埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 気管支喘息の中医学対策

    2019年12月28日 , ,

    アレルギー性肺疾患の一つ、気管支喘息は、

    空気の通り道(気道)に炎症が続き、

    様々な刺激に気道が敏感になって、

    発作的に気道が狭くなることを繰り返す病気です。

    治療としては、気管支拡張剤と吸入ステロイド剤が

    使用されています。

    気管支喘息は、肺に溜まった痰に、外からの刺激(気候変動など)、

    体に合わない食べ物、ストレス、病後、疲労蓄積などが加わることが原因で、

    気道が痰で塞がり、肺気が上にのぼって発病します。

     

    根本的な病気の原因「痰」は肺、胃腸、腎の機能不足により、

    津液が痰に凝縮されて、肺に溜まります。

    そして、天気や気温の急な変化などにより、発作が起こります。

     

    呼吸困難の治療には、急性期に症状を抑えるのが重要で、

    緩解期(落ち着いてきた時期)になったら根本的な治療をすることが原則です。

    急性期に寒熱、緩解期に、肺、胃腸、腎に分けて治し方を分けます。

     

    《急性期》

    寒症 :

    呼吸が早くて荒い、痰鳴音あり、胸に詰まり感、

    咳は激しくない、痰が少なく、出しにくい、

    顔色が暗い、口が渇く、温かい飲み物がほしい、

    冷えると発作しやすい、舌の苔は白くて滑らか。

    漢方薬は小青竜湯、麻黄湯など。

     

    熱症 

    呼吸が早くて荒い、痰鳴音が高ぶる、胸が張る、

    むせるような咳が連続する、痰の色が黄色あるいは白い、

    痰に粘り気がある、イライラ、不安、汗をかく、

    顔色が赤い、口苦、口が渇く、水分を欲しがる、

    舌の色が赤い、舌苔が厚く黄色い。

    漢方薬は麻杏甘石湯、麻杏止咳顆粒など。

     

    《落ち着いてきた時期》

    肺虚 : 

    自汗、悪風、風邪を引きやすい、

    気温変化時にくしゃみをする、

    鼻水がでる、顔が青白い、

    舌の色は淡紅色で、舌苔は白く薄い。

    漢方薬は、衛益顆粒、麦味参顆粒、西洋人参など。

     

    脾虚 : 

    普段は少食で泥状便、脂っこいものを食べると下痢をする。

    倦怠感、おっくう、舌の色は淡紅色で、舌苔は薄くべっとりしている。

    漢方薬は平喘顆粒、健胃顆粒、健脾散など。

    腎虚 : 

    普段から息切れしやすい、深呼吸できない、

     腰や膝がだるくて痛い、耳鳴り、疲れると発作、

     寒がり、四肢が冷える、舌は肥大して、苔が白い。

     漢方薬は八仙丸、星火霊芝宝、亀鹿仙など。

    あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 美しい髪でいる秘訣。

    2019年12月24日 ,

    髪の毛は女性ホルモンと体内の水分量と関係します。

    女性は、7の倍数で変わります。

     

    7、14、21、28、35、42、49歳で終わりと中国の古典には書いてあります。

    28歳が女性のピークです。髪の毛も同様です。

     

    「カラスの濡れ羽色」と言う言葉があります。

    濡れたような髪の毛が美しいという意味です。

     

    輝く濡れたような髪の毛を保つためには、

    女性ホルモンが正常なことで、その目安は生理の周期が28~35日位です。

    髪の毛を痛めないために毛染や、脱色をしないことも大事です。

    (髪を美しくしてくれる毛染めもありますが、

    髪が痛んでしまうものもあります。)

     

    髪の毛の色を変えて気分転換も良いですが、

    他人から見れば、濡れたようなツヤのある髪の毛も、美しく見えると思います。

    74歳まで美しい髪の毛を保つ為に、白髪染めも考えものです。

    最近は染めない方も増えてきました 。

    気になる方は紫色になるシャンプーもあります。

     

    あまり白い色が目立たなく、髪の毛も痛まず、

    いつの間にか優しい紫色になっていきます。

     

    洋服もそれに合わせてきれいな色になり、気分も若返ります。

  • 黒豆で身体を潤しましょう。

    2019年12月23日 , , ,

    黒豆の煮汁は喉を潤します。

    黒豆も乾燥タイプの人にぴったりで、

    老化、むくみ、疲れに毎日召し上がると良いですよ。

    おせち料理に作ってみませんか?

    作り方はこちら⇒シワにならない黒豆

     

    黒豆ドリンクも美味しいです。

    黒豆と黒豆の汁各大さじ1 を豆乳100ccに入れてチンするだけ。

    「どうせ食べるなら美のもと 薬膳スイーツ」に掲載しています。

  • シワ予防に。

    2019年12月20日 , ,

    私は、75歳まで、ほとんどシワはありませんでした。

    その秘訣も恥ずかしいですが、伝えていきたいなと思っています。

     

    74歳までシワにならない肌を保つには、

    毎日楽しくきちんとしたお食事をしていくといいと思います。

     

    お腹が空いたからと、いっぱい食べたり、

    食べたくないから何も食べなかったりすると、胃腸を傷つけます。

     

    三食なるべく同じ時間にムラなく食べていくことが、

    長い間にあなたの肌を美しく保ちますよ。

    74歳までシワにならない方法の1つに

    「陰陽」の「陰」を大事にすることもポイントです 。

     

    女性は陰 男性は陽

    太陽は陽 月は陰

    昼は陽 夜は陰

    気は陽 血や水分は陰

    女性は月経や出産、授乳で多くの血液や 水分を失います。

    ですから男性に比べて乾燥肌になりやすいのです。

     

    シワにならないために体内に潤いを保つことが大事です。

    そのために、夜は早く寝て滋養のある水分をたっぷり取ると良いでしょう。

     

    こちらも参考にしてください。

    滋養のある水分を摂ろう

  • 季節の養生~冬の養生編~

    2019年12月18日 , ,

    薬剤師の飯沼です。

    写真は私が休日に良く訪れる図書館の近くの公園です。

    市街地の公園でも木々の紅葉や落ち葉で色づく季節になりましたね。

    今回は冬の養生についてまた改めて書こうと思います。

    冬の養生のポイントはなんといっても身体を冷やさないように

    寒さから守ること!

     

    中国の古典には

    「夜は早く寝、朝は日が昇ってから起き、

    心の落ち着きを保ち、衣類で保温を心がけて、

    腎の機能を滋養していく。

    これが良い冬の養生方法である。」

    と記載があります。

     

    寒さは寒邪といい、陽気を傷つけ気血の巡りをはばむため、

    手足などの末端の冷えや、下半身の腰や膝の症状が出やすくなります。

    丁度この前の漢方講演会でも、仝(トン)先生が「腎」は「冷え」が敵となるため

    特に腰回りを温めるようにとお話されていました。

     

    今は色々と素敵なデザインのハラマキもあるので

    マフラーや手袋、帽子など共にお気に入りの防寒グッズを

    そろえるのもいいですね。

    また体の熱の多くは筋肉が生み出していると言われています。

    室内でもできる柔軟体操や筋肉トレーニングをこの機会にじっくりと行って、

    寒さに負けない体づくりに励んでみるのもおすすめです。

     

    温かい様々なホットドリンクを楽しめるのもこの時期ならではですね。

    ぜひ色々と工夫して楽しくこれからの寒い季節を乗り越えましょう。

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null