的に変化する状態を「未病」といいます。

    この「未病」という概念をもとに、病気の治療を受けるという状況になる前に

    普段から自身の健康状態を意識して向き合い、健康寿命を延ばしていこうという取り組みです。

     

    大切なことは治してもらう、という受動的なとらえ方ではなく、

    それぞれが「未病」を改善し病気自体を防ぐという積極的な意識で

    日々の食事や運動、社会参加に取り組むということ。

     

    日々漢方相談でも薬だけでなく食事や運動、生活などお話しすることが多いので、

    共感する点や改めて気付かされる点がとても多い講演でした。

    漢方薬局が今後もみなさんの健康を保つために

    「未病」を改善する手助けになる場所の一つとなればと思います。

    そして写真にもあるイベントで紹介があった

    「中医学で健康長寿~人生100年時代を楽しむための3つのカギ」

    という冊子を現在ウエマツ薬局でもお配りしております。

    健康を保つための年代別養生法やおすすめのレシピなど

    盛りだくさんの内容です。ぜひ興味のある方はお声かけくださいね。

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に

〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null