その他の症状 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

その他の症状

  • 髪のトラブル対処・3 気血(きけつ)不足

    2020年5月1日 , ,

    中医学では、頭は体内の「陽気」(身体を温めるエネルギー)が

    集まる場所とされています。

    そのため、慢性的な病気や虚弱体質、出産などで体内の「気」「血」を消耗すると、

    頭に集まる陽気が足りなくなり、頭皮の働きも低下してしまうのです。

     

    また、血が不足することで髪にも栄養がうまく届かず、

    ハリのない髪になったり、白髪が多くでてきたりします。

    過渡なダイエットやストレスも、気血不足を招く原因になります。

    栄養をしっかりとって気血を充実させ、身体の元気を保つことを大切にしましょう。

    *気になる症状

    白髪、若白髪、脱毛、髪が細く弱い、乾燥してツヤがない、疲労感、

    息切れ、食欲不振、動悸、不眠、不安、物忘れ、舌の色が淡い

     

    *食養生

    足りない気・血を補い、弱った髪に栄養と潤いを。:

    なつめ、烏骨鶏、卵、干しぶどう、ほうれん草、にんじん、きくらげ

    * 漢方薬、健康商品など

    十全大補湯 婦宝当帰膠 ササヘルス など

  • 髪のトラブル対処・2 湿熱(しつねつ)

    2020年4月28日 , ,

    脂っこい食事や、お酒の飲みすぎ、暴飲暴食、

    運動不足といった生活習慣を続けていると、

    「痰湿(たんしつ)」(身体の余分な水分や汚れ)が溜まり、

    体内に熱を発生させます。

    こうした「湿熱(しつねつ)」の状態になると、頭皮も脂っぽくなり脱毛や薄毛

    原因になります。

    肥満、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病の症状が

    ある人も注意が必要です。

    まずは食生活を改善して体内の汚れを取り除き、

    身体の中をスッキリきれいに整えましょう。

     

    *気になる症状

    脱毛、頭皮が脂っぽく痒い顔色の紅潮、口臭が強い、

    口が渇く、便秘、軟便や下痢、舌の色が赤い、舌の苔が多い

     

    *食養生

    身体に溜まった余分な水分や汚れを取り除き、体内をきれいに。:

    わかめ、昆布、ひじき、きくらげ、さんざし、はと麦

    サンザシ:オンラインショップ

     

    *漢方薬、健康商品など

    竜胆瀉肝湯 瀉火利湿顆粒 二至丹 など

     

  • 髪のトラブル対処・1 ストレス

    2020年4月25日 , ,

    血を蓄え、全身に送る役割をしている「肝」は、

    髪の健康と深い関わりがある臓器です。

    肝が健康で血が体内をスムーズに流れていると、

    髪にも潤いや栄養がしっかりと行き渡ります。

     

    しかし、肝はストレスに弱いので、強いストレスを受けると、

    機能が低下し血流が悪くなってしまいます。

    そして、栄養が髪まで届かなくなってしまうのです。

     

    強いストレスは髪の元気を失う原因になってしまうこともあります。

    上手にストレスを発散して肝の機能を高めるよう心がけましょう。

     

    *気になる症状

    脱毛、白髪、ストレス過多、憂鬱、イライラ、脇の痛み、頭痛、

    生理痛、PMS(月経前症候群)、舌の色が暗い

    *食養生

    香りの良いお茶やハーブでストレスを発散し、気・血の流れスムーズに。:

    セロリ、イカ、トマト、ハッカ、ハマナスの花茶、菊花茶、ジャスミン茶

    * 漢方薬、健康商品など

    逍遥散 二至丹 など

     

     

  • 髪のトラブルは体の中から改善しよう。

    2020年4月24日 ,

    薄毛や抜け毛、パサつきで悩んでいませんか?

    見た目の印象に大きく関わる髪のトラブルは性別や年齢を問わず、多くの人が悩んでいます。

    こうしたトラブルを改善するためには、外からのケアだけでなく、

    身体の内側を整えることも大切です。

    中医学では、髪は「血(けつ)の余り」と考えられています。

    これは、血が十分にあって体内をスムーズに巡っていれば、

    髪を健康に保つことができるということです。

     

    髪のトラブルは頭皮や毛髪だけの問題ではなく、

    体内の健康状態と密接な関係があります。

    血の不足や血行不良が髪のトラブルにつながったり、

    加齢によって髪の元気も失われてしまいます。

    身体を整えることで根本的に髪のトラブルを改善することができます。

    髪も身体も心も、イキイキと健康な毎日を過ごしたいですね。

     

    ※大量の髪が急に抜けるような場合は、病気が原因となっている

    こともあります。早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

  • 痔の漢方薬

    2020年4月22日 ,

    痔の漢方薬には乙字湯 槐角丸、などいろいろあります。

    症状に合わせて漢方の専門家にご相談ください。

    慢性の症状にはかなり効果があります。

    手術は最後の手段です。

    外用の軟膏として有名なものに紫雲膏(しうんこう)があります。

    江戸時代の日本の名医 華岡青洲(1760-1835)が考案した処方です。

    紫根が主役です。

     

    紫根は川越市の郊外 霞が関で多く自生していました。

    紫の染料が取れ、その汁で湿布すると解熱効果があるとされています。

    歌舞伎など時代劇に出ているお殿様が病気の時にしている鉢巻を

    「病はちまき」といい、病気で臥せっている。と言うことを表しているそうです。

     

    今でいう「冷えピタ」ですね。

    紫雲膏を痔で腫れている患部にそっと練りこみます。

    お産のあとの脱肛で、飛び出して痛む肛門に毎回塗り込んで

    押し戻してあげると、脱肛による痛みを和らげます。

    植松光子

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日・日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null