乾燥肌 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 黒豆で身体を潤しましょう。

    2019年12月23日 , , ,

    黒豆の煮汁は喉を潤します。

    黒豆も乾燥タイプの人にぴったりで、

    老化、むくみ、疲れに毎日召し上がると良いですよ。

    おせち料理に作ってみませんか?

    作り方はこちら⇒シワにならない黒豆

     

    黒豆ドリンクも美味しいです。

    黒豆と黒豆の汁各大さじ1 を豆乳100ccに入れてチンするだけ。

    「どうせ食べるなら美のもと 薬膳スイーツ」に掲載しています。

  • シワ予防に。

    2019年12月20日 , ,

    私は、75歳まで、ほとんどシワはありませんでした。

    その秘訣も恥ずかしいですが、伝えていきたいなと思っています。

     

    74歳までシワにならない肌を保つには、

    毎日楽しくきちんとしたお食事をしていくといいと思います。

     

    お腹が空いたからと、いっぱい食べたり、

    食べたくないから何も食べなかったりすると、胃腸を傷つけます。

     

    三食なるべく同じ時間にムラなく食べていくことが、

    長い間にあなたの肌を美しく保ちますよ。

    74歳までシワにならない方法の1つに

    「陰陽」の「陰」を大事にすることもポイントです 。

     

    女性は陰 男性は陽

    太陽は陽 月は陰

    昼は陽 夜は陰

    気は陽 血や水分は陰

    女性は月経や出産、授乳で多くの血液や 水分を失います。

    ですから男性に比べて乾燥肌になりやすいのです。

     

    シワにならないために体内に潤いを保つことが大事です。

    そのために、夜は早く寝て滋養のある水分をたっぷり取ると良いでしょう。

     

    こちらも参考にしてください。

    滋養のある水分を摂ろう

  • 潤い体質をめざすには「腎」の養生を

    2019年10月11日 , ,

    前回、ドライシンドローム(乾燥症候群)

    「腎(じん)」が関係している事をお伝ええしました。

    前回の記事はこちら→ドライシンドローム(乾燥症候群)

     

    腎の働きが健やかで、腎陰(水や血などの体を潤す要素)がしっかりあれば、

    身体の潤いを保つことができるのですが、加齢とともに働きが衰えたり、

    量が減ったり年とともに潤いが不足してしまいます。

    少しでも潤い体質でいるために養生するように、こころがけましょう。

     

    腎が弱っているサイン

    乾燥症状・ほてり・めまい・耳鳴り・髪が抜けやすい

    白髪・記憶力の低下・腰痛・冷え・頻尿

    食養生~腎を養い、潤いをアップする~

    豆類・種実類

    くるみ・松の実・銀杏・枸杞の実

    蓮の実・黒ゴマ・黒豆

    枸杞の実⇒オンラインショップ

     

    野菜類・香辛料

    山芋・よもぎ・にら・黒きくらげ・シナモン

      

     

    魚介類・肉類

    えび・牡蛎・なまこ・海藻類

    牛肉・羊肉

     

    よく使われる漢方薬など

    杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

    八仙丸(はっせんがん)

    二至丸(にしがん)

    瀉火補腎丸(しゃかほじんがん) など

    ※その他、エキス剤や煎じ薬もございます。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • ドライシンドローム(乾燥症候群)

    2019年10月10日 , ,

    秋が深まる10月は、空気が乾燥し、

    身体のさまざまな乾燥症状が起こりやすくなります。

    カサカサの肌(ドライスキン)

    目の乾燥(ドライアイ)

    口の乾燥(ドライマウス)

    鼻の乾燥(ドライノーズ)

    こうした、様々な症状を、乾燥によって起きる一連の症候群

    「ドライシンドローム」と考えるようになってきました。

    原因は、エアコンの使用、睡眠不足、口呼吸、

    高カロリーな食事、パソコンやテレビなど、生活環境の問題もありますが、

    秋や冬は乾燥する季節なので、症状が起こりやすくなるのです。

    中医学では乾燥の症状は、

    身体の潤い成分である、「水(すい)(津液)」や「血(けつ)」の不足から起こると考えられています。

    また、「腎陰(じんいん)(水や血などの体を潤す要素)」の不足も乾燥を招く要因になります。

    「腎」は加齢とともに衰え、腎陰も不足しがちになるので、

    年とともに身体の潤いは減少していきます。

    喉や鼻の粘膜が乾くと、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、

    感染症にかかりやすくなってしまいます。

    乾燥は、アトピーなどの皮膚病の悪化、咳、便秘などの不調にもつながります。

    しっかり対策して乾燥に負けない、潤い体質を目指しましょう。

     

    ホームページ・アトピー性皮膚炎

  • シャンプー剤を使わなくても、湯シャンでとれる髪の汚れとにおい

    江戸時代は一ヶ月に一回の洗髪だったそうです。

    平安時代は何と一年に一回。

    シャンプー剤での洗い過ぎは現代の乾燥肌の人の地肌を、さらに乾燥させます。

    乾燥すると敏感になるので、痒みを引き起こします。

    今、私はシャンプー剤は三日に一回位にしています。他の日は湯シャンです。

    先日、美容院に行きましたら、スパを勧められ、地肌の写真を撮ってくれました。

    嬉しいことに、全然汚れが見えませんでした。写真②

    参考写真①は汚れている頭髪

    ただ写真を撮った皮膚は、眼鏡のつるが当たるところで、少し赤く鬱血していました。

     

    スパをやって頂いて撮った写真は、鬱血が無く、きれいな皮膚になっていました。写真③

    高齢者や敏感肌、アトピーの方は

    極力シャンプー剤を減らしたい方がいいのではないか、と思って

    自分の頭で実験してしていました。

     

    結果、三日に1回のシャンプーでも汚れが付いていません。

    匂いも、匂いのチェック器械の「クンクン」で、何回も調べましたが、

    ほとんど匂いはありませんでした。

     

    ただし湯シャンをした後、しっかりドライヤーで乾かさないと、

    細菌が繁殖して臭うかも知れません。

    頭が痒いかたは漢方の生薬入り「瑞花露(スイカロ) 入浴剤」が人気です。

    アロマの痒み止め、ティーツリーや、漢方のかゆみ止め苦参(くじん)が入っていて、

    洗った後の髪の毛に、リンスのように薄めてかけると、気持ちがよいですよ。

    瑞花露(スイカロ) 入浴剤2200円(税抜)

    こちらの商品はウエマツ薬局にて販売しております。

    インターネット上では販売しておりません。

     

    今すぐご注文、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null