胃腸不調 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 出血量の過多と長引く生理

    あなたは生理の無駄な出血はしていませんか?

    ダラダラと7日以上出血が続くと、体から血や水分が減るので、

    肌が乾燥したり、冷え性になったり、

    くよくよしたりするようになります。

    そんな人に胃腸の弱い人が多いです。

     

    生理期間が長引く人の中に、気がつかないうちに

    内出血によるアザができやすい人がいます。

    血管の壁が弱いのです。

    こういう人は胃腸の弱い人も多いです。

    生理期間をちょうど良くする漢方薬は、

    胃腸を丈夫にする漢方薬です。

    中医学の考えは面白いですね。

  • 肌や粘膜を潤す、にんじんジュース

    2020年7月26日 ,

    ジュースが飲みたくなったら、今出盛りの、

    甘くて美味しい にんじんのジュースを作ってみませんか?

    にんじんは元気を付け、肌や粘膜を潤し、目の疲れにも良いです。

    胃腸も丈夫にします。

    材料は にんじん、パイナップル と、水、ハチミツ少々だけです。

    パイナップルがなければ、りんごでもおいしいです♪

     

    作り方は簡単。 1人

    にんじん パイナップル(または、りんご) 各50グラム

    水50 CC 蜂蜜少々

    以上をスムージーの機械などに入れてかけるだけです。

    自然の糖分だけで充分満足して元気になりますよ。

  • かおりんの養生茶Labo2020その①

    薬剤師の飯沼です。

    1.2枚目の写真はウエマツ薬局の最寄り駅である新河岸駅で

    子育てをしていたツバメです。

    ヒナもすっかり大きくなり、最近巣にいないのを見ると巣立ったようです。

    しばらく通勤時の楽しみになっていたので、少し寂しいですが、

    また来年以降も同じ季節にツバメの元気な姿が見られたらなと思います。

     

    さて、昨年の養生茶Laboでは、季節にあわせてつくった養生茶を

    毎月、中医営養薬膳学講座の受講生の皆さんに試飲していただきました。

    現在の状況ではそういった企画がなかなかできないのが残念ですが、

    今年はこちらで季節ごとにそれぞれの養生茶の特徴や

    皆さんの感想などを紹介していこうと思います。

     

    ということで【かおりんの養生茶Labo2020その①】

    今回は長夏と夏のお茶です。

     

    5月の養生茶  決明苡仁陳皮茶(けつめいいにんちんぴちゃ)

    「ジメジメ追い出す長夏のお茶」というテーマで作った

    炮じはと麦と炮じハブ茶の香ばしい香りが特徴の養生茶です。

    「毎日飲みたい良い味でした。」という感想をいただいた通り、

    くせのない普段使いにおすすめの養生茶です。

     

    6月の養生茶  紫蘇生姜茶(しそしょうがちゃ)

    長夏のお茶第2弾として「ジメジメ散らす長夏のお茶」

    というテーマで冷房や雨で体が冷えたり、

    胃腸の調子が悪くなったりする時に活用したい養生茶をつくりました。

    紫蘇の良い香りが特徴で、この養生茶を作っている時も

    良い香りが室内に充満します。実はリピーターが一番多い養生茶です。

     

    7月の養生茶  竹甘酸棗仁茶(ちくかんさんそうにんちゃ)

    「心を鎮める夏のお茶」というテーマで、暑さで寝つきが悪くなりがちな季節に

    お勧めの養生茶です。

    「さっぱりとした甘さと後味がスッキリ」という感想をいただいた、

    他では味わえない養生茶の笹の香りと炒酸棗仁の香ばしさと

    甘草の自然な甘さの組み合わせをお楽しみください。

     

    ちなみに今年も月毎の養生茶を店頭に用意しています。

    店頭に出ていない養生茶も事前にご連絡いただければ

    ご用意することができます。

    家での時間が多いので、ぜひお茶の時間をつくって

    リラックスしてみてはいかがでしょうか。

  • 夏の胃腸不調対策3:胃腸虚弱

    不摂生な食生活を続けている人、慢性疾患のある人などは、

    慢性的に胃腸の働きが弱くなっていることも少なくありません。

    このタイプは普段から栄養を十分摂ることができないため、

    体内の「気」「血」が不足しがちになってしまいます。

     

    体力や免疫力も落ちやすく、全身の疲労感などの

    不調が起こりやすくなります。

    また、胃腸の働きを支える「陽気」も不足してしまうため、

    食欲不振や消化不良などに悩まされることも。

    胃腸が弱いまま放っておくと、夏バテしやすく、

    秋になっても回復しにくいので気をつけましょう。

    夏を元気に乗り切るためにも、胃腸の働きを整えましょう。

     

    *気になる症状

    食欲不振、慢性的な胃腸不調、全身の疲労感、

    息切れ、めまい、かぜをひきやすい

    *食養生

    胃腸の働きを良くして、体力を養う食材を:

    白米、もち米、いんげん豆、山芋、じゃがいも、

    キャベツ、大豆製品、りんご、豚肉 など

    ※あなたに合ったお薬をお出しします。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

     

    参考:漢方の知恵袋

  • 「薫風や 漢方めぐる 小宇宙」

    薫風や

    漢方めぐる

    小宇宙

    (お客様が俳句をつくって下さいました。)

     

    太陽の周りには

    木星・火星・土星・金星・水星などが廻っています。

    人間の体も同じです。

     

    五臓は木 火 土 金 水に例えられます。

    それぞれ対応するのは

    肝 心 脾 肺 腎

    そしてそれらはお互いに影響しあっています。

    脾は胃腸の働きをあらわします。

    胃腸の弱い人は風邪をひきやすいです。

    特に梅雨時は食欲が落ち、気持ち悪くなります。

    そうすると風邪もひきやすくなります。そして微熱が出て咳が出てきます。

    おやおや、コロナの初期症状と似ていますね。

     

    そうです。

    コロナを防ぐためには

    マスクや免疫力アップも大事ですが、胃腸に負担をかけないことも大事です。

    食べ過ぎたり、冷たいものを摂りすぎたりしないようにしましょう。

    (写真:散歩道で)

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null