その他の症状 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

その他の症状

  • 冷えのぼせ1

    2020年2月9日 , ,

    手足は冷たいのに、顔はほてって熱い。

    そんな「冷えのぼせ」の症状は更年期の不調と

    思われがちですが、実際は年齢を問わず現れる症状です。

      

     

    中医学では、冷えのぼせは主に

    身体の冷えから起こると考えます。

    その要因は、血行不良、ストレス、胃腸の虚弱など。

    こうした体内の不調が冷えと熱の混在を起こし、

    冷えのぼせにつながるのです。

     

    冷えのぼせ自体は病気ではありませんが、

    放っておくと不眠、イライラ、肩こり、めまい、

    頭痛といったさまざまな不調につながる心配もあります。

    日頃のケアで体質を健やかに整え、

    まずは“冷えない身体づくり”を目指しましょう。

    人の体を陰陽で捉えると、上半身は「陽」、

    下半身は「陰」にあたると中医学では考えます。

    体内に発生した「熱」にあたるので上半身に、

    「冷え」なので下半身に溜まりやすくなります。

    これを「上熱下寒(じょうねつげかん)といいます。

     

    そのため、熱と冷えが体内に混在すると、

    顔や頭部がほてり、手足の先や下半身が冷える

    「冷えのぼせ」の症状が起こるのです。

    体内の不調を整え、冷えのぼせを起こす要因を

    根本から改善していきましょう。

  • 「活血と止血 相反する作用の生薬」

    2020年2月3日 , ,

    活血(血行促進)と止血という相反する作用を持つ生薬

    田七人参(でんしちにんじん)。

    どこかで、聞いたことのある名前、という方も

    多いのではないでしょうか?

     

    不正出血、鼻血、内出血、打撲、ねんざなどの腫れにもすぐ効きます。

    出血性の病気で、患部に瘀血(血の滞り)があり、瘀血を取り除かない限り

    完全な止血が難しい時があります。

    そんなときに田七人参は止血、活血の両方の力を発揮します。

     

    癌の初期、手術前に飲んでおくと手術の出血を減らして

    輸血をしないで済むこともあります。

     

    また、脂肪の代謝を促進する働きがあって、ダイエットにも使えます。

    田七人参茶など、飲みやすいものもあります。

     

    こちらの記事もおもしろいですよ。

    こちら

     

    ※この商品はオンライン販売しておりません。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637  

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 新型肺炎に感染しても、症状が出る人と出ない人の違い

    新型肺炎に感染しても、発病する人と発病しない人の違いは

    免疫力の違いです。

     

    ・寝不足をしていないか

    ・疲れが溜まっていないか

    ・食べ過ぎ飲み過ぎをしていないか

    ・風邪をひいていないか

    ・慢性疾患がある

    ・温かい飲み物を充分とっているか

    これらで免疫力が変わってきます。

     

    漢方薬として役に立つものは、

     

    体の中から

    ニンニクエキスのキヨーレオピン

    肺を潤して丈夫にする麦味参顆粒

    体の外から

    ウィルスをやっつける板藍根のお茶

    温かい飲み物をたっぷりとって、肺を潤しましょう。

    ※この商品はオンライン販売しておりません。

    今すぐ、ご相談をお電話かメールでご予約下さい。

     

    漢方薬膳サロン ウエマツ薬局

    電話:049-245-6637

    FAX:049-245-0613

    メール:GZE03435@nifty.com

    営業時間:10時~18時  定休日:日曜、祭日

  • 新型コロナウイルス肺炎、中医学で対策

    感染の拡大が心配される、新型コロナウイルス。

    感染対策は予防が第一です。

    基本は手洗い、うがい、板藍根

    そして、マスク、衛益顆粒、麦味参顆粒

    感染源から離れ、人混みにはできるだけ行かない事です。

    たっぷりの睡眠、バランスのとれた食事、過労しないことも大事です。

     

    2003年にSARS(重症急性呼吸器症候群)が大流行した際、

    中医薬がSARSの克服に大いに役立ちました。

    特に子供、高齢者、呼吸器や抵抗力の弱い人にはおすすめです。

     

    新型肺炎のための予防処方、

    免疫力を高め、呼吸系感染によく使う漢方薬をご紹介します。

    ご来店お待ちしております。

  • 花粉症5 「虚」の花粉症

    2020年1月25日 ,

    *気になる症状

    疲れやすい、倦怠感、汗が多い、かぜを引きやすい

    「虚(きょ)」の花粉症は、長期間にわたることが多いので、

    体力の消耗にも注意が必要です。

    憂鬱な気分になったり仕事に集中できなかったり、

    という状態にもなりやすいので、肺や胃腸を強くして体力を補い、

    なるべく症状を抑えるように心がけましょう。

     

    *食養生

    胃腸を補い水分の巡りを良くする:大豆製品、インゲン豆、黒豆、

    肺を補う:白キクラゲや山芋

    体を補う:杜仲茶やクコ茶 など


    緑茶に、くこの実を浮かべた、クコ茶。

     

    黒豆の煮汁は喉を潤します。

    黒豆も乾燥タイプの人にぴったりで、

    老化、むくみ、疲れに毎日召し上がると良いです。

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null