胃痛 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • ストレス対策2 気滞(きたい)

    「肝」はストレスをコントロールする反面、ストレスのダメージを受けやすい臓器です。

    過剰なストレスを受けるとその機能が低下し、「気」の巡りが悪くなってしまいます。

    体内の「気」(エネルギー)は、滞りなく動いて全身を巡っていることが大切です。

    そのため、気の流れが停滞すると、イライラや憂うつ、

    胃痛、胃もたれといった心身のさまざまな不調につながるのです。

     

    このタイプは、体調や情緒が安定していないと、

    ストレスの影響を強く受けてしまうことが特徴。

    香りの良いお茶でリラックスしたり、身体を動かしたり、

    ストレスをこまめに発散するよう心がけましょう。

     

    *気になる症状

    憂うつ、イライラ、怒りっぽい、情緒不安定、

    情緒の状態によってストレスの影響が強くなる、

    胸が重い、胃もたれ、胃痛、排便不調(下痢や便秘)、

    月経不順、月経前の精神症状が重い

     

    *食養生

    香りの良いお茶や苦みのある食材を:

    陳皮(乾燥したみかんの皮)、ハマナスの花、

    菊花、カモミール、ジャスミン、ミント、春菊、せり、

    竹の子、たらの芽、クレソン、ウコン など

     

    *漢方薬

    川芎、陳皮、四逆散、開気丸など

    ※この商品はオンライン販売しておりません。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

  • 「機能性胃腸症5 食欲不振が続く、虚弱タイプ」

    2019年12月9日 , ,

    機能性胃腸症とは⇒機能性胃腸症

     

    《食欲不振が続く、虚弱タイプ

    慢性疾患を患っている人、乱れた食生活を続けている人などは、

    胃腸の働きが低下して食欲が落ち、不調が長引きがちになります。

    胃腸は食事の栄養から「気(エネルギー)」を生み出し、

    生命活動の基礎を支える大切な臓器です。

     

    そのため胃腸不調が慢性化すると、

    身体のエネルギー不足で体力や免疫力が落ち、

    疲労感、息切れ、風邪をひきやすくなるといった

    全身の不調につながってしまうのです。

    食欲不振などの軽い不調は放置しがちですが、油断は禁物です。

    根本的な体力を養うためにも気になる症状は

    早めに改善するようにしましょう。

     

    *主な症状

    食欲不振・疲労感・無力感・息切れ・風邪をひきやすい

    めまい・顔色が黄色い・痩せている・舌の色が淡い

    *食養生

    ~胃腸を養い、体力をつける

    米・もち米・湯葉・豆乳・豆腐・いんげん豆

    山芋・ヨーグルト・じゃがいも・きゃべつ

    鶏肉・白身魚・牛乳 など

    *よく使われる漢方など

    健脾散・健胃顆粒・補中丸T など

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 機能性胃腸症4 膨満感がある、ストレスタイプ

    機能性胃腸症とは⇒機能性胃腸症

     

    《膨満感がある、ストレスタイプ

    「肝」はストレスを発散させ、体内の「気(エネルギー)」の巡りを

    スムーズに保つ臓器です。

    この機能が胃腸の働きにも深く影響しているため、

    過剰なストレスで肝の機能が低下し、気の巡りが停滞すると、

    お腹の張り、膨満感、ゲップといった不調が起こりやすくなるのです。

    また、気の停滞が長引くと、体内に余分な熱が発生し、

    口の渇き、熱感などの症状がでる事もあります。

    このタイプは精神的な要因で胃痛が起こりやすいことが特徴です。

    日頃のストレスをこまめに発散し、気の巡りをスムーズに保つようにしましょう。

    *主な症状

    上腹部の膨満感、お腹の張り、両脇が苦しい、ゲップ

    胃痛、ストレスで症状が悪化、口が渇く、口の中が苦い

    熱感、頭痛、過食傾向、排便異常(便秘や軟便)

    舌苔が薄く乾いている

     

    *食養生

    ~香りの良いもので気の巡りを整える

    ハマナスの花茶・たけのこ・菊茶

    グリンピース・ジャスミンティー・ふきのとう

    うこん・たらの芽・香草類 など

    *よく使われる漢方など

    逍遙丸・加味逍遥散・開気丸・四逆散 など

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 機能性胃腸症3 胃がもたれる、痰湿タイプ

    機能性胃腸症とは⇒機能性胃腸症

    《胃がもたれる、痰湿タイプ

    胃腸は乾燥した状態を好むため、

    体内に「痰湿(余分な水分や汚れ)」が溜まると

    不調が起こりやすくなります。

    また、溜まった痰湿の影響で胃腸の水分代謝が落ちると、

    さらに痰湿が溜まりやすくなるという

    悪循環に陥ることもあります。

    痰湿が溜まる要因は、暴飲暴食、過剰なアルコール摂取、

    脂っこい食事や甘いものの摂りすぎなど。

    梅雨から夏の湿気の多い季節は

    痰湿が溜まりやすくなるので注意が必要です。

    このタイプの人は、まず食生活の改善が大事。

    食事には水分代謝を促すものを取り入れ、

    体内の余分な水分をすっきり取り除きましょう。

     

    *主な症状

    胃もたれ、胃の痛み、むかつき、口の中がねばつく、

    雨や低気圧の影響で症状が悪化、舌苔が厚くべたつく

    *食養生

    ~香りの良い食材、水分の代謝を促す食材で胃腸を整える

    しそ・サンザシ・もやし・麦芽・とうもろこしの髭茶

    春雨・陳皮(みかんの皮)・カルダモン・はと麦

    梅干し・大根・栗 など

    ※サンザシ⇒オンラインショップ

    ※はと麦⇒オンラインショップ

    *よく使われる漢方など

    勝湿顆粒・香蘇散・晶三仙・温胆湯・平胃散・五苓散 など

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

  • 機能性胃腸症2 痛みが強い、冷えタイプ

    2019年12月6日 , ,

    機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)と診断されたら

    自分の体質に合った、中医学の養生を取り入れましょう。

    機能性胃腸症とは⇒機能性胃腸症

     

    《痛みが強い冷えタイプ

    胃腸は冷えに弱い臓器です。

    冷たい飲食、冷房や冬の寒さなどで、胃腸が冷えると

    不調が起こりやすくなります。

    このタイプの症状は、胃痛、腹痛などの痛みが特徴ですが、

    これは冷えて胃腸の血行が悪くなってしまうためです。

    中医学では「不通則痛(滞ると痛みが起きる)」と考えられていて、

    血行が滞ると痛みが起きやすくなるのです。

     

    養生の基本は冷えた身体をしっかり温めること。

    冷たい飲食は避けて、夏でも温かい物、

    常温の物を摂るよう心がけましょう。

    *主な症状

    胃痛、腹痛、腹部の冷え、身体の冷え

    顔色が白い、下痢や軟便を伴う、舌苔が白い

     

    *食養生

    ~冷えを取り除き、胃腸を温める~

    生姜・シナモン・ねぎ・ナツメグ

    にんにく・みょうが・山椒の実

    紅茶・八角 など

    *よく使われる漢方など

    人参湯・安中散 など

     

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null